« 過去に向かって投資する自民党 | トップページ | 新年にあたり... »

NHKの衛星契約をした

 先日なんの前触れもなくJ:COMの社員が、受信に関するお話があるのだとかで自宅を訪問。
 二ヶ月程前に謎の信号レベル低下を体感していたので、それを告げておこうかと対応に出ると、いやに優しいハイテンション(?)の若者が、身分証明所を見せてニコニコ。
 
 信号レベルの話をしたりしているうちに、NHKの契約についての話に。
 ひねくれ者故に意外に思われることが多いのですが、私はずっと昔からNHKの受信料を素直に払っています。 だってNHKだけはまだまともな番組作ってるもん。
 なんて格好いいこと書いていながら、実はこれはノーマル契約で、衛星契約ではありません。
 
 というのは、前のマンションでCATVを契約したときにはNHK BSの配信を止めてもらっていたからです。 これ故に何度か来たNHKの契約調査員(というんでしょうか、正式名称ではありません)と喧嘩をしながらも全て追い返すことができました。
 ところが今のマンションに引っ越し、さらにデジタル放送時代になったら、システム上この配信カットができなくなったようで、NHK BSも映るようになっていたのです。
 
 んで、どうやらここにきてNHKも受信料聴取に本腰を入れ始めたようで、CATV契約世帯に対して衛星契約を迫ると共に、これまで無償で見ていた分もまとめて払え、と脅す職員もいるのだとか。 
 
 ほうほう、とその(やさ)ハイテン若者の話を聞いていたのですが、これは単にNHKに代わってJ:COMが衛星契約受信料の徴収をしようとしているのではないかと気がつきました。
 と、こちらが指摘しても、若者はひるむことなく、かといって居丈高になることもなく、ニコニコ笑いながら澱み無くすらすらと「てにをは」も間違いなく奇麗な日本語で喋り続けます。
 
 不思議だ... 本来ならこういう話は「あざ〜す」と言ってブツリと切るのに。
 
 元々コソコソっとNHK BS見てるわけで、そのやましさもあり、結局J:COMの団体一括契約に入ることになりました。 月800円の価格アップ。 それでも団体一括故に200円程お得なんだとか。 いや、たかだか衛星2局増えただけでそれは高いでしょ、と思わないわけでもありません。
 
 さて、これにてこれまでずっとNHK BSを暫く見ていると突然左下に差し込まれて来た視聴申し込みの督促画面を消すことができます。 勘違いしていたのが、NHKの契約って世帯単位なんですね。 確か大昔は受信機ごとだったような記憶があって、今みたいに複数テレビは当たり前、加えてDVDRやらBDRやらを加えると恐ろしい金額になるやん、というのは杞憂に終わりました。
 ということでいきなり堂々と我が家全てのBS受信機五台をネット経由で解除。 わっはっは〜、爽快じゃ〜。
 
 で、この解除、最初はえらい簡単に受信契約内容と照合できるもんだな、と思っていたのですが、違いますね、はい。 要するにこれは契約の有無関係なく、「どこそこに住んでいる私はNHK BS放送を確かに視聴しています」という宣言に過ぎず、これをもって押し寄せるNHK職員に言い訳ができなくなる証拠と化すだけです。
 これについても、上記優ハイテン若者は「団体一括契約だ、と押し返して下さい」とニコニコアドバイス。
 
 う〜ん、なんだかNHKとCATV局の巧妙な結託作戦にあっさりひれ伏した感もありつつ、ここは珍しく警戒感も持たせずにまんまと話術に落とし込んだ若者の勝ちにしておこう。 いや、正しい日本語を喋れることは武器です。
 でもこれがいわゆる巧妙な詐欺に引っかかる仕組み? まぁ、そんな騙される金どこにもないけど。
 
 あ、例のNHK BSの契約督促メッセージ、HDレコーダーのタイムキープ機能を使えば若干タイムラグはでるものの、非表示で視聴することができます。 ご存知の方は多いでしょうが...

|

« 過去に向かって投資する自民党 | トップページ | 新年にあたり... »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 過去に向かって投資する自民党 | トップページ | 新年にあたり... »