« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

NHKの衛星契約をした

 先日なんの前触れもなくJ:COMの社員が、受信に関するお話があるのだとかで自宅を訪問。
 二ヶ月程前に謎の信号レベル低下を体感していたので、それを告げておこうかと対応に出ると、いやに優しいハイテンション(?)の若者が、身分証明所を見せてニコニコ。
 
 信号レベルの話をしたりしているうちに、NHKの契約についての話に。
 ひねくれ者故に意外に思われることが多いのですが、私はずっと昔からNHKの受信料を素直に払っています。 だってNHKだけはまだまともな番組作ってるもん。
 なんて格好いいこと書いていながら、実はこれはノーマル契約で、衛星契約ではありません。
 
 というのは、前のマンションでCATVを契約したときにはNHK BSの配信を止めてもらっていたからです。 これ故に何度か来たNHKの契約調査員(というんでしょうか、正式名称ではありません)と喧嘩をしながらも全て追い返すことができました。
 ところが今のマンションに引っ越し、さらにデジタル放送時代になったら、システム上この配信カットができなくなったようで、NHK BSも映るようになっていたのです。
 
 んで、どうやらここにきてNHKも受信料聴取に本腰を入れ始めたようで、CATV契約世帯に対して衛星契約を迫ると共に、これまで無償で見ていた分もまとめて払え、と脅す職員もいるのだとか。 
 
 ほうほう、とその(やさ)ハイテン若者の話を聞いていたのですが、これは単にNHKに代わってJ:COMが衛星契約受信料の徴収をしようとしているのではないかと気がつきました。
 と、こちらが指摘しても、若者はひるむことなく、かといって居丈高になることもなく、ニコニコ笑いながら澱み無くすらすらと「てにをは」も間違いなく奇麗な日本語で喋り続けます。
 
 不思議だ... 本来ならこういう話は「あざ〜す」と言ってブツリと切るのに。
 
 元々コソコソっとNHK BS見てるわけで、そのやましさもあり、結局J:COMの団体一括契約に入ることになりました。 月800円の価格アップ。 それでも団体一括故に200円程お得なんだとか。 いや、たかだか衛星2局増えただけでそれは高いでしょ、と思わないわけでもありません。
 
 さて、これにてこれまでずっとNHK BSを暫く見ていると突然左下に差し込まれて来た視聴申し込みの督促画面を消すことができます。 勘違いしていたのが、NHKの契約って世帯単位なんですね。 確か大昔は受信機ごとだったような記憶があって、今みたいに複数テレビは当たり前、加えてDVDRやらBDRやらを加えると恐ろしい金額になるやん、というのは杞憂に終わりました。
 ということでいきなり堂々と我が家全てのBS受信機五台をネット経由で解除。 わっはっは〜、爽快じゃ〜。
 
 で、この解除、最初はえらい簡単に受信契約内容と照合できるもんだな、と思っていたのですが、違いますね、はい。 要するにこれは契約の有無関係なく、「どこそこに住んでいる私はNHK BS放送を確かに視聴しています」という宣言に過ぎず、これをもって押し寄せるNHK職員に言い訳ができなくなる証拠と化すだけです。
 これについても、上記優ハイテン若者は「団体一括契約だ、と押し返して下さい」とニコニコアドバイス。
 
 う〜ん、なんだかNHKとCATV局の巧妙な結託作戦にあっさりひれ伏した感もありつつ、ここは珍しく警戒感も持たせずにまんまと話術に落とし込んだ若者の勝ちにしておこう。 いや、正しい日本語を喋れることは武器です。
 でもこれがいわゆる巧妙な詐欺に引っかかる仕組み? まぁ、そんな騙される金どこにもないけど。
 
 あ、例のNHK BSの契約督促メッセージ、HDレコーダーのタイムキープ機能を使えば若干タイムラグはでるものの、非表示で視聴することができます。 ご存知の方は多いでしょうが...

| | コメント (0)

過去に向かって投資する自民党

 自民圧勝のあの夜以来、毎夜録画してまで見ていたNHKの7時のニュースすら見なくなりました。
 とはいえ、いつまでもそういうわけにはいかない。
 
 今一番気になっているのが高校授業料無償化の見直し。
 現在高一の娘を持つ身としては気が気ではありません。 第一志望だった公立高校に落ち、それでも併願だった私立高校でそれなりに楽しそうに高校生活を送っているのは先に橋下知事(当時)が決め、そして民主党が後を追った現制度のおかげです。 それをいきなりはしごを外すってことでしょうか。
 そしてそれにあっさり尻尾を振る維新の党。 そういうのに何が何でも牙を剥いて歯向うのが橋下総統だったんじゃないの?
 
 理論上再生なんてできるわけがない田舎や、狐や狸の為の国道バイパスとそれに含まれる橋とトンネル。 這ってでも選挙に来る自民党支持のボケ老人は厚遇し、将来はあるが選挙には来ない、あるいは無党派層になる確率の高い若者は切り捨てですか。 どこに向かって金を捨てるのやら。
 
 無責任野党時代にとにかく民主党の政策憎しで噛み付いた政策だけに、挙げた拳をそのまま降ろせる訳はないでしょう。 ということは恐らく補助上限の引き下げや減額等は実行すると思います。
 無償化とはいっても、共働きの我が家の場合、完全無償ではなく、十数万円の自費負担が必要で、さらにあと50万円程世帯収入が増えると完全に補助は無くなって、40万円程の残りの授業料を丸々負担しなければなりません。 無理。 あと二年分、百万円はどうしろと? 学資ローン?
 仮にそうなったら、安倍下痢は低利の奨学金制度の拡充とか「子育て世代の為に」と恩着せがましく言い出すんだろうなぁ。 確かに金融機関は利益増加。 これが自民党の狙う景気回復策か。

 現在の足切り基準である世帯収入700万円って、一見ましに見えますが、健康保険、老人医療負担、そして住宅ローンと教育費を払うと、個人の可処分所得、つまり小遣いは20〜30才の平均よりも下回るという記事が先日出ていました。
 そういうのは代々政治家が続く裕福な家庭に生まれ育った人が多い自民党議員、特に財閥の息子と呼んでも間違いではない安倍下痢総裁はわからないんでしょうね。
 
 何よりかわいそうなのは今まさに志望校を選ばなくてはならない全国の中三学生達。
 この不景気、学費がはっきりしないと第一志望/併願を問わず私立高校を組み込んだ計画を立てることが非常に難しくなります。 大阪の場合、遅くとも来月中頃には私立の志望校を決定しなくてはならない筈です。 そんなことも考えず今それをやろうとする無神経さ。
 
 今年の高校受験時に、どうしても公立高校に通らなくては学費が払えない、と滑り止めの私立併願無しで2〜3ランク実力より下の公立高校を受験した娘の同級生がいました。 これって本人に取っては大きな損失だと思うんですけどね。 それがやがて国の損失になるとは自民党は考えないんでしょうか。
 それでも江戸の敵をどこまでも追いかけて討伐せねば気が済まないんでしょうね。
 
 共に先のない地方経済と老人に金を投げ捨てる方が文字通りばらまきだと思うんだけど。

| | コメント (2)

衆議院選挙2012

 日付が変わりましたねぇ... 駅前に住んでいる者として、とにかくあのうるさい選挙カーがもう来なくなったということだけが救いです。
 
 既に自民公明圧勝のマスコミ報が序盤に出され、その時点でアンチ自公の私の選挙熱は冷めてしまいました。 最悪で自民のみで300とか、少なく見積もっても自民公明で300とか? あ〜。
 
 数十年ぶりに棄権しようかとも思いましたが、最低でも白票投票をしろ、と親戚に言われ、仕方ないか投票に行くか、という心境です。
 
 ほんと、選択肢ないんですよね。
 我が選挙区に話を絞ると、前回落選した自民候補がNo.1予想。 これが前々回、突然東京から降下して来た落下傘候補。 地元とは縁もゆかりもない人。 いわゆる小泉チルドレン。
 落選していた間は薬剤師をしていたとか。 ええ仕事してるがな。 それを差し置くほど永田町通いは良い暮らしができるのか。
 
 で、朝日の記事によると、これに肉薄しているらしいのが維新の候補。
 維新なぁ、橋下だけなら消去法でいやいや投票せざるを得ないかも、と考えてましたが、あの東京のボケ老人と組んだ以上、そうはいかない。 何せ戦争大好き、憲法改正、それはともかくとしても、あの下痢グソ安倍と連立を組むとなると絶対応援はしたくない。 でもそうすると上記賞味期限の切れた小泉チルドレンの腐れ候補が当選してしまう。
 じゃ、現閣僚の民主候補? いえいえ、百歩譲って民主を認めたとしても、これも既に自公民路線を狙っているとか。 そして最後の砦の共産党は泡沫候補。

 比例はもうどこに投票しても自公を揺るがせることはできない、と。 ああ、かくして大政翼賛会2013の誕生は止められないのでしょうか。
 願わくばこの自公圧勝予測がマスコミの陰謀で、陣営の油断を誘う狙いだっとを夢想するしかありません。

| | コメント (0)

息子 came back

Backing_japan 帰ってきました。(彼がキャバクラバイトで稼いだ金で行ったスペイン語語学留学についてはこちら
 
 取りあえず関空ビルのレストランでカツ丼+うどんの定食を食わせた後、幸い雪も降らずに、しかしてひたすら寒い中をスタッドレスに履き替えたW202で帰宅。
 取りあえず一週間は「帰国おめでとうモード」ということで、その日のおやつはたこやき、夕食は寿司外食、火曜日はカレー、今日は私担当なので多分和食。 そして木曜日は焼肉外食、と贅沢モードになっています。 帰国した日の夜はかつて彼がキャバクラ以前にバイトしてた地元のバーに二人で飲みに。
  
 出国前にツールとして渡したMacBook AirとiPod touchは、多分どちらかは盗まれるか亡くすだろうと想像していたら、両方とも無事でした。
 ただし、MacBook AirのSSDは空き容量がほとんどない程パンパンに。 最も多量だったのはiPod touchで撮影した写真。 その中には当たり前だけど多数の外人。 そして何とロシア人のガールフレンドの姿も。 およ〜

 んで二日ほど彼を見ていて感じたことは、受け答えが素直になったことです。
 話を聞くと、次々と入れ替わる欧米やらアフリカやらアラビアのルームメイトとコミュニケーションを取ってきたそうで、そりゃかつてのような無愛想さでは乗り切れないですよね。 というか、よく変われたものです。
 懸念していた日本人グループとの馴れ合い引きこもりもなかったようで、おかげでさんざん私が言っても反抗的だった英語の必要性もやっとわかってくれたようです。
 
 月並みなオチですが、可愛い子どもには旅をさせよ、とはホント、良く言ったものです。 って、親として金出したのは上記MacBook AirとiPod touchだけだったんだけど。

| | コメント (0)

早々にスタッドレス

 息子が9ヶ月に渡る語学留学から帰ってきます。
 ということで今日関空に迎えに行く訳ですが、天気予報は雪。 この息子、出国したときも大雨でした。 世界を股にかける真の雨男なのかも。
 
 大阪の平地では積雪の予報は今のところ無いものの、お供えあれば幽霊無し、もとい、備えあれば憂い無し、W202のタイヤをP7からスタッドレスに交換しました。 毎年年末の押し迫った時にやる作業ですから、今年は半月程早いことになります。
 
 週二〜三回の水泳の御陰で筋肉がついたのか、交換作業後の筋肉痛や腰痛等は一切起きなくなりました。 そして最後はGSまで自走して空気圧調整をしたら本当の作業終了。
 
 さぁ、これで安心だ、とは言いつつ、空港連絡橋が雪や強風で閉鎖になったらJRに切り替えねば。 あ、でもそんなときは鉄道の方も通行止めか。 ほんに嵐を呼ぶ男やで>息子
 
 なお、KLMのサイトでは地図付ライブの運行情報を提供しています。 それによると息子の便は今モスクワ上空を飛行中。 便利な時代です。
 
 さて、うまく出会えたら取りあえずお好み焼きでも食わすか。 いや、カツ丼食いたいとかメールで書いてたっけ。

| | コメント (0)

法人成り決算の税金処理

 昨日、前事業年度の国、府、市の法人税を納めました。 ほんま市役所に行く日と納税をする日はアドレナリンが上昇します。
 数年連続で〆切に間に合わず、ついに青色申告特例を外されてしまいましたが、今のところ法人税の青色によるメリットは無く、あまり懲りてません。 いや、決してよろしくないんだけど。
 
 で、これまで毎回頭を悩ませて来たのが法人税の会計処理。
 うちの会社は相手が法人でないと契約できない、という理由で法人化した、いわゆる法人成りでして、個人経営時代から税理士に頼らず自分で決算処理をしております。 使っている経理ソフトも個人経営向け青色申告所得税のもので、従って法人税という勘定科目がありません。
 
 ネットで調べると、最終的には法人税/現金仕訳でケリを付けるようですが、そもそも法人税という科目が資産であるのか、言い換えると、貸借対照表で借方になぜ来るのかが理解できません。 というか、年度ごとにどんどん累積して行くべきものなのか、という疑問もわきます。
 
 また、ネット上の別の国税庁の資料では、法人税は損金扱いにはならないが損金処理はできるという訳の分からない記述もあり、これが数年間私を悩ませていました。
 
 ところが、別票四「所得の金額の計算に関する明細書」の存在で(今更)やっと理解できました。
 要するに、前事業年度の法人税を全て租税公課/現金という仕訳処理をしておき、申請の段階でこの別票四を用いてその金額を利益に繰り戻す、という方法を用いるんだ、ということがやっとわかったのです。
 
 これまで損金処理をせずに、しかしてそのままでは現金勘定が大きくなるので、仕方なく事業主貸し(つまりはずっと累積する)にしていた悩みから解放されるというものです。 この方法だと、経理処理上は租税公課という損益計算書の損金扱いにする事で年度ごとの消去が可能になり、かつ申告時にはその額を申告することで正しい利益を申告できる訳です。
 なるほど、これが「法人税は損金扱いにはならないが損金処理はできる」ということか。 う〜ん、素人に法人税は難しすぎる...

 なお、今年もPuzzleRingsさんのマクロを利用させて頂きました。 難しいとは言いながらも、このマクロでかなり法人税のことを学んだような気がします。
 今回のこの開眼も、このマクロによる自動年度更新の結果を眺めていてヒントを得ましたから。

| | コメント (0)

富士山周辺の地殻変動の可能性は?

 笹子トンネル、関西在住の私でも何度も通っていますので、関東の方にとってはまさに他人事ではない事故だと想像します。
 
 今のところ原因は吊り下げステーのボルト脱落、といういう線が主流になりつつあるようで、それは最終的な原因としては間違いないところでしょう。
 しかし、NHKのニュースで他の同構造を取るトンネルの点検風景を見て、あれ?っと感じました。
 それは関門トンネルのリニューアルに関しての記録で、あの吊り下げステーが折れていたり、曲がっている写真がありました。 あれ? こんな状態でも即天井板崩落には繋がらなかったんだ、と。
 
 ということは、この構造、ステーが一本落ちたくらいで今回の笹子のケースの様に連続崩落するようなものではないという仮説が立ちます。 まぁ、道路の幅、設計時の違いで重量その他、様々な違いはあるにせよ、です。
 
 つまり、笹子の大惨事は一斉に複数のステーが脱落したことがポイントで、何故そうなったか、を考えるとき、初日の夜7時のNHKニュースで「こういう意見もあります」という形で紹介された専門家のコメントが気になっています。 それは地殻変動説。
 
 地殻が変動し、その圧力差によりトンネルの構造体が耐えきれずに破砕した、というもので、なるほど、それならある程度の距離で一斉にバンッっとなっても不思議では無さそうな気もします。
 
 もちろんこの仮説の下敷きになるのは昨今、大手のメディアでも正式に取り上げられている富士山の火山活動活発化があります。 笹子も広義の富士山麓にありますから、つまりはここにきてマグマの活発化や移動が顕著になっているのかもしれない、という想像です。
 現在は笹子トンネルの隔壁構造が問題視されていますが、むしろあの構造のおかげで、不謹慎な言い方ながら、予告編的にまずここが壊れただけで、さらに構造体を歪ませる力が加わればトンネルそのものの崩壊にも繋がらないとも言えません。

 仮にもしそうでなるならば、富士山麓に広がる、道路だけではない鉄道も含むトンネルは要注意ということになります。
 とはいえ、少なくとも私が覚えている限り、炭坑や業務用通路等を除く、いわゆる一般人に供用されているトンネルの崩壊は聞いたことがありませんから、そうなるには相当な力の変動が必要であることは土木専門外の私にも想像はできます。
 だからこそ余計不気味な事故だった訳ですが。
 お亡くなりになられた方々の冥福をお祈りします。

| | コメント (0)

WACOMのタブレットをMacOS 10.5で使う

 ひょんなことでMacOS 10.5(Leopard)のPowerMac G5Q(Quad)でペンタブレットが必要になりました。
 
 実は一年以上前にも似たような必要に迫られ、そのときは学校のWACOM Bamboo(多分一つ前の460モデル)を借りて急場をしのぎました。 が、今回の必要性を見て、こりゃ買った方が良いかな、と思い、早速ネット検索。
 
 特にがしがしCGを描く訳でもなく、CADをする訳でもないので、最も廉価版、それも付属アプリケーション等が一切付属しないCTL-470/K0というモデルに注目。 価格は7千円台。
 しかし最大の問題は動作環境。
 
 WACOMのページでは
>>Macintosh :
>>Intelプロセッサを搭載したMacintosh、Mac OS X 10.5.8以降、

 となっています。
 あらら、事務所のPhotoShopインストールマシンであるPowerMac G5Qは10.5.8だけどIntelマシンではありません。
 
 ところが同じWACOMのダウンロードページから辿って行くと「タブレットドライバ Macintosh V5.2.6-5Jxmdf for Mac OS X」というのに辿り着きます。
 こちらには
>>○動作条件
>>Mac OS X v10.5/10.6/10.7/10.8
>>※Mac OS X v10.4には対応しておりません。
>>※当ドライバはPower PC G3搭載のコンピュータでの動作は保証していません

 とあるだけで、PowerPC or Intelの表記がありません。
 ならば、と最悪は学校のBambooと交換してもらおう、とヨドバシで購入。(さすがに近所のJoshinでは扱っていない)
 
 それを夜遅くになって事務所のPowerMac G5Q(Quad)に接続。
 ここで肩すかしのネタばらしをすると、このマシンには冒頭に書いたように学校のWACOM Bambooを接続したときのドライバーがそのまま存在しています。 まずは安全策としてそれを利用すると、あっさりと接続完了。 システム環境設定はもちろん、OS標準のink、PhotoShopのブラシもちゃんと設定できました。
 
 おめでとうございます〜〜。
 
 では情報としての普遍性がありません。
 このドライバのバージョンは5.2.5-3。 上記に掲げたダウンロード可能なバージョンは5.2.6-5。 これを試しておかないと情報としては不十分です。
 ということで、5.2.5-3をバックアップの上削除、5.2.6-5を新規にインストールしてみました。 その結果は...
 
Wacom1
 あっさり認識。 何なんでしょうね、「Intelプロセッサを搭載したMacintosh」という但し書き。
 WACOMのタブレットはハードの区別以外に付属アプリケーションの有無によってパッケージが数種類存在しますので、恐らくはそれらのアプリケーション類がfatBinary対応かどうかというあたりがこの表記の原因かとも想像できますが、取りあえずPowerPC G4/G5マシンであっても、OSが10.5であればWACOMのBambooが使える、というお話でした。(最終的には自己責任でお願いします)
Wacom2

| | コメント (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »