« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

橋下報道の焦げ臭さ

 ここ数年来の不参加を卒業生から責められていた学園祭も今年は土日とも参加。 訪れてくれた卒業生との会話はもちろん、現役の学生たちの意外な一面を見れたり、話せたりで、給料どころか交通費も支給されないけど、これはサボってはいけない行事だと改めて感じた週末でした。
 
 さて、最近お気楽な話題しか書いていなかったので、突然政治の話を書こうとして自分で違和感を感じる始末。 いかんいかん。
 
 橋下総統、完全に週刊朝日を打ちのめしましたね。 彼に対して私はずっと以前からその人格が気に入らず、支持はしておりません。 が、口喧嘩を好む派として、今回のやりとりはまさしく口喧嘩の勝利はかくありきという快挙ではありました。
 
 話題としては既に旬を過ぎておりますので、その報道の内容そのものではなく、なぜあの朝日新聞の子会社である週刊朝日があのような明らかな人権差別記事を掲載したのか、今でも納得がいきません。
 そこで、少しこの事件から視点を離してみると、朝日系に限らず、維新の会を結成してから、いつのまにか「人気に陰り」「支持率の低下」という表現がベースに存在するかのような表現への変化が気になっていました。
 
 大阪に住んでいる以上、大阪以外での彼及び会派の受け取られ様は想像するしか無いのですが、逆に大阪以外での評価は、厳密な見方をすると政党としての維新の会が発足してからが計測スタートの筈で、であれば人気の陰りや支持率低下というのを測ることは不可能だと思うんだけど、という素朴な疑問が残ります。
 
 んで、ここからは以前知り合いが貸してくれたメディアへの圧力に関する本の影響が無いとは言えないんだけど、やはり次回国政選挙での維新の会の影響を重く見た現行勢力が、あれやこれやの形でメディアに言論操作を押し付けているんじゃないか、と邪推できます。

 そのスタートを橋下の浮気・コスプレ報道だったと仮定。
 が、これは本人が素直に認めて平謝りに徹したせいかどうか、既存勢力が期待した程のダメージを与えることができなかった。 業を煮やして彼の出生を卑しく描くことにより清潔好き、いやさ人の底辺にある差別願望をくすぐるような記事を、ゴシップ週刊誌ではなく、インテリ左派層が好む週刊朝日に掲載をさせた、という落合信彦的推理も頭に浮かんできました。
 我ながら稚拙な想像かとも思いつつ、しかし、もし、もしそういう動きが裏にあるのであれば、謝罪しまくった週刊朝日関係者は、ジャーナリストとして実はほっとしている節もあるのではないか、と想像が広がります。
 
 とまぁ、一見総統を援護するようなことを書いていますが、あの東京の暴走国粋老人と組むんでしょうかね。 ジジイが虚弱晋三とネオコンを結成するのは勝手ですが、それに総統が加わるようであれば、例え消去法であっても国政選挙で維新の会に投票することは絶対にあり得ません。

| | コメント (0)

メガネストは高くつく

Clubmaster1
 「秋は買い物の季節ですよね〜、服やらバッグやら靴やら」
 と先日聞き流していたFMで女性パーソナリティが語っていて、そうそう、と思わず聞き耳を立ててしまいました。
 「そして気がつくとお財布がえらいことになるんですよね」
 とのオチを聞いて、まさしくうんうんうん、と頷いてしまいました。
 
 なぜならばこの二つの眼鏡。
 一つは夏前から気になっていたレイバンのクラブマスターというフレーム。 たまたまJR大阪駅上のルクアの店舗でサングラスをかけてみたらなかなかの枯れ具合とエロ具合。 そういえばアンプラグドのアルバムジャケットのクラプトンってこんなのかけてませんでしたっけ。
 
 という流れがあって、時は秋。 秋用の眼鏡として良いじゃないか、と思い出してルクアに行ったら、フレームがべっ甲(風)+金という現品は品切れ。 ネットで探したら適当にあるんだけど、これらは全てサングラスで、その内に眼鏡用という商品にamazonで出会いました。(商品番号RX5154 2372)
 サングラス用と眼鏡用がどうちがうのか、結局わかりませんでしたが、取りあえず眼鏡にするんなら眼鏡用が良かろう、とポチットな。 価格はサングラス用より何故か高い1.4万円程。
 
 これに自分用のレンズを入れなくてはなりません。 そう、私はコンタクトレンズがだめなので、気に入ったフレームやサングラス等に全て度を入れなくてはなりません。 折角買ったWayfarerもレンズは丸々捨てています。 眼鏡のレンズというのはデータの蓄積があると、「あの頃のあのレンズにあわせてくれ」とか言えるので、こちらは自宅近所のビジョンメガネのリアル店に。 もうここでかれこれ五つくらいレンズを入れているんじゃないかと、
 
 で、このクラブマスター用レンズが恐ろしい程遠くが見えるようになって中くらいが見えなくなったのと同じで、安くなったとはいえ、2.3万円程。 
 
 この中くらいが見えなくなった、てのは事務所の二台のMacで仕事する時に困るようになっていました。 丁度良い場所がレンズの下部になるので、どうしてもアゴを上げた状態になり、何となく疲れます。
 
 ということで、眼鏡屋の店員の勧めにまんまと乗っていわゆる「中近」という眼鏡も作るはめに。 一挙に二つも??と思われるかもしれませんが、こちらはこれをつけて外出することはまず無いので、店にある一番安いフレームと組みあわせた結果、なんと近視乱視老眼込み中近レンズ付でたったの1.2万円。
 おかしいやろ〜。 レンズだけで2.3万円が、なんで安物とはいえフレームも買えば半額やねん!!
 
 という疑問を素直にぶつけたら、そういう風にお客を誘導するシステムになっているのだとか。 フレームって売ればよっぽど儲かるんでしょうねぇ... 
 恐らくネットで探せばレンズだけでも安い専業店もあるんでしょうが、細かい調整ができるのはリアル店舗のメリットである訳で、まぁ仕方ないか、と納得するようにしました。
 
 さて仕上がりの方はというと、クラブマスターは少しつるの締め付けが強い気がしますが、度の方は問題無し。
 中近の方は今ひとつで、日常生活では危険な程前が見えなくて、ではパソコン画面は、というと、自宅のノートは視界の下部にあるので、今使用中の遠近で奇麗に見える範囲内。 では、と事務所に持って行くと、確かに画面を高くするとちょうど良いくらいです。 が、何となく違和感があるんですよねぇ...
 
 ふと傍らに放置してある、もう十年くらい前に作って、今ではレンズが微妙に白濁化している眼鏡をつけてみると、これが仕事には丁度良いんですよねぇ... この度にすれば良かった... ああ、納得の眼鏡に出会うのは難しい。
 
 今回のこの二本の眼鏡で五万円の出費。 メガネストの出費は切りがないのでありました。
Clubmaster2

| | コメント (0)

アブトロニックX2やめました

 当サイト右縦帯の「検索フレーズランキング」「人気記事ランキング」を見てもおわかりのように、未だに二年前に書いたアブトロニックX2の記事がよく参照されています。
 
 んで責任感で書き記しておきますが、私は実はすでにアブトロニックX2の使用は止めています。 あくまで私の使用例ながら、神経への悪影響が見られたことが最大の理由です。
 
 取りあえず二年前の写真付の記事で示したように、この商品は少なくとも体重減よりも見た目のシェイプアップには効果があったような気がします。 ただし、今年になって意識して連日試してみたところ、太もも付け根の内側や足首辺りに神経痛的な違和感を感じることが確認できました。
 これは以前から感じていたことでしたが、あまり気にしていなかったのと、あまり真面目に毎日施していなかったからかもしれません。 ただ、もしかして?と仮説を立てて連日使用してみた結果、やっぱり、という結論に達しました。
 
 これについては(この商品に限らず)既にネットにいろいろと書かれていた通りで、考えてみれば、神経痛治療に電気治療を施すことがあるということは、その逆も起こり得ても不思議ではありません。
 ある日を境にぴたりと使用を止めたら、それっきり脚の違和感は姿を消したので、少なくとも五十歳を超えた男性にはあまり良いシステムではないと使用を止めた次第です。
 
 でこれに替わる見た目のシェイプ改造、風呂で半身浴的に浸かっている時間を利用して、気になるところを一心不乱に揉み続ければ同様の効果があることを発見。 おまけに体もメチャクチャ温かくなって、だったらこれでいいじゃないの、というわけです。
 筋肉をつければ皮下脂肪が減る、という理屈は、多分加齢の代謝低下とともに伴わなくなってくるんじゃないかと感じる今日この頃、一旦ついた根雪のような皮下脂肪は体脂肪15%前後であっても、超肥満のセルライト対策のようなモミモミを実行しなければならないのかも、と新たな仮説に挑戦する今日この頃です。
 
 尚、蛇足ながら、ネットで販売されているアブトロニックX2用ジェルパッド。 買うなら純正品を買って下さい。 値段に目がくらんで互換品を買ったらえらい粗悪品で後悔しました。


※一年後、上記、半身浴中に脂肪をモミモミするアセチノスマートというグッズをネットで手に入れました。 これは結構安全で良いのでは?という人体実験的レポートはこちら。(2013/10/22追記)

| | コメント (0)

ガーメントスチーマーの評価激変

Steamer 大概の家事を厭わない私ですが、なぜかアイロンだけは昔から苦手です。 手先は器用な筈なんだけど、なんでだろう。
 なのにIVYルッカーの基本として、ボタンダウンシャツは(最近は大量に溜まったユニクロの企業コラボTシャツのおかげで夏場はほとんど着ませんが)コットン100%のオックスフォードなのでアイロン必須。
 
 ところがこの数年、同居人がアイロンがけを放棄、仕方ないので私が週に1〜2回まとめてアイロンがけをするようになりました。
 
 そんな中、二年前に深夜の通販番組でiSteamというスチーマーを知り、ずっと興味を持っていたのですが、1.5万円という価格が微妙に高い気がして、結局購入には至りませんでした。 これがネットで価格落ちしていれば間違いなく酔ってポチッとしていたはずなんですが、今見ても値崩れしていません。 強気やな〜
 知り合いにこの話をすると、実際にアイロンがけをしている女性程性能に否定的な意見が返ってきます。 悩む。
 
 ところが、今年の夏前に別件でヨドバシをうろうろしてたら、「ついに一万円を切りました!」という手書きのコピーで、CONAIR(映画のタイトルにあらず)ガーメントスチーマーという類似品が展示してあるのを発見。
 リンク先では1万円超えてますが、ヨドバシではその時9千円程で、夏用baby-Gを買ったときのポイントやらで実売6K位で入手。 まぁこの価格なら仮に失敗しても後悔しないな、と。
 
 結論としては、う〜ん、今ひとつ、っていうのが夏まで使ってみた印象。 同居人は早速娘の制服のシワ延ばしにも使ってますが、相変わらず私のシャツはノータッチ。 お願い、死んで〜。
 てなわけで、痛い買い物としてここに上げるつもりでしたが、最近初めて厚手のオックスフォード生地のボタンダウンに使ってみて印象激変。
 
 夏の間、薄い生地であんまりシャキッと仕上がらないのにがっかりしていたので、これで厚手になったら絶対無理!、との想像を裏切り、むしろ厚手の生地の方が奇麗に、しかもふっくらと仕上がることを発見。
 アイロン台でウンウン力を入れてかけるよりも、生地がふくよかに仕上がります。 推察するに、薄手ではすぐに蒸気が裏に抜けてしまうのに対し、厚手だと繊維に程よく蒸気がとどまり、上記iSteamのCMで使われていた原理図みたいに繊維がよりふわりと広がるのだと思います。 
 
 その証拠に、説明書には麻100%には使用しないように、という注意書きがあります。 最初これを見てがっかりしたのですが、試しにユニクロの麻100%のシャツにかけてみたら、特に問題は起きず、でもそれほどシワが伸びなかったことを思い出しました。 つまり麻では蒸気が素通りしてしまうのです。(ただし、長時間スチームをあてていると少し生地が黒ずみましたから、やはり麻は要注意です)
 とにかく、厚手のコットン100%オックスフォードボタンダウンのアイロンに難渋していた身としては、この再発見は嬉しい誤算としか言いようがありません。 評価急上昇。
 
 あと、快適に使うコツとして、ミトン状の厚手ナベ掴みが必須。 生地を摘んでひっぱらないとアイロン効果が上がりませんが、飛翼部分や袖口等はついつい摘んでいる手の辺りまでノズルを近づけて火傷を負ってしまうことが何回かありました。
 蒸気は熱湯や熱された金属よりも危険で、あっと思って手を引いた時には既に火傷になっています。 ということで台所からナベ掴み御用達。 これなら手の平に袖口を乗せてしっかりシワ延ばしができます。
 
 あとは手入れでしょうか。 ネット上のiSteamの使用レポートで水抜きはこまめに、かつ完全に、というのがありました。 タンクの水を抜くだけではなく、その先の本体側に溜まった水も抜かないと不調の原因になるのだとか。
 と言っても、いちいち本体を洗面所まで抱えて行くのは面倒。 なので、amazonで中くらいのプラスチック注射器を購入し、それで毎回本体側の水を吸って捨てています。 この買い物の御陰で、amazonのお薦め商品に暫くの間エネマ関係が提示されたのは閉口しましたが。
 
 余談ながら、この注射器による吸い出し、本体に紐でひっかけてあるのに同居人は絶対にやりません。 こういうB型が文化的家電生活を摩滅させるんだろうなぁ、と毎回のごとく殺意を感じています(世の聡明なB型の方ごめんなさい)。

| | コメント (0)

ナノブロックに癒された

Nanoblock

 先日、スペインにいる兄に贈るバースデイカードを買いに娘が梅田まで行き、帰って来たら嬉しそうに写真の二つのパッケージを衝動買いした、と見せてくれました。
 
 それはカワダが出しているナノブロックという玩具で、私も初めて知りました。
 
 娘が何で嬉しそうにしているかというと、そのパッケージ内容。
 セキセイインコなんだけど、偶然にも左の青っぽいのが既に他界した我が家のチュン太郎とほぼ同じ配色。 右が今生きているチュン次郎と同じ。
 
 チュン太郎は息子が飼育係で、カゴの中死の第一発見者。 多くは今でも語っていませんが、夕日が差し込むリビングで一人大泣きしたそうです。 もちろん夜になって帰って来た私も風呂の中でぼろぼろ泣きましたっけ。
 ということでこちらは急遽バースデイカードと共にスペインに送ることに。
 そしてチュン次郎は娘が飼育係で、こちらは娘がそそくさと組み立ててベッドの上に飾りました。
 
 娘は私に似て手先が器用なので、あっという間に組み上げましたが、息子はさてちゃんと組み上げられるんでしょうかね。 あ、EMSの封筒パック貰いに行かねば。

| | コメント (0)

チョコカールとなっ!?

 昨夜、事務所の近所で火事があり、騒々しいので仕事を切り上げて日付が変わった頃にバーに飲みに行き、そのまま二件目で四時まで飲んでいたら、夕方まで酒が残って頭がぼけました。 う〜む。 中野D児とかシネマジックのネタで盛り上がったのが悪かったのか。
 酒抜きにプールに行って水中歩行しているうちに、さすがにすっきりしてきましたが、クロールしたらふらつきました。
 
Curl
 さて先日、夕食材探し中に見つけたのがこれ、なんとチョコカール。
 カールと言えばうす味、というのは私の好みとして、基本塩味系でしょ? と甘いカールにちょっとエグい第一印象を持ってしまいました。 
 いや〜、いつ売り出されたんだろう。 でもなぁ、やっぱ買っておかないと後悔しそう、と隣にあった抹茶チョコ味と一緒にカートにポン。
 
 娘が帰るのを待って試食。 ところがこれが案外美味しい。
 通常のカールのように素材に味が混ぜ込んである or 振りかけてあるのではなく、素のカールが完全チョコ漬けになっています。
 でまぁ、さすがにチョコレート工場主でもあるmeiji。 かかっているチョコそのものが美味しい。 のどこしがさわさわ〜っとしているという印象は娘と共通でした。
 夏の間溶け防止対策でよく買っていたガルボに比べても食感は柔らかく、これはこれでまさしくカールです。 袋が小さくて内容量も少ないのですが、これはまぁカロリー低減にプラスということにしましょう。
 
 むしろ最大の難点は、特にチョコがけのほうがペットのウ○チに似ているということかも... あああ、書いてしまったぁ〜

| | コメント (0)

陸上自衛隊八尾駐屯地に行って来た

 土曜日は朝から、友人の誘いで八尾空港敷地内にある陸上自衛隊の駐屯地に行ってきました。
 いわゆる地域との交流のための基地イベントで、「エアーフェスタ2012 in YAO」という名の下、中部方面航空隊50周年記念・八尾駐屯地創立58周年行事が行われたのを見に行ったのです。
Yaoh2Yaoh3

 八尾飛行場敷地内、ということですから陸自とはいえ空、ヘリコプターがメインの駐屯地で、型通りの式典後は数十機の編隊から始まって、日頃の訓練の成果披露ということで、コブラも含めたヘリのアクロバット飛行や、ホバリングからの降下救助訓練等が展開されました。
 
 私は隣接する八尾空港に駐機する個人パイロット所有の小型機展示協力にぶら下がる形で連れて行ってもらいました。 その関係で途中会場を一端を離れなくてはなりませんでしたが、いやいや、普段簡単に目にすることができる風景ではありませんから、一言、ド迫力です。
 特に恐らく観客が一番湧いたであろう滑走路上でのアクロバット飛行は、90°横転や仰向けからのリカバリなど、その地表からの距離を考えるとそりゃ凄いだろう、という技でした。 これはコブラだけではなく、比較的普通的なOH-6Dという機体でも同様なことやってましたから、パイロットの腕一つってことなんでしょう。
 
 ここに限らず、恐らくこういうイベントに参加される方は全てニコニコと楽しみにこられており、普段マスコミと通して触れる自衛隊へのイメージとは大きなずれを感じます。 しかし今年は東アジア、特に中国の動きを脳裏から消しきれずに見学していた人も多いのではないでしょうか。 そういう点では月並みですが、彼らのこういう訓練が無駄に終わることを願うばかりです。
 
 結構飛行機好きな割に八尾空港には縁がなく、自衛隊以前にこれが初訪問でした。 結構周りはごちゃっとした中に、そこは飛行場、イベントの爆音が収まると結構静かで落ち着いた空間でした。
 固定翼のネタもあるのですが、それはあっちのblogの方で...
Yaoh4
Yaoh5
こういうの見るとワーグナー流してくれー、というのは我々世代の悪いところ。
Yaoh6
事故ではありません...
Yaoh1
お〜め〜で〜と〜ございます〜

| | コメント (3)

VU RadioでfallingStarsが聞けなくなった

Vu_radio 多くの人には意味不明の題名でしょう。
 これは「iOS上でのインターネットラジオアプリであるVU Radioで、ある日突然www.fallingstars.co.krの音楽放送が聞けなくなった、という話です。
 
 VU Radioは数百円程の有料アプリで、落ち着いた画面デザインが気に入っています。(今、画面キャプチャーを編集していて気付いたのですが、作者は日本人なんですね) Universal Dockに刺さったiPod touch上で淡々とVUメーターを動かしながらJazzを流し続けている風景が非常に魅力的です。
 
 一方のfallingStarsというのは韓国のサービスで、Popを流すch.1と、Jazzを流すch.2の二本立てで、もう十年近く愛用している、しかして何を持って生計を立てているのか良くわからないサイトです。(サイトがハングル語メインってのもあるけど)
 ここの選曲が北米のJazz局よりも日本人のセンスにあっているというか、時差の関係もあって、夕方には夕方の、深夜には深夜のラインナップに切り替わるのも非常に馴染みがよろしい。
 
 ところが新しいtouchを買って、家と事務所でtouchをBGMマシンとして使う環境が折角整ったのに、すぐに「Station not available」(ラジオ局が使用できません)と表示されて聞けなくなりました。 何で生計を立てているかわからないこのfallingstarsというサービス、数日ダウンしたり、URL不明になったりしたことがあるのですが、今回はMacのiTunesからは引き続き聞けています。 あれ? 局は生きてる。
 
Vu_radio2 VU Radioの選曲は基本的にSHOUTcastという一種のインターネットラジオ専門のDNSというか、おまとめサイトのデータから検索してブックマークして使う、というシステムを取っています。 だからこのSHOUTcastから落ちたり、正しくピックアップされていなければ「Station not available」に陥る訳です。
 困ったなぁ、とあれこれ触っていたら、ブックマーク>編集で「+」ボタンを押すと、手動でurlを打ち込めることを見つけました。 これなら何とかなるかも、です。
 
 ということでまずMacでwww.fallingstars.co.krからいろいろな方法で(OSや同じMacでも自宅のマシンと事務所のマシンでなぜか挙動が違うので詳細省略)とにかくJazzのch.1が http://222.122.178.181:1800/ であることが判明。 Popは http://222.122.178.181:6290/ 。
 これをVU RadioのStation URLのところに入力し、Station Nameを適当にわかりやすいものにしてやると、見事fallingStars復活。
 
 事務所でJazzを聞きながらFSXするも良し、(たまに)仕事するも良し、自宅でこうやって酒嘗めながらblogの文書書くのも良し。
Vu_rario3

| | コメント (1)

Universal Dockで少しどたばた

 最近仕事やFSXで以前に比べると事務所に行くことが増え、当たり前のようにBGMをかけています。
 FMもAMも時間を選ばないととんでもない番組が多く、かといって自分のお気に入りの音楽が入っているiPodを毎日持ってくるのも面倒。
 そんな時の為のインターネットラジオ経由でのお気に入り、www.fallingstars.co.krですが、これを聞くだけの為にPowerMac G5Qをスリープから起こしてファンをぶんぶん言わせるのもちょっと勿体ないし、何よりうるさい。
 
 そこで先のiPod touch4購入により、それまで使っていたtouch3(2?)をBGM専用マシンとして、そう、以前バーで使っていたシステムを事務所に組もうと思いつきました。
 
 このとき使っていた純正Universal Dock(以下UD)は自宅専用になっていますので、別のが必要となります。 別に純正でなくても良かろう、と近所のJoshin店頭で探したら、いわゆるクレードル関係が売り切れ状態。 それどころかiPod touch第四世代も「生産中止」の札のみが商品棚に残されて、新型類は全て予約受付の札のみ。 んんん? 何が起こってるの?
 私としては今後不要となるDockコネクタ関連商品はだぶついているだろうと考えていたんですが、逆に無くなる前に揃えておこう、という需要があるんでしょうか。 或は不良在庫を抱えたくないと、あらかじめアクセサリーメーカーも販売店も流通を押さえていたのかもしれません。
 
 ヨドバシに行くのもなんだし、次はamazonか、と探したら、確かに980円とかのもあるけど、結構接触不良、同期不良などのレビューもあります。 致命的だったのはUDと同様のライン出力があるのかが明記されているのを見つけることができなかったこと。
 仕方無い、UDもう一個買うか、とオンラインストアに寄ったら5,800円! え? いつのまにそんなに偉くなったの? 確か以前は三千円程じゃなかったっけ? とりあえず「欲しいものリスト」に入れただけで決済せずに数日経過。
 
 後日再度アクセスしたら表のiPodアクセサリーのページからUDが消えていました。 おりょ?こっちも在庫調整?? これには少々慌てました。 ところが「欲しいものリスト」では在庫ありの表示。 良くわかりません。

 こういう時に熱くなってもろくなことが無いので、深呼吸して再度amazon再訪。
 すると四千円弱でUD発見。 あ、これよこれ、これが以前の安かったUDだ、と即ポチットな。 ところが品番を調べたらアップルのサイトで販売しているのと同じ最新版。
 
 一体何が来るのか、そもそも本当にamazonの業者は在庫を持っているのか、さすがに心配になっていると、無事届いたモノは確かに最新版でした。
 そこで見つけたのがプラグ格納式のACアダプター。 これが加わったので価格が上昇したようです。 でも私みたいに既に超小型ACアダプター持ってる人も多いんじゃないでしょうか。 付属のリモコンもMacに付属しているのと同じデザインの少し高そうなものに変わっていましたが、こちらはiMac 27と混信することがわかり、使用停止。(家電の電灯用リモコンみたいに周波数切り替え式にしてくれ〜)
 
 てなことで、結局この台だけが欲しかったんだけど、いささかどたばたした小物買いでした。 まぁ、正札より二千円近く安かったから良かったけど、これ、多分業者のミスじゃないかと。
 ちなみに、現在はアップルストアでUDは再びラインに上がっています。 何だったんだろう... わたし気になります。
Dock_2

| | コメント (0)

iPod touch 第四世代を買う

Ipod4 今どきこんなタイトルをつけると「おっ、どうやって新iPod touch手に入れたんですか!」と早とちりされそうですね。 紛らわしくて申し訳ない、第四世代、iPod touch4です。
 
 今回の一連のiOS系新製品を見ていて、コンパクトなものが好きな者としては、それぞれ大きくなったiPhone、iPod touch、nanoには興味が持てなかったことの他に、コネクターが変わるってのは案外大変なことだなぁ、という感想を持ちました。
 iPhoneを未だに持っていない私でさえ、自宅にオーディオ接続用Universal dockが一個、Mac接続用のケーブルが一本、事務所にも学校にもいわゆる30ピンのDockコネクターケーブルが常備されており、あ、そうだ車の中にも12V用があったっけ。
 共にiPhone4S持ちの娘と同居人は別々にYAMAHAのコネクタ付ホームオーディオを持っていますから、仮にこのコミュニティに新しいLightningコネクタが加わったら大変でしょう。 まぁ、関連グッズを作っているメーカーは特需に期待しているかもしれませんが。
 
 で、アップルは今度はどんなUniversal dockを出すんだろう、と思って直営ショップサイトを見てもLightning - 30pinのアダプタがあるくらいで、アップルらしい提案が現時点でも出ていません。
 つまらんな〜、と思いつつ、これなら30pin最後のtouchでも、と調べてみたら、母艦のMacOSが10.6以降、と嫌な予感的中。 Windowsならxpでも対応しているのに。 ほんまくそったれ>アップル
 
 今持っているtouchの不満なところと言えば、広告がざくざく入り出したYahoo!を始めとするスマホ用ニュースサイトが重いこと。 あと、そろそろiOS4では動かないアプリが出て来たことも気になり出しています。 何とここでもくそったれアップルのストアアプリが早々にiOS4非対応。
 そんなのは良いとしても、希望の空港の発着便がわかる海外のアプリ"FlightBoard"が動かないのが辛い。
 
 そんなこんなをサイトで追っていたら、とあるページで私が持っているtouchは第三世代ではなく第二世代であることが発覚。
 発売時期は確かに第三世代だったんだけど、8GBモデルだけは第二世代のままだったんだそうな。 あらら。 ブラウザは遅いし、30pinコネクタの資産を考えるともうすぐ無くなる第四世代を買っておかないとまずいかな、という思いが高まってきました。 メールチェックなんて今ではMacじゃなくてtouchがメインだしな〜。
 
 でも私のiPod母艦Macは(PowerPC故に)10.5だし...、とそれでも未練がましくストアサイトの「整備済商品」を覗いてみました。 思えば今のtouchも第四世代が出た時にここから買ったんだっけ。
 すると、不思議なことにここに出ている第四世代はMacOS 10.5対応となっています。 あれ?
 想像するに、現在まだ表で販売しているのはiOS6がプリインストールされているので、同時に必須MacOSも10.6に引き上げられているのかもしれません。 既に今やお笑いネタになっているマップは別としても、touchにiOS6は大したメリットも無さそうなのでiOS5で十分。
 価格は、と見ると32GBモデルで比較して三千円程安いのも背中ドンの材料でした。
 
 ということでお買い上げ。
 発送ルートをトレースしていると、中国シンセン発でしたから、事実上の新品在庫処分でしょう。 同じモデルを息子が留学に旅立つ前に買った時の箱と比べるとかなり素朴な箱で、クイックスタートガイドもついていませんが、肝心の中身はピカピカ。(息子が帰って来たらややこしいので私は白モデルを選択)
 
 さて、実物を触った感想です。 ブラウザの速さについてはかなり改善され、今までテキストがダウンロードされたら広告読み込みを中止をしていたのが、特にそんなことをしなくても良くなりました。 意外な掘り出しものはディスプレイが480×320から960×640になっていたことで、これにより、webページの文字やMap表示がより鮮明になったことです。 ま、Retina程じゃないけど...
 
 気になったのは、裏面パネルの形状が変わったせいでON/OFFボタンや音量ボタンの操作感、Universal dockに差し込んだ時の感触もコストダウンのせいか、明らかに低下していると感じました。
 今更iOS5のことを語っても仕方ないでしょうけど、音楽を再生しながら他のアプリを開けたり、画面表示方向を固定できる等は、あぁ確かにちょっと嬉しいかも。

| | コメント (7)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »