« amazonアカウントの怪 | トップページ | 今こそ中国には強気で行け »

まさしく捨て石

 解散総選挙党の総裁が次期総裁選の立候補を断念しましたね。 いや〜、アンチ自民の私としては笑いが止まらない。 そして政治ってえげつない世界だと改めて感じました。
 
 思い起こせば三年前、民主にボロ負けした自民の総裁に誰もなり手が無く、自ら「捨て石」と自嘲して総裁になったダニガキ、もとい谷垣。 長い間、総裁イコール総理大臣の図式の中、野党となったとたん、あれだけみんなで奪い合った総裁の椅子は本当に誰もなり手が無かったのを記憶しています。
 故に三年間、誰も総裁の座から引きずり降ろす動きが無かったとはいえ、民主が綻びを見せ、もしかしたら与党総裁、つまり総理大臣になれるんじゃないの?の可能性が見えた瞬間に、対立派はもちろんとしても、同じ執行部からも刺客立候補。 ほんまあの一家、気象予報士の能天気も含めて呪われてますね。
 
 いやぁ、悔しいだろうなぁ、谷垣。 恐らく記憶の中で、同じく下野した時の河野洋平が浮かんだろうけど、まさか自分が同じ運命をたどろうとは信じたくなかっただろうなぁ。
 「近いうち密室談合」があったかどうはわかりませんが、どちらにしても野田に裏切られた感があったが故に、その合意を否定する不信任案可決にあえて翻意したんだろうけど、それにより後ろから矢が飛んで来てぶっすりだもんなぁ。
 
 いくら人気が復活したとはいえ、どうせ自民単独与党は無理なんだろうから、せめて下野の間の感謝を込めて、総裁のままにしてやれよ。 その後、引きずり降ろすにしても。 一方の裏切り野田が、二度と総理大臣の椅子には座れないにせよ、それでも民主の総裁ではあり続けるようで、いやぁ、悔しいだろうなぁ。(わはははは、笑いが止まらない)
 
 まぁしかし、突然表に出て来て谷垣に引導を渡したゾンビ古賀。 消費性10%でまた年間数十億の金を得意の道路予算に振り向ける見通しがついての覚醒なんでしょうが、それは谷垣が血迷って民主と合意した故のご利益だったのに、取るもの取ったら三行半。 若手を支援、という以前に自分が自民伝統の老害院政そのものを執行してしまったことにお気づきではないようです。 まぁ、ボケとるから仕方ないか。
 
 話戻って自民の総裁選立候補の面々。 民放のRDS世論調査では石破が一位、石原が二位だそうです。
 石原が通れば古賀を始めとする派閥政治復古となるようですから、ここは石破ザウルスに、とお願いしたいんだけど、やっぱり目が怖い。 ペギラ。 記者会見の背景に描いてある可愛い似顔絵が全然似てない。
 あとはザコばっかり。 
 
 一番の懸念材料は虚弱体質根性無しの安倍心臓病。 これが自民総裁になって橋下軍曹と組むのが最悪のケース。 日本維新の大躍進はもう確実ですから、これとここまで日本を腐敗に導いた自民との大連合は絶対に見たくない。 安倍が維新とつるむのはお互いの利益の為に仕方が無いとしても、それは安倍が自民を離党して維新との合流で勝手にやるべきです。
 
 でないと、維新と自民が組む、金魚の糞党は引き続きへこへこそこにぶら下がる。 加えて「え〜、三党合意、忘れてないよね? 僕たち友達だよね?」と民主がすりよる。 そしてここに平成大政翼賛会が完成する、という悪夢が実現してしまうことになります。
 
 革新ってどこ行ったの?? 日本。

|

« amazonアカウントの怪 | トップページ | 今こそ中国には強気で行け »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« amazonアカウントの怪 | トップページ | 今こそ中国には強気で行け »