« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

いしいひさいち40周年

Ishii 領土問題や蛆虫達の反日デモとかいろいろ書きたいのですが、(暇なくせに)時間がありません。
 
 そんな中、割って入ったのが写真の「総特集いしいひさいち」河出書房刊文芸別冊という本
 
 再録本と新刊の区別が店頭ではわかりにくく、以前ここでそれを嘆いたことがある彼の本ですが、先日ふと別件で訪れたamazonの「おすすめ」であっさり発見。 普段は何と言うか、他人の弱みに付け込むようなこの「おすすめ商品」を疎ましく感じていたのが、なるほど、こういうメリットがあったか、と再認識した次第です。
 
 内容的には文句ありません。 相変わらず本人の写真は無いものの、仕事場が写真で公開されていて、彼も少しずつ変わって来たのかな、とファンとしては嬉しい変化を感じました。
 
 彼の作品との出会いはかなり以前にここで書いておりまして、どれだけ思わず吹き出すか、止まらぬ笑いが出るか、が根源であったと私は勝手に捉えています。
 それに照らし合わせても、この本は随所で不意の笑いが繰り返され、また真面目な出版社故に資料も豊富で、かつこれでもかと題材を詰め込んでいる辺り、彼のファンならこれは絶対に「買い」だ、と珍しく断定的にオススメする一冊です。
 
 単純に笑えるのは、巻末の似顔絵ランキングと、そのコメント。
 
 個人的に意地悪な笑いが出たのが西原の寄稿漫画中に「よく、やくみつるがデビュー当時いしいひさいちのタッチをパクっていると言われていたが、『私もパクってんだよ。誰か気付けよ。』」と切れている台詞。
 いや、それは知りませんでした。 気付かれない以上、それはパクリではない、消化の証拠です。 今でも気付かれるやくみみつるは相変わらず盗人でしかありません。
 
 残念だったのは、吉川ロカや富田月子ネタが「頭の堅い読者の苦情によって」消えてしまったことを知って、プラウダ朝日の読者に失望したこと(まぁ、こういう言い回しが我ながらいしいひさいちファンらしいんだけど)。
 一時期同居人の洗剤欲しさに読まされていた毎日新聞朝刊の漫画なんかクソ以下でしたよ。 皮肉抜きで「こんなヌルい創作物で食えたら苦労しないよなぁ」とクリエイターとして心底呆れていたほどで、あんな漫画を皆様お好みなんでしょうか。 そんな日々の持て余す暇をクレームに費やす年金老人の戯言を真に受けるなよ>朝日新聞
 
 巻頭の(恐らく架空の)インタビューで、彼の難解とされる四コマ漫画に対し「『おまえバカだな』と言われているようでむかつく」とコメントされた、という下りがありますが、「たかがマンガやん」と笑い飛ばすだけの鷹揚さを持てない、或は無視できないのなら、バカと言われないように勉強しろよ、と言いたくなります。
 
 国会のやり取りを取り上げるまでもなく、今日のマスコミュニケーションは揚げ足の取り合い、言葉狩りの応酬です。 そんな中で、新聞マンガは治外法権、文句言ったもんが野暮、というイギリス譲りの伝統がありました。 それが数年前のイスラム経揶揄マンガが世界で大問題を起こすようになり、はては命まで奪うようなことに発展する今日ですから、いちいひさいちの心労も計り知れないものがあると思います。(何せ世の中、逆切れしたバカが無敵ですから) そんな中での体調不良による休載ですから、恐らく今の心境はいつでもやめてやるぜ、それまでは描きたいことかいてやるぜ、っていう心境なのかもしれません。

| | コメント (0)

ローエングリンか波動砲かギャオスか

Beam_gun
 先日、北摂地域では早朝に雷と大雨を伴った大荒れの天気になりました。
 夜型の私としては、さて寝ようかという頃でしたが、むしろ野次馬根性の方が先に立ってベランダで思わず見とれてしまいました。
 
 この天候で亡くなられた方や行方不明の方もいらっしゃるので滅多なことは言えませんが、徐々に開け行く空をはばかること無く光りまくり、鳴きまくり、降りまくりの風景を見ていると、特に雷についてはどんな大規模な花火大会もこれに勝ることはできないな、と次第に移り行く雲とともに西側から東側のベランダに場所を移してずっと眺めていました。
 
 思うに、空全体が真っ白になるタイプは超低音で長く響き、稲妻が地表まで届くような場合は高音成分を含んで完全に歪んだ音になるのかぁ、と暢気に朝ビールを飲みながら観察すらやり出す始末。 ほんと、不謹慎でご免なさい。
 
 さて、このベランダ観察、普段は夕風呂が終わったあとの楽しみとしてここ数年来、夏のみならず一年中の恒例行事となっておりまして、(さすがに真冬は出ないかなぁ...)主に空を彩る雲や行き交う飛行機、少し腰を浮かして走り抜けるJR線を眺めております。 いや、これがあるからこそ諸般問題があってもここでの生活を固守しているようなものです。
 思うに、これってたまにキューバとかハワイとか、暑い地域で爺さんが薄着で家の前に置いた椅子に腰掛け、ずっと家の前を通り過ぎる人や車を眺めている、っていう姿と同じなんじゃないかと、気がつきました。 そうかい、既に老境かい...
 
 数ヶ月前、眼鏡のレンズを入れ替え、深く考えずに遠近両用の「遠」を非常に高精度にしました。 すると遠と近のの間の「中」に相当するパソコンまでの距離が非常に見にくくなってしまいました。
 眼鏡屋曰く、今度は中近両用ってのが要るんだそうです。 やれやれ、まさに老境ですだよ。
 
 一方で、故に超遠方がめったやったら見えやすくなって、これまでただの雲だと思っていた部分が複雑なフラクタル模様だというのが見えたり、単なる逆光空間ですら何か粒子のようなものが見えるようになりました。
 この空間感って何だろう、どこかで見た覚えが...と数週間考えていたら、それは昔持っていた(多分今でも事務所のどこかにあると思う)二眼レフのファインダー、そうあの上部をかしゃっと開けたらところにある像を結ぶ粒子の細かいスリガラスに現れる像だ、と思い出しました。
 
 そんなGNPに全く繋がらないことを考えつつ、毎夕ベランダで廃人生活を送っていると、こういう風景にであいます、という写真です。
 この圧倒的なエネルギー感は、ローエングリンか、波動砲という、我々が子どもの頃からSFに現れながら、未だに屋外では実用にならないビーム砲を彷彿されてくれます。 あるいは、断末魔のギャオスが空に向かって放つ最後の超音波光線とか。
Beam_gun2

| | コメント (1)

PSA値のその後

 本日、年一回の健康診断の結果発表。 この診断は国民健康保険加入者に対して、市が補助金を出して実質無償化しているもので、ここ数年、結構真面目にずっと受け続けています。 この制度、所得税より高い保険代払ってるんだから、有り難いというよりも、当たり前だろ、っていう気持ちの方が大きいです。
 
 内診に呼ばれて机の上を見ると茶封筒が一枚。 ああ、やっぱり、またPSA値が基準値以上なんだなだ、とそれを見ただけでわかります。
 元はと言えば二年前に初めて受診した前立腺がん検査(PSA検査)が基準値の4を上回る5弱、何も知らない私はそのまま病院を紹介されて指ぷっすり触診、さらに生検を受けさせられ、幸い癌にあらずの診断を貰って以降、ずっと継続している検査です。
 
 その後、一年前は5.7、半年前は5.2、そして今回は5.5と水平飛行状態が続いています。 この4.0以上、という数字がどんなもんかというと、以前行った新聞社主催の前立腺がんの説明会で、あちこちで400だとか1000以上だのという爺さんがうようよ。 まぁ、その人たちはグレーではなく、明らかな前立腺がんなんでしょうが、それほど天井が高い数字だとわかると、整数一桁の上下でどたばたする必要がないこともわかってきます。
 てなことを一年前に医者と相談すると、一度生検は受けてNO MALIGNANCYもでているから、以後半年に一回定期的にPSA検査を受けて数値の変動を見よう、ということになりました。 いわゆる経過観察です。
 
 ということで先に書いたように、今回は5.5。 ではまた半年後に、という結論。 冒頭の茶封筒は専門検査機関への紹介状で、まぁ、彼らは彼らで基準値以上の値が出たら型通りの対応はする、ということです。 もちろん封筒は中身とともに頂きますが、投函はいたしません。
 このとき尿が出にくいとか、残尿感があるかとの質問があり、特にそういう意識は無いのですが、逆にあればあったで癌ではなく前立腺肥大の方が疑われてこのPSA値上昇の説明がつくのですけど。 肥大の方の疑いは上記生検前の肛門からの触診で特に問題ない、ということになっています。
 
 結局すっきりはしないんだけど、PSA検査自体は採血だけで済むし、保険適用で二千円弱の費用ですから、取りあえず文字通り経過観察いたします。
 
 あ〜、そうだ尿酸値がじわじわ〜と上昇してました。
 二年前が7.5、昨年7.9、今回8.2。 そりゃこんだけビール(発泡酒)飲んでたらなぁ。 これって検査上は7.0以上ってなってますが、実際に痛みが出るようになるのはどれくらいの値なんですかねぇ...
 γ-GTPは46(55以下)で、これだけ毎日飲んでる割にはまともな数値でした。 ただし、時間軸で見るとずっと右肩上がりなので、どこかで飽和するでしょうね。 毎日ビール一缶で、それ以上の飲酒は週一くらいだった五年前の記録ではたったの11ですから、数字は正直だと妙に納得した次第。

| | コメント (2)

penとTOYOTA 86

 時々ここで触れている雑誌pen、最近は毎号必ず買うという程の熱は冷め、特集をみて考えるというかんじです。
 
 今月14日まで売っている号はスポーツカー特集で、まぁ内容的には良くまとまってるけど、とりあえずスポーツカーを一台持ってて良かったな、という印象。
 一方、その前の号は、旅という趣味を終えてしまった私としてはどうでも良い地元情報特集で、一度目を通したら二度と読まないだろう、と買わないつもりでした。 が、ここ暫く気になっている広告シリーズがあって、そこに目を通すと2009年に広島の三好で行われたユーノス/マツダ・ロードスターの里帰りイベントを扱っていて、思わず購入。
 
Pen_ad
 このシリーズの広告主、マツダではありません。 トヨタです。
 正確にはトヨタが富士重と共同開発したスポーツカーである、TOYOTA 86とpenのタイアップ広告で、ロゴ/トレードマークとしての「トヨタ」「TOYOTA」はどこにもなく、車種名とURLの紹介に二カ所記載があるだけ。 それどころか、写真の著作権保持者である「マツダ株式会社」の(c)表示があります。
 通常、広告では事前に画像・映像が選べる場合は同業他社や商品が移り込むことは絶対に避けなければなりませんし、場合によってはバラエティ番組のようにぼかしを入れたりすることすらあります。 にもかかわらず、です。
 
 これは一流企業の広告としては非常に珍しい、特に保守的で有名なあのトヨタ広報部がよく許したな、と驚くばかりです。

 この広告シリーズは数ヶ月前から始まっていますが、私が覚えている限り、トヨタ車が出ていたのは二度だけ。 それも一台は今更普通の手段では買おうにも叶わない2000GT。 その間にルパン三世が乗っていたメルセデス・ベンツやマイルスが乗っていたミウラ等々。 統一されたコピーが「スポーツカーはカルチャーです」。 だから他社の他車が出てもおかしくない、といえばそうですが、実際クライアントにいつも首を縦に振らせるのは容易ではありません。
 しかも今回は、いくらスポーツカーだとはいえ、同じ国内メーカーであるマツダの車です。 この素人が考えそうで、しかし実現は非常に難しい広告戦略は恐らく今後の業界の(トヨタとしては消費者の、でありたいでしょうが)語りぐさになること間違いないシリーズです。
 
 なお、このシリーズ、今回のスポーツカー特集では何を掲載したか。
 AE86、白のトレノ。 しかも隅に小さく例の豆腐屋仕様の写真もあり。
 F1でもなく、ましてやTOYOTA 86でもなく。
 
 このシリーズ、後に書籍化されたら必ず買います。

| | コメント (2)

季時別電灯PSの結果

 さて6月に申し込んだ関電の季時別電灯PS、8月の検針が済んでやっと完全な従来の電灯Aとの比較ができました。 7月の検針分は過渡期で、季時別PSは1/3しか入っておらず、100%切り替わった数字がやっと見られる訳です。(にしても、スマートメーターの筈なのに検針に来るのが不思議。でも以前のようなリアルタイムでプリントされたレシートのような紙片は貰えなくなりました)
 
 まずは表を先に貼っておきます。

自宅        
 
合計
オフピーク
ピーク
夜間
実数(kwh)
448
284
25
139
実割合
100%
63%
6%
31%
関電仮定割合
100%
65%
9%
27%
 
電灯A
季時別PS
合計
得失
kwh
2011年8月
¥10,274
 
¥10,274
 
443
2012年8月
 
¥11,048
¥11,048
¥774
448

事務所        
 
合計
オフピーク
ピーク
夜間
実数(kwh)
132
62
5
63
実割合
100%
48%
4%
48%
関電仮定割合
100%
65%
9%
27%
 
電灯A
季時別PS
合計
得失
kwh
2011年8月
¥4,565
 
¥4,565
 
215
2012年8月
 
¥3,283
¥3,283
¥-1,282
130

 事務所の方は、ファイルサーバーを24時間稼働からスリープさせるようにしたり、それによって室内の温度上昇がなくなったので換気扇も止めたりとした結果、総使用量そのものが大幅に減っているのが前提条件としてあります。
 
 一方、ほぼ昨年と同じ使用量だった自宅の方は774円のアップ。
 肝心の時間別の使用量を見ても、関電が契約前に送って来た計算書の仮定(詳細は冒頭6月の発言をご覧ください)よりもさらに節約しているのに(ピークダウン、深夜シフト)安くなりませんでした。
 どうもおかしいなぁ、と原因を考えてみたら、そもそも電力単価が従来の電灯Aと季時別PSでは違うことがわかりました。 上が電灯Aで下が季時別PS。

Plan_a

Plan_ps

 使用電力量の区切りがずれていますので、完全な比較は難しいものの、微妙に季時別PSが高いのがわかります。 さらに目立つのが基本料金で、電灯Aの320.25円に対して季時別PSは1,155円。 もちろんここから先の計算方法は考え方が違うのでこれだけで四倍弱だ、という解釈はできません。
 
 この季時別PSはエコキュートという深夜電力利用の給湯器を導入しているユーザー向けに考案された、という話も聞いたことがありますが、webページにはそんなことは一言も無く、対象として「電気供給約款の従量電灯の適用範囲に該当し、かつ、ピーク時間以外の時間帯への負荷移行が可能で、この契約を希望されるお客さま。」と記してあるだけです。
 まぁ、このプランは通年ですから、冬の暖房シーズンにまた改めてレポートしてみたいと思います。
 
 ということで、結論としては、関電の事前の「高くなります」という予想は、間違いなかったということになります。 「だから言ったでしょ」と。 こっちも人柱覚悟の試みだったので、なるほどなぁという程度で、文句を言うつもりはありません。
 ただ、こうして振り返ってみると、予想表に、単にサンプリングによる割合から推計した、のみならず、基礎料金及び時間単価が高いから、という理由も併記しておけば、より具体的な検討材料が増えて利用検討者の為になったと言えますね。 ああ残念。

| | コメント (0)

在りし日のグリュック王国

 先日ここに頂いたコメントに帯広という言葉があり、以前仕事で訪れたグリュック王国というテーマパークのことを思い出しました。
 詳細はアーカイブ化されたオフィシャルホームページが幸いにして残っていますし、その悲しい顛末については、wikipediaや、2ch.のログをご覧ください。 なんと今では廃墟ブームの中で盛り上がりを見せているのだとか。
 遊園地の外れにあった観覧車からはすぐそばにある帯広空港が良く見えて、帯広を離れるときにもその木々に埋もれた日本離れした風景が見えて、非常に印象的でした。
 
 ということで、事務所のPowerMac 7600(OS 8.6)を久々に立ち上げ、内蔵MOドライブ(!)にめぼしき3.5inch MOを入れてみました。 認識しなかったらどうしよう、という心配をよそに無事立ち上がり、中身を探すと、ありましたありました。 撮影は1996年夏の筈。
 でも思った程データは残っていませんでした。 ホテルの客室から中庭を撮影した覚えがあったんですけど。
 
 余談ですが、帰路、羽田からわざわざJR東京駅に出て、自腹で100系個室グリーンで帰った覚えがあります。 金あったんだな〜、あの頃。 その100系も今は亡く(個室のカードキーもどこかに取っておいた筈なんだけど...)。
 
 とりあえず、ざっと並べておきます。
 
Gluck04
 中庭から見たシュロスホテル
 
Gluck01
 上の建物から見た逆の風景
 
Gluck03
 駐車場(メイン入り口)から見たシュロスホテル
 
Gluck05
 グリムの森遊園地の(多分)メイン広場風景。 結構観光客がいるでしょ?
 
Gluck06
 童話に基づいたオブジェ。 数年前の金属高騰のときに多分撤去( or 盗難)されてるよなぁ...

Gluck07
Gluck09
 産まれて初めて見た本物トラバント。 リアフォグがEECの規則通り装着されているので結構新しい車体の筈。

Gluck02
 この風景が、「北海道!」

| | コメント (2)

新議員のセーフティネットを作れ

 そうそう、これを書いておかないとね。
 
 本日も政局がごたごたしています。 一旦は馴れ合い談合で決まった筈の消費税増税と解散総選挙すら実行されない体たらく。 その間を目をこらして良く見れば、誰について行けば良いのか、焦りに焦っている議員たち。
 
 特にいわゆる当選一年目という新人議員が文字通り路頭に迷っているようで、今回小沢について行った新人たち、もしかすると自分の離党や移動が高値で売れるんじゃないかと胸算用する者たち。 その哀れさは今回の民主党に始まったことではなく、かつての小泉チルドレンたちも同様です。
 
 当時の私が住む地区の選挙区も、どっから来てん、このおばはん、という落下傘候補が当選し、そして一期限りで前回民主党候補に破れ、今でもポスターやスピーチでたまにアピールしていますが、もとが根無し草だけに誰も見向きもしない、という有様です。
 挙げ句に地方選では、どうみても陣営違いの○○維新の会という候補者の当選中継に、当選候補者の嫁さんより目立って万歳しているという醜さ。 どんな機会でもとにかく顔を売って次回の国政選挙に当選しないと、生きて行けないんだろうという悲惨さが伝わってくるシーンでした。
 
 しかし、一度永田町の議員になっても改選されないと戻る仕事が無い。 食って行けない。 そういう世の中のしくみがこういう保身しか考えざるを得ない議員を産んでしまうのではないのか。 またそれ以前に、そういう現実が、本当に志のある人物が今の仕事を捨てて立候補をするのを躊躇させているのではないか、と考えるようになりました。
 いや、今では数合わせ以外に役に立たないと思われている議員も、最初は孤高の精神で議事堂に来たのかもしれません。 でも「お父さん、次に落選したら、家のローンや子どもたちの塾代ははどうするの? 夜逃げしか無いわよ!」と嫁に悪態つかれているうちに方向を見失っただけかもしれません。
 
 一方で、そんな逆境下でもじっくりと次回を狙える、別の言い方をするといつまでも政界にしがみつけるのは経済的なバックボーンがしっかりしている、それは多くの場合二代目三代目の、言わば家業が政治屋という「族」しか残れない可能性を高めていることにもなります。

 私の提案は、取りあえず新国会議員が席を失っても、一年程度は満額あるいはそれに近い額の給与を支払う、という制度を作ってはどうか、というものです。
 国会議員にこれ以上また予算を振り分けるのか、と反論されそうですが(実は、ここ十数年で現役議員の歳費の締め付けはかなり効果を得ているそうですけど)、いわゆる国家百年の計を持つ人を国会に引きずり出し、そうでない者に退出願うための呼び水/潤滑剤だと捉えて頂ければ幸いです。
 
 あるいは、女性の産休のように、一期で落選した場合はそのものの復職を保証する、という制度もいいかもしれません。 何せ最近は弁護士の資格があっても一旦現場を離れると現実的な復職が難しいそうですから、いわんや一般的なサラリーマンではなおさらでしょう。
 一年あれば、収入も含めて今後の人生のあり方等、少なくとも一度赤絨毯を踏んだ人間がホームレスになることは防ぐことができるのではないでしょうか。

 とにかく、こういう奇策ともいえる工夫を用いてでも議員の新陳代謝を進めなくては、このままでは皮肉抜きで日本の国政選挙は「議員一家&一族の生活」の為に沈殿・固着してしまいます。

| | コメント (1)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »