« 家の前が祭 | トップページ | 新議員のセーフティネットを作れ »

iDiskが終わってWebDAVへ

 6月末にiDiskを含んだAppleのMobile Meが予定通り終了しました。
 一応新しいiCloudへは移行したんだけど、クラウドファイルサービスがMac OS 10.6以降でないと機能しないという、またもやAppleの旧OS/ハード無視主義。 こちとらメインのデスクトップとノートはPPCゆえに10.5だもんな〜
 
 こんなとき頼りになるのがGoogleさん。 GoogleDriveがあるもんね〜、と申し込もうとしたら、こちらもMacはOS 10.6以降しか対応していませんでした。 くそったれ〜
 
 afpであれば既に事務所にファイルサーバーがあるのですが、これが先日から省エネモードに。 なにより、MS FSX用のWindows7用にSMBを走らせるのは怖い。
 
 ということで、もう一台、こちらは常に動いている、最初から消費電力の少ないMac miniで、何と10.3のOS X Serverが走っている無病息災のwebサーバーにWebDAVを設定することにしました。
 と言っても、もともとApacheにはWebDAVが実装されており、confファイルでそれを呼び覚ますだけです。 相変わらず頼りにしているnamahageさんのサイトから、それも古い記事を参考に、さらにこのままではWindowsで認証が通らないので、とむねこさんのページを参考にmod_digest→mod_auth_digestに変更して設定終了。
 取りあえずwebサーバーにMac、Windows7からWebDAV接続可能となりました。 うん、今回は仕事が速かった。 拍手。
 
 ところが、さらにテストを進めて行くうち、10MB程度のファイル容量の場合、Mac(10.5, 10.7)からは問題ないのに、Windows7からは接続トラブルが表示されてファイル転送ができないことがわかりました。
 調べると、どうやらWindowsの仕様なんだそうで、恐らく80番や443番でなんでそんな大きな容量のやり取りがあるんだ、という判断で、ネット攻撃とみなされるのが発端なんだそうです。
 さすが業界標準にやる気の薄いWindows、と知ったかぶりして鼻で笑ったら、なんとWebDAV技術はマイクロソフトが提唱した技術だったとわかり、妙に納得するやら何とやら。
 
 しかし、これではFSXのキャプチャー画面の束(100MB以上)を転送できません。
 最初、WindowsのWebDAVはIEの一時ファイルを使用する、という記事を信じてみたけど、改善せず。
 どうやらWindowsではWebDAV専用のクライアントソフトを利用した方が良さそうであることがわかってきました。 Macなんて普通にFinder(Windowsのexplorerみたいなもの)でサクサク利用できるのに??
 
 仕方が無いので、せめてexplorerに組み込む形のクライアントソフトを探すと、TeamFileというのが良い、とのこと。 ところが確かにexplorerに自然な形で組み込まれたものの、認証段階で接続できません。 う〜ん。
 結局OS組み込み「風」は諦めて、CarotDAVに変更。 テストの結果、大容量ファイルでも無事転送できることを確認してこの件終了となりました。
 
 今回は100%個人的な利用目的なのでこういう対応が取れましたが、他人様に「WebDAVっていう技術を採用しているので、別途クライアントソフトを導入してね」とは言えませんよね。 このクラウドブームの下、開発の方々は多分苦労を重ねていらっしゃるんだろうなぁ、と変なところで感心もしました。
 一方のMac、OSXが優れているというより、ベースとなっているUNIXが優れているんでしょう。 

|

« 家の前が祭 | トップページ | 新議員のセーフティネットを作れ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

 いやぁ、私怨とかフリークとか以前に、「使えるものは壊れるまで使う」という家訓とまでは言わないまでも、習慣みたいなもんです。

 何より新しいMacとOSに飛びつきたくなる魅力を感じません。 学校や自分の最新マシンを触って「ああ、やっぱり全機新しくしたいぃぃ」と思いませんから。
 これまで買い替えの最大の動機だった速さもありません。 ハードの進歩よりもOSとアプリケーションの重量増加が勝っている印象です。

 まぁ、iOS5動いてるデバイスを使ってたらまた話は違うのでしょうが、今のところWindowsハードを買うよりはマシ、って感じの消去法Macです。 

投稿: あやおば | 2012年8月 3日 (金) 05時09分

こんばんわ、既に完結した話に茶茶入れる気はないのですが...


先月もおこなった手弁当の講習会で、この図を使いました
http://research.ascii.jp/elem/000/000/066/66465/img.html

やはり Cloud に対しては、Apple が注力しており、Google が
押さえているようです、が、そこらに問題があり


先生は使えなかったようですが、Google で Google Drive を
検索すると利用規約への懸念がトップに出てきます

この話は既に旧聞ではありますが...
http://wired.jp/2012/04/27/your-google-drive-files-now-in-googles-promo-materials-ars/

Google+ と併せて Google Drive の人気は出ないようです

もちろん先生が「おれのファイルは見られても公開されても問題
ないよ」と言うのでしたら関係ありませんが、いちおう注意され
方がいいかと思います

さらに報告しておくと Dropbox は、OS X 10.4 以降なので OK
https://www.dropbox.com/help/3/en

EVERNOTE は、10.6.6 以降なので NG です
http://jp.support.evernote.com/link/portal/16051/16073/Article/1343/OS-X


あと先生の目的が不明瞭なので合わないかも知れませんが、
pogoplug のハードかサービス辺りが手軽なパーソナルクラウド
として選択肢に入るかと思います(こちらは有料で、予算かけ
たくないでしょうけど)
http://pogoplug.com/ja/


結局古いOSに拘るのもいいんですが、限度を超えるとセキュリティ
上の問題でよそに迷惑かけたりするので、そろそろリプレースを
検討されたら如何でしょう

先生の場合は、CPU変更があったので仕方ないのはありますが、
それも含めて見通しの甘さ、ユーザーフレンドリーのふりしつつの
私怨優先の旧OS/ハード無視主義に慕うため、歴史ある正当な
スタイリッシュ林檎フリークとしてカチッとクリックすべきです
(Retinaへのいざない)

なお今は Android と戦いへ会社リソースを集中させているため、
iMacとデスクトップの新型は来年になるそうです

投稿: t2 | 2012年8月 2日 (木) 04時13分

たまたま発売されたばかりのMac雑誌を読んでたら、iCloud対応のMacOSは10.7以降なんですね。 失礼しました。
さらにストレージもバックアップ等の決め打ち専用で、ファイルのやり取り目的の利用は不可能なんだとか。

まぁ、無料になって、にもかかわらず.mac.comのメルアドが残っただけましと言うべきか何というべきか...
このメールの移行も一癖ありましたが(リンク参照)。

投稿: あやおば | 2012年7月31日 (火) 11時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 家の前が祭 | トップページ | 新議員のセーフティネットを作れ »