« 大阪ステーションシティ、天空の農園 | トップページ | 三菱東京UFJからの海外送金 »

バカニュアル対応の深化

 (バカニュアル=バカマニュアル。 既にポテトを注文している客に「ポテトはいかがですか」と言わせた某ハンバーガーショップのセールスマニュアルと、それを機械的にリピートする店員の都市伝説)

 たまには吠えときましょう。 わおーん。
 スペインに語学留学中の息子に三菱東京UFJから月いちで海外送金をしています。 なんで三菱東京UFJかというと、自宅のすぐそばにあるし,自分の口座もあるし,何よりかなりDNAとしたは薄まったとはいえ元東京銀行という海外銀行のプロの血が交じっているからです。

 ところが銀行サイトから海外送金の説明を探すのに一苦労。 この件は改めて別件で述べるとして、呆れたのがテレビ窓口と呼ばれるリモート窓口でのやり取り。
 もともと海外送金は、マネーロンダリング、地下銀行などのの恐れがあり、ゆえにあーだこーだと能書きが多い。 私が貿易をしていた頃はこんなんじゃなかったんだけどね。
 例によって延々と続く免責事項を読ませた後に「同意」や「確認」を押させたり、そして思わずこちらの機嫌が悪くなるのは、その全てが銀行と監督官庁の保身の為で、利用者には全く利益がないことが見え見えだから。

 とはいえ、自ら金握って飛行機に乗って行く訳にも行かないので、渋々対応を続けます。
 最初にプチンと来たのは「送金の目的は?」という質問。
 素直に「留学費用です」と答えたら、「それでは在学許可を示す書類か何かを...」と女が言い出しました。 ああ、面倒くさい。 そんなもん、本人が持って行っとるわい。
 よって突如「生活費です」と言い換える。 
 「でも先ほど留学費用と...」
 「生活費です」
 「でも...」
 「生活費です」
 「...わかりました、生活費ですね」
 それくらいで折れるなら最初から下らん質問するな。 or 返答による対応分岐を質問前に示せよ。 「南欧産の新型ドラッグの輸入代金」とでも答えると思うのか、このバカ。
 『だったら最初から訊くなよ』

 これは四月の話で、五月には別のバカニュアル女が「送金先の息子さん(既に続柄は質問済み)が実際に生活されている人員数とどれくらいの生活費構成かおわかりになりますか」
 これに密かにぶち切れた私は、
 「...さぁ、学校にも行かず、バカなスペイン女と同居して淫蕩生活を送っているのかもしれませんが、詳しいことはわかりません」 
 これに一瞬沈黙したバカニュアル女は「不明ということで...」
 『だったら最初から訊くなよ』

 そして遂に大噴火したのが次の質問。
 「この送金されるお金はどのようにして得られましたか?」
 あほか、こいつは、と本当に思いましたね。 どの世界にお金を払わせる客にこんな失礼な質問をする店員がいるでしょうか。
 「ありがとうございます。2,980円です。このお金は奥様はどうして得られたお金ですか? 体でたらしこまれた旦那様のお給料ですか? それとも主婦売春? 悲惨な内職の日当? 生活保護?」
 みたいなものです。 

 この質問は四月のときにもされ、その時は息子が一年間大学を休学して貯めたお金です、と感情を抑えてきわめて冷静に答えたのですが、二回目となると怒りが収まりません。
 「パチンコで稼いだ金です。 あ、それに競馬も入ってます。 バクチですよバクチ。」と思わずけんか腰になり、さらに「全国の年寄りに電話かけたら大金振り込んで来たんですよ」と続けようとしたら、「給与所得からということで」と打ち切られました。
 『だったら最初から訊くなよ』

 次回、六月の振込には「金持ちから集めた金を貧乏人に高い金利で貸し付け、さらに手数料で得た給与所得です。もしかしてあなたと同業かも」と嘯いてやろうとしたら、次回からは相手口座が登録されるのでボタン操作だけで送金完了するのだとか。 糞が。

 なんで私が、げに下品にブー垂れているか、最後にまとめておきます。
 この仮にも一回3500円の手数料を支払う客に対しての対応が、あまりに常識を欠いているということ。
 普通の日本人であれば、まるで自分が何か悪いことをしているかのような気持ちにさせる対応であることは間違いなく、そしてそれは客本人の為でも送金先の人間の為でもなく、万が一の問題発生時の金融機関の保身、そして金融庁や公安への釈明の為でしかないことです。

 これらのバカニュアル女達にしても、所詮ははかない委託か派遣であろうとは思いますが、だからといって非難できないというのは話のすり替えでしかありません。 恐らくは低くはない彼女達の教育レベルですらこういう非常識な客対応をさせようとする金融機関の横柄さと、マニュアル社会の深化に憂鬱が募ります。

|

« 大阪ステーションシティ、天空の農園 | トップページ | 三菱東京UFJからの海外送金 »

社会問題」カテゴリの記事

コメント

なるほど、いつも付き合いをしている銀行員がいれば比較的スムースなんですね>通りすがりAさん
でも悲しいかな、私にはUFJに親しい銀行員はおりません...

口座登録に少し時間がかかりますが、UFJダイレクトは良いです。
人よりデジタルの方が対面して気持ちがよいって、複雑ではありますけど。

投稿: あやおば | 2013年2月23日 (土) 00時54分

>普通の日本人であれば、まるで自分が何か悪いことをしているかのような気持ちにさせる対応であることは間違いなく、

分かります。全く同感ですね
2年ぐらい前に利用してイラッっとして二度と使わないと心に決めましたw
で、先日海外送金の機会がありましたので今度は窓口のある支店で。前もってなじみの支店(海外送金未対応)の行員に海外送金の出来る支店へ行くからよろしく。と電話しておいて行きました。手数料は掛かりますがあの不快で後味悪い対応に比べれば全然良かったです。

今後の事を考えて私もUFJダイレクトの海外送金を開設することにします。

投稿: 通りすがりA | 2013年2月22日 (金) 10時53分

もうひとつ追加です。

息子さんが語学留学中で毎月の生活費程度の送金なら、スルガ銀行VISAデビットカードと家族カードを作ってスペインのATMでキャッシングできます。

投稿: 山田 譲 | 2012年6月 5日 (火) 09時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大阪ステーションシティ、天空の農園 | トップページ | 三菱東京UFJからの海外送金 »