« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

電気不要な家電油こし器

 ハロ型、或は目玉オヤジ型ハンディクリーナーを買った二日後、Joshinから恒例のDM。
 これには安売り情報とともに、リラックマグッズのプレゼント券がついています。 なになに?今回はバスタオル? うん、最近自分用のバスタオルが次々とぼろぼろになっていたんだよね〜。 でも所詮ノベルティだから最低条件である二千円も家電買うならその値段のバスタオル買った方が絶対に良いものが手に入る。
 
 てなことはわかってるんだけど、くっそー、二日後に来るかぁ、といいながら、それはそれ。 夏用Baby-Gを買いに行ったヨドバシで見つけた不思議な調理器具を結局Joshinで買いました。 ええカモやの〜。
Strainer2

 我が家の揚げ油は再利用。 油っことかをつかって一回づつ捨てるなんてあり得ません。
 ところがタンクは簡単なこし網がついているだけで、そこにはいつも不気味な沈殿物が一杯たまります。 これはこれで気持ちが悪い。 それに大きさが微妙で、フライパンから移すときに結構こぼれたりします。
 
 それに対してこのパナソニックのレッツフライTK801Pという製品は、まず紙フィルターで、次にチャコールフィルターで濾すというシステム。 直径も適当に大きく、二段構造なので使いやすい。
 が、ACどころかDCも使わない。 なんでパナソニックが作る必要があるの?
 てな話を電気が専門の非常勤講師仲間に聞いたら「旧松下電工の滋賀工場はいろんなもん作ってるからなぁ」と一言。 今改めて取扱説明書見たら、「パナソニック電工ヘルスケア推進事業部」となってて、住所は滋賀県でした。 即座に見切ったこの人物もまたすごい。

 まぁ、これも性能的に細かく云々するものじゃないし、掃除しなけりゃやっぱり底にヘドロも溜まるでしょうから、う〜ん、何なんだろうなぁ。 無駄じゃないけどバスタオル欲しさの不急不要な買い物であったような気もします。
 往々にしてこういうこじつけた買い物をすると、後になって何かが壊れて買い替えを迫られるようなことになるんだけど、なんてふと考えたら、一週間ほどしたら予感的中となりました。 が、その話はまた後日...
Strainer1

| | コメント (0)

ハロを買ったわけでは...無い

Cleaner
 ハンディクリーナー、掃除機です。
 私の部屋は家の風下に当たるため、埃やゴミも流されてきます。 特に窓を開ける時間が長くなるこの頃は白い机の上に明らかに埃が目立ち、時にはいつのまにか綿埃となっているときもあります。
 常に片付いていれば雑巾でさっと一拭き、と行けるのですが、細々したものがずっとあって、さらにそれにマウス、USB、FireWireなんかの配線があって、掃除がおっくうになっていました。
 
 片手で手軽に使える掃除機は無いもんか、とJoshinで見つけたのがこれ。
 いや〜、ハロを意識してるでしょ。 商品名はOrb(オーブ)となってますからもはや確信犯かと。 特にガンダムに詳しくない高一の娘でさえ一目見て「こんなんガンダムに出てなかった?」と言うくらいです。
 
 向かって右のアームがハンドルで、球体から起こすと自動的に左側のノズルも起き上がり、右アームのスイッチを押せば吸引開始となります。
 充電式で、充電台は360度方向を問わず載せるだけとなっていて、別途ブラシ付きノズルのスタンドがついています。
 そして球体頂上のボタンを押せばアームが元通り収納される、という仕組みです。
 
 まぁ、目的が目的だけに、吸引力だとか騒音がとかうるさく査定する必要もありませんが、いわゆる可もなく不可もない性能を発揮しています。
Cleaner_2

| | コメント (4)

光ネクストが停電でまたこけた

 関電の季時別電灯PSに申し込んで、「事無きを得ています」なんて書いたのが嘘になりました。 実は受電再開後、事務所のネット環境にトラブルが起きていたのです。
 
 工事日の夕方、あらかじめ電源を落としていたサーバー類を立ち上げ、一部はスリープさせる作業をする為に事務所にふらりと寄りました。 本来なら数分で終わる作業ですが、念のため別回線に繋がっているマシンからwebサーバーやらファイルサーバーにアクセスしてみたら全く反応していません。 あり??
 さらに調べると以前のこのシステム導入時のトラブルとは違い、中から外も見られない状態になっています。 ありり?
 二時間ほどかかっても解決せず、さらに夜になってから再度挑戦し、未明にやっと解決しました。
 
 整理しますと、上流の統合型CTUであるPR-S300SEが、下流のルーター(OMRONのMR504DV)からのPPPoE接続要求をスルーさせず、自らが以前から登録されたままのISP情報を基に接続し、結果下流ルーターからISPへの接続要求は二重ログイン状態になっていたようです。
 
 ああ、PR-S300SEが下手なルーター機能なぞ持たずに、Bフレッツ時代のような単純なハードウエアPPPoEブリッジだったらよかったのに、と思いつつ、あちこち資料を掘り返していたらPR-S300SE付属CDのマニュアルに「PR-S300SEを単なるPPPoEブリッジにする方法」という項目があって目から鱗。
 これを知っていれば三年前にあれだけ悩まずに済んだのに。
 
 結論をまとめますと、PR-S300SEの設定webページにログインし、まず初期化。
 ちょっとビビりますが、パー状態にするわけですから何も怖がる必要はありません。 何せ間抜けな私は、ひかり電話関連は初期化したくないなぁ、と思っていたのに、下の「電話関連以外の機能を初期化」ではなく、最もヤバそうな上の「工場出荷設定に戻す」を押してしまっていたのに後で気がつきました。
 でも大丈夫。 ひかり電話に関する情報はもっと上流のNTT西日本さんが大事に大事に守って下さり、異常があればすぐにそこから自動的に再設定されるようになっています
Flets7
 
 とにかくこれでPR-S300SEは記憶喪失状態に。
 同時にLANのIPアドレスもデフォルトの192.168.1.1に戻りますから、とりあえずPCもそれにあわせて初期ページを表示。 「接続情報を入力しない」という状態にし、さらに別IPアドレスセグメントに変更するのもこの段階で行います。 さらに下流の本来のルーターに対してはDHCPでIPアドレスを発行するようにし、別途下流のルーターのWAN側はそれを受け取るように設定します。
Flets8
 
 こうすれば下流のルーターからPPPoEで接続することができるようになり、中から外はもちろん、外から中も以前通り接続できるようになりました。 当然ひかり電話も元通りであることを確認済み。
 PR-S300SEを無記憶化しない条件下では静的NATテーブルを組むとかの選択肢もありますが、どうも今回の単純化が最も簡単確実、かつ微妙ながらスピーディーになったような気もします。 
 
 これでめでたしめでたし、と言いたいところですが、だとすると冒頭リンクの三年前の私のインフラ整備情報の信頼性がなくなってしまいます。 いや、でもちゃんと三年間機能してたんだけどなぁ...
 想像するに、停電後にCTUとルーターが同時再起動し、そのタイミングの差でこのような結果になったとしか考えられません。 しかし、これまでに何度もメンテナンスでそれぞれを手動で再起動したときには問題ありませんでしたから、不思議な限りです。
 
 このタームはこれまで多数の検索で参照されており、もし今回の私のように以前の策が功を奏さなかった場合があるとすれば本当に申し訳ない限りです。 いちおうあちらからこちらへのリンクも張るようにしますが...

| | コメント (0)

関電の季時別電灯PSを申し込んだ

 原発云々もあるけど、単純に使用量と電気代は低い方がいいじゃないか、ということで関電の「季時別電灯PS」という料金契約にコース変更しました。
 詳細は上記リンクをご覧頂くとして、要するに夏期平日の日中ピーク時間帯の料金を高くし、逆に夜間早朝を安くするという電力需要シフトプランです。 単純に分析すると、高くなるのは7/1〜9/30の平日13〜16時が2倍で、23〜翌7時は一年中1/3に割引というプラン。
 
 まず我が家の場合、窓が多いマンションの為、夏期にエアコンをほとんど使いませんし、日中の電灯使用は皆無。 そして節電とかエコとかに全く興味がない同居人は平日は仕事で家にいない、という好条件にあります。
 事務所はワンルームで、さすがに夏期のエアコンと日中電灯は必須ながらも、平日のピーク時間帯にいることはまずありません。 何より主に使用しているのは夜間。
 つまりは共にこの料金プランに最適化されている訳です。
 
 新聞によるとこの電話窓口が大変混雑したそうで、関電では急遽本数を増やして対応しているのだとか。
 そのせいもあって、あっさり繋がり、使用パターンによって安くならない場合があるとか、一年間は契約を戻せないとかの注意事項(ま、免責事項)を聞かされましたが、とにかく申し込み。
 すると封書が送られて来て、同封されている書類に記入・返信して本来の申し込みになるようです。
 
 この封書の送付に予想より少し時間がかかるな、と思ったら、中に新プラン適用時のシミュレーションが入っており、この処理に時間がかかるようです。 その結果、自宅は一年で千円ほど、事務所は八千円ほど高くつく、とありました。
 
 うっそ〜〜〜!?
 
 で、よくよく見ると、管内6,200件の契約を基本に、一日の使用量を日中約75%、夜間25%、ピーク(13〜16時)8.8%という前提で計算したとあります。 なんじゃこれ、と思いつつ、従来のメーターは時間による記録ができませんから(だからわざわざ新メーターに交換する)、こういうシミュレーションしか組めない関電を責める訳にはゆきません。
 つまりは我が家&事務所のような一般的ではない使用のパターンだとこの計算式は正しくない、と勝手に判断し、改めて正式に申し込み申請。

 そして今朝、共に工事があって何だか賢そうなメーターに変わりました。 工事は5分程度の停電がありますが、メーター部分のみなので住人不在でも施行されます。
 自宅の場合は大阪ガスのガス漏れ警報が鳴動しましたから、管理人さんがいるようなマンションならその旨あらかじめ伝えていた方が良いかもしれません。
 事務所は前夜のうちにサーバー類等をシャットダウン済み、停電でメモリーが失われてしまう古いオーディオなどはセッティングをメモして事無きを得ています。
 なお、工事予定はあらかじめお願いしておかないと事前連絡が無いような雰囲気でした(未確認)。
El_meter 
 さてこの新メーター、従来の電気メーターには必ずあった使用量に比例して回転速度が変わる円盤がありません。 あれで「ひょえ〜、エアコン三台動かしたらブンブン回ってる〜」「へ〜、待機電力だけでもこれくらいは動くのか」とか、何となくの使用量が目で見てわかったのでちょっと不便ではあります。
 申し込みから工事まで意外と短かったので、あの試算表を見て新契約に至る数は実は少ないのかな?と訊いてみたら、全くの外れ。 今日も台風の雨の中、朝から精力的に施行予定をこなさねばならないのだとか。
 
 さて実際に料金がどう変化するかは、8月以降になります。 それを読まれてから契約変更と思われても夏は半分終わり、と思いきや、夜間早朝の割引は夏以外も続きますから、取りあえず暫く様子を見て漸次報告したいと思います。

| | コメント (3)

夏用Baby-G

 このところちょっと殺伐とした記事が多かったので、今度は能天気なお話を。
 
 いろいろあってこの年になってにわかに夏が好きになった私としては、待ちきれない気持ちがこの季節にはふつふつと湧いてきます。
 
 その第一弾が夏用の時計。
 天賞堂の時計はどうも普段使いには勿体なくて、では、とこれまでの香典返しのギフトであるカシオの腕時計となるわけです。 ところがこの香典返し、たまたま同じものをヨドバシで見つけたら、実売価格980円。
 
 きゅ、きゅ、きゅうひゃくはちじゅうえん??
 昭和の子供用腕時計でんがな。
 
 いや〜、個人的には1,980円くらいと思ってたんだけどな〜、とそのときはたと気付いたのが同じくカシオのGショック、それも女性用と言われるBaby-G。
 障害の関係で私の左腕は少々細く、いわゆる今流行のメンズのラージュフェイスなんてしようものなら明らかフェイスが腕より大きくなります。 かといって本来のBaby-Gではちょっと小さすぎて、いかがなものかという感じ。
 しかしそこに生まれたのが、女性ものにも現れ出したラージュフェイスもの。 それがビッグケースシリーズでして、もうこれならユニセックスで何の抵抗もありません。 価格も実売1万円前後で、ワンシーズン限定ものとしても納得できます。
 
 が、その値段だったらもう少し遊んでみたいなぁ、と思っても、洒落た真似をしようとしても本来は実直なカシオさん、今ひとつ夏っぽい雰囲気が足りません。
 そこで、ふと考えた。
 
 色違いを二つ買ってベルトを交換したらどうじゃろか。
 
 で、完成したのがこれで、結構満足しています。
 余った方はオークションに出したら、なんとかお一人様が希望価格で入札して頂き、儲かりはしなかったものの、取りあえずひと安心です。
 G-shockを持ったのは初めてですが、見た目から想像するよりずっと軽いんですね。 これも夏的にグッドです。
 
 ということで衝動買いだった割に満足度の高いお買い物の話でした。
Baby_g2
Baby_g
Baby_g3

| | コメント (0)

だから合法自殺システムを作れってばさ

 大阪心斎橋で絶望した男に二人の男女があっというまに惨殺されました。 こんな人間に突然自分の人生を左右されたくはありません。 何の因縁も無い完全な通り魔殺人。
 動機は若い頃からのヤンキー生活が招いた自業自得の絶望。 そんなん知らんがな、どっかで勝手にとっとと独りで他人に迷惑かけずに死んでくれ。
  
 と言ってもどこで? どうやって?
 まぁ、20万円あって何が絶望って気もしますが、それは別として、以前から私が訴えていた合法的な自殺支援システムがあれば今回のような道連れ心中的な悲劇を防げたかもしれません。
 
 報道によると犯人はハローワークにも行ったり、そもそも大阪に来たのも仕事探しだったそうですから、それなりに更生する気はあったんでしょう。 が、諸報道ある中うまくいかなかったようで、絶望した、と。
 二人の大人をほぼ即死させるほど突きまくるのは大変でしょう。 裏を返すと、それだけ自殺というのは踏ん切りがつかない大事(おおごと)なのでしょう。 その躊躇を振り払うかのような咄嗟の飛び込みや飛び降りが耐えないのはその裏付けかもしれません。
 とにかくは自分で生きることを断念した。 へこたれた。 でもそれを叱咤激励する必要はありません。 屁垂れながらも最後だけはきっちりと襟を正させることができます。
 
 そんなとき、あの合法安楽死システム、「もうこのへんで勘弁したるわ」が大阪にあったら、と思う虚しいニュースでした。

| | コメント (0)

雑誌penのルパンIII世特集

 今月1日に発売された雑誌penの特集がルパンIII世でした。
 最新シリーズにあわせての特集かと思いますが、内容はそのルーツに遡っていて、なかなか勉強になりました。
 
 私にとってのルパンIII世は、登場時期に族車、或は大型トラックの完全ブラックアウトされた窓に白い切り抜き模様のようなステッカーが貼られていることが多く、そして原作者には申し訳ないけれど、キャラクターも丁度今回penの扉絵のタッチで、今ひとつ好きになれませんでした。 以後何度かアニメ化されたことも、キャラクターの絵や設定も様々なバリエーションがあることも知っていましたが、それほど興味はありませんでした。
 
 強いて言うなら、息子が子供の頃から結構アニメが気に入っていたようで、そこから少し興味を持ったという程度です。 ちなみにこの息子、現在語学留学中で、普段は生活費の振込依頼以外は音沙汰がないのに、冒頭新シリーズの知らせをどこで聞きつけたのか録画依頼のメールが来たくらいです。
 写真に二冊の同じpenが写っているのも、一冊はEMSで息子に送ってやる為のものです(どんだけオタ親やねん)。
 
 ともあれ、それがきっかけで新シリーズのサイトに行ったら、今回は峰不二子がメインストリームだそうで、何よりめちゃくちゃ現代的に美しい。 ちょうど写真で見開きになっている左の映像がサイトトップと同じ絵です。 この構図、表情、ポージング、格好よすぎ。
 峰不二子自体にも、あの強欲でかわいげの無いところが好きではなく、これまで漫画としてもアニメキャラとしても全然興味がなかったので、この美しさは正直衝撃的でもあります。 一方で他のキャラクターは、娘曰く「全員悪人顔」で、個性的というか、ある種毒気も感じますが、良い。 女が魅力的だから良い。
Pen_lupin 
 ということで早速現在の携帯の待ち受け画面はこの画像を個人的に使わせて頂いておりましたら、このPENの特集でしたから、そのタイミングの合致に驚きました。
 とはいえ、penは15日に次号が出てしまいますから、今日を含めてあと二日しか手に入りませんけどね...(バックナンバー取扱店を除く)

| | コメント (0)

念仏に惑わされてはいけない

 さて、大飯原発再稼働についてのもう一つの感想。 まずは橋下総統と次いで野田総理の言動を評価しておきます。
 
 二人とも人間的に特に支持しておりませんし、総統においては以前からその品格の無い行動に否定的な立場をとっております。
 しかし、さんざん再稼働の動きを牽制した後、提出されたデータと大阪の声を聞くにつれ、再稼働をはっきりと肯定したことは、以前彼が「政治問題化させてはいけない」と語っていたことと一致します。
 これについて後日、敗北である、というようなコメントを彼自ら出したことが不満ですが、この「敗北」という言葉こそ、現在原発再稼働の是非が闘争化、あるいは思想化、イデオロギー化していることを物語っていると私は捉えています。
 
 毎週土日に近所の商店街で街頭演説をする左派政党。 基本的に反動的指向を持つ私は彼らの言うことが嫌いではありません。 しかし思わず噴飯ものだったのが「戦後、原水爆禁止の運動も女性から始まりました」と主婦連中に語り出したこと。 いや、原発は爆弾じゃありませんから。
 
 彼らに限らず、原発再稼働に大反対している連中は、「放射能の無い未来を子供達に」とよく申しておられます。 あれ?これ、つい先日まで「未来の子供達に温暖化した地球を渡してはなりません」と言ってたのと同じ香りがするなぁ。
 少なくとも正常に働いている原発は放射能はおろか二酸化炭素も放出しません。 一方で原発停止分の電力を現在補っている火力発電所は毎日大量の二酸化炭素を確実に排出し続けています。
 
 野田総理が再稼働を国として決断したことに対し、東京ではデモが起こったりしているそうですが、この人たち、こないだまで北極海に浮かぶ氷の上の白クマ親子を救え、と涙ながらに訴えていたんじゃないでしょうか。 新たな「不都合な真実」である放射能の恐怖を知った今、白クマがどうなろうが、ツバルが沈もうが、どうでもいいんでしょうか。 毒舌ついでに加えると、この人たち、暫く前にはサッカーワールドカップでニッポン!を連呼し、その前には鈴鹿で「セナ様!」と絶叫していませんでしたか?
 地球温暖化は人的原因というよりも地球時間での定期的サイクルの一過渡期である、という論を私は支持しています。 先日テレビで、いかにも安直な自称環境派芸能人が「温暖化は長い宇宙の動きで止めようが無いが、原発再稼働停止は可能」といつのまにか宗旨替えした適当なことを言っているのを見て、真剣に吐き気を覚えました。
 
 おっと、皮肉が過ぎました。
 要するにブームに流されること無く、もう少し科学的に考えてみましょうよ、ということです。
 使用済み核燃料のことを考えれば、例え今後、原発が無事故で運用され続けるとしても、決してこれからも支持、拡大されるべきエネルギー源とはいえません。 しかし、ではそれを今すぐにゼロにせよ、という主張はあまりに幼稚です。 戦争反対、飢餓反対、独裁反対、と平和ボケした国でいくら叫んでもそれは念仏にしか過ぎません。 それで成仏できる程、現世は簡単ではないことを認識してほしいのです。
 
 一般市民は原発分は節電でなんとかできる、と言ってますが、温暖化防止運動の御陰で、ここ数年で節電はかなり進んでいます。 自宅を例にすると、玄関ドアを網戸にする等して、既に夏はエアコンをほとんど入れません。 個人であろうと企業であろうと、真面目に環境について考えていればいるほど、もう今後の節電にはそれほど期待できない筈です。
 大規模停電の被害についても、あまりに軽視しているとしか思えません。 大規模製造業において、電炉や製造ラインなど、「あ、とまっちゃったぁ、今日は休みだぁ」なんてレベルでは決して済みませんし、データベースが載っているコンピュータやネットワークの停止、あるいは消滅、そして病院や自宅療養の人々の生死を左右することもあるのは既に報道されている筈です。 なのに、よしずとゴーヤで不足分が補えるとまだ念仏を唱え続ける人々。
 
 そしてそれが何となく正しいという風潮のマスコミも、'60s〜'70sの政治の時代に青春時代を迎えたトップの悪習が見え隠れします。 橋下総統自らも「敗北」という言葉を使ったこと自体、原発問題が既にイデオロギーとして「闘争化」していることを自認していることに他なりません。
 
 先の街頭演説では、大規模停電を理由に原発再稼働をするのはいかにも大企業優先だ、という主張もありましたが、企業の経済活動のおかげで下請けが潤い、お父ちゃんも給料を貰い、なにより支払う税金がエネルギー転換や、何より今回の震災、津波、放射能被害の救済原資になるんですよ。
 日本はもう貧しい国に成り下がっているのです。 念仏を唱えていれば救われる時代は短かったのです。
 
 原発全廃を目指すにしても、単純に化石燃料に依存増することはできませんから、風力や太陽光等の現時点ではまだ実用的とは言えない技術に期待せざるを得ません。 そういう時間割を逆算しながら、その間は原発を上手に利用することが、すでに凋落の坂を下り出した日本には欠かせない、と橋下総統及び野田総理は決断したとするなら、私もそれを支持します。

| | コメント (0)

インテリやくざ福井県知事

 大飯原発再稼働のメドがやっと立ったようです。
 これに関して二つの個人的な感想があり、まずなにより福井県西川知事の政府に対する蒟蒻問答から行きましょうか。
 
 日本語を使っているけれど結局何が言いたいのか、何を言わせたいのかわからない、しかし蛇のようにしつこくまとわりつく。 一方で周辺自治体に対しては徹底的な除外攻撃。 曰く「おまえらに原発立地県の何がわかる」の被差別オーラ全開。
 
 なんなんだろうなぁ、これ、と暫く解釈に悩んでいたら、そっか、いじめの構造だと捉えると完全に理解できました。
 福井県にとって、国と関電はどんな無茶を言っても親のキャッシュカードを盗んででも現金を持ってくる金づる、いじめられっこ。 良いカモなわけです。
 今回とにかくカモに「僕達は西川君にいじめられてなんかいません。むしろ西川君にお願いしてでも仲良く友達として歩んで行きます」と全校生徒の前で言わせたかったのです。 そして大飯原発が再稼働したら西川君は両腕に政府君と関電君を抱き、「なぁ、お前ら俺と仲良くしたいって言ってたよなぁ」と肩骨を砕くくらい握りしめる訳です。
 
 さて、次はどんなホールや道路を作るのか。フル規格新幹線にするのか。福井空港を国際化するのか。 まさかリニアを福井経由にするってことは無理でしょうが、小中学生の学力体力、そして県民満足度世界一を目指すのかもしれません。
 
 そんなこれ以上無い金づる君を未来永劫独り占めしたいのは当たり前。 周りの滋賀さんや京都君、やり手番長の噂高い大阪君なんて絶対にいじめの輪に入れたくない。 和歌山君や兵庫君なんて完全無視。 「ま結局、関西なんて実は俺の足下でひれ伏しているだけ、ってなわけよ」という影番状態。
 
 というのが今回の蒟蒻問答の真髄だと私は捉えています。

 大飯に始まる原発を動かさないと今後福井県の経済がどうなるのか、誰の目にも明らか。 しかしその負け戦を見事逆転勝利で納めた手腕は、さすが頭脳派というか、まさしく今の世をしぶとく水面下で生き抜くインテリやくざの姿と重なります。
 それに対して意見すれば「原発立地県の気持ちなんて誰にもわからないんだ!」とATフィールドを全開にし、まるでイスラエルか最近やっと理性的な活動に落ち着いた何とか問題と同じ逆襲でかわすという構図。 完璧。
 
 恐らく彼は福井県を中東の産油国のように税金ゼロの県にしたいんでしょう。 それで県民流入が始まったら、対都市として地方自治歴史上初の快挙となります。 そしてそれを実現した暁には西川氏は永久に県政に名を残し、県内あちらこちらに立派な銅像が建つのでせう。 ややっ、なんて立派な知事さんなんだらう。 関西滅びて福井あり。 めでたしめでたし。
 
 もう一つの感想はまたトピックを改めて...

| | コメント (2)

TANGO with MIATA

 なかなか苦しい題名。
 久々にシーズン前の丹後半島一周をMIATAでやってまいりました。
Tango2012_0 
 このコースはオフシーズンでも週末祝日は結構混み、海開きしようものなら大変な混雑となります。
 しかし、そこは貧乏暇ありの生活。 オープン故の気象条件、そして何より最大の課題である早起きさえできれば、シーズン前のガラガラの海を見ながらのドライブを満喫できるというものです。


 と言いつつ、毎年朝が起きられず、或は酒が残っていたりで、近年なかなか実現しませんでした。 ところが、水曜日は22時頃寝て、いつもなら二時間ほど後に目が覚めるのに、酒も呑まずに起きたらAM4:30。 天気も取りあえず雨は無さそう。 この機会を逃すバカはいません、ということで同居人が目を覚ますまでにGoogle mapsで地図を開いてはプリントし、BGM用のiPod touchなぞを急いで荷造りしてMIATAを出庫。 そうそう、事務所に寄ってコパトーンをピックアップせねば。
Tango2012_1
 早起きって素晴らしいですねぇ。 普段学校が始まる時間には既に久美浜に到着。
 そこからぐるりと丹後半島一周。 途中昼食がてら寄ったのは伊根の道の駅。 ここはいわゆる舟屋という、家と船庫を兼ねた家作りと町並みが特徴でした。 そういえば先日この風景を描いた個展を阪急茨木駅構内のギャラリーで見たな、と思い出して本来はスルーだった筈を予定変更したわけです。
Tango2012_2 
 思うに、この舟屋というのは一階に愛車を納め、二階に趣味の品を集めたロフトという車好きの憧れの家屋に繋がるものがあります。 或は古舟屋を買ってジェットスキー等のプレジャーボートを格納し、好きなときに整備もできるというのも一考かもしれません。
 ただ、それも例の東日本大震災の津波を見てしまってからは、能天気にこれらの海辺の風景を楽しむことができなくなってしまった複雑な思いが払拭できません。 まぁ、それはここに限らず、実際に海辺で生活をされている人々にとってはもっと深刻な懸念でしょう。
Tango2012_3
 それはさておき、普段夕食以外はほとんど禁欲的な食生活を送っている私でも、さすがにこういうときはその時その場所でしか食べられないものを選びます。 それがこの伊根の道の駅内の油屋という活け魚料理店の海鮮丼。
 美味しくなかった...
 いえ、不味いんではありません。 ネタが多いのは有り難いのですが、その全てが固い。 これなら先日、大阪伊勢丹での北海道フェアで買い求めた冷凍の海鮮弁当のネタの方が美味。 ふらりと訪れた観光客が本当に美味しいものにありつけるのはやはりかなり難しいものだとつくづく感じます。
 
 今回、久々のこのコースを回って感じたのが、バイパスやら高速道、自動車専用道の充実で、以前に比べると驚くほど所要時間が短くなったことです。 今は往路は舞鶴自動車で綾部JCT経由、与謝野天の橋立までずっと専用道。 そこから半島を一周する間も、一見地道のようですが、これもバイパスや拡幅でかなり走りやすくなっているのに驚きました。
 その後、宮津天の橋立から綾部宮津道路に乗り、京丹波わちまで自動車専用道。 そこから9号線に合流するまでは一般道ながら、これも以前のルートとはかなり違い、ほとんどバイパス道路。 程なく京都丹波道路に乗れば亀岡まで9号線の混雑とは無縁のクルージングで、一種の肩すかし状態でした。(京都丹波道路がETC非対応だったのには慌てましたが)
 
 結局、あちこち寄り道した割には、朝5:30に家を出て、15時に戻れたのもこれらの新道の御陰でして、以前なら15時に戻るつもりが19時だったり20時になったことに比べるとありがたい限りです。
 一方で道路沿いの以前ならカップル目当ての小洒落た喫茶店や、団体客目当ての大型ドライブイン等を見ることはほとんどなく、懐古趣味とわかりながらも、ささやかな喪失感を感じたスモールトリップでもありました。
 
 長い間、こういう用途に駆り出すことが無かったMIATAの燃費は、1/3ほどの短距離走行を含みつつ13km/Lほど。 すばらしい。 さすが高圧縮化エンジン+マニュアルTM。
Tango2012_4

| | コメント (2)

三菱東京UFJからの海外送金

 天下の三菱東京UFJのサイトから海外送金サービスを探すのに一苦労しましたので、同じような境遇の方々にアドバイスを残しておきます。
 
 個人向けトップページの「個人向け商品・サービスのご案内>外貨両替・海外関連サービス」に普通ありそうなものですが、ハズレです。
 まず、窓口での対応を希望される場合は、左縦メニューの「ATM・店舗検索」から検索し店舗情報に「海外送金」というアイコンがある店舗に行って下さい。
 
 テレビ窓口でよければ店舗の選択肢が広がります。 ここではさらに詳しい海外送金の条件や手数料等を知ることができますが、この条件が対人窓口と同じかどうかは未確認ですのでご注意ください。
 ここには円現金でも送金可能となっていますが、トップページに「テレビ窓口外国送金現金お取り扱い廃止のお知らせ」というのが2012/5/18付けで掲載されていますので、同年9/10からは三菱東京UFJに口座が無い限り海外送金できないことになりました。
 
 なお、欧州向け送金の場合、ここの「外国送金のお申し込みに必要な情報のご案内」にあるBICとIBANコードは非常に重要です。 逆にこれさえ間違いなければ送金先の銀行住所が少々間違っていてもちゃんと送金されます。
 これらのコードは現地の銀行窓口で訊けば必ず教えてくれる筈です。
 
 もし三菱東京UFJのオンラインサービスであるUFJダイレクトを使っていればこちらからも海外送金できますが、手順が複雑ですぐに利用はできません。
 まずログイン後に左メニューの「外国送金」を選び、そこに現れる「外国送金の利用申込」というところから、まず必要書類の郵送依頼をしなければなりません。 デジタルでは完結しないのです。
 この書類に記入の上、返送すると一週間ほどして同じ画面に今度は「外国送金先口座の登録」というコンテンツが増えます。 ここから上記テレビ窓口と同様の情報を入力すると『さらに』一週間ほどかかってやっと口座の登録ができます。
 こうなれば、あとは国内の口座への振り込みと同様にUFJダイレクトから送金ができる筈ですが、私の場合、一週間経ってもまだ登録されておりません。 要するにとてもフットワークが重いということです。 なぜなんでしょうねー? 旧東京銀行のプライドは何処?
 
 ということで、どのみち急ぎの場合は冒頭のリアル窓口 or テレビ窓口に頼らざるを得ないかと思いますので、一回で済むようにあらかじめ電話か上記リンクから勉強しておいて下さい。
 そしてとても非常識で不快な対応をなされますので、私の体験談を一度読まれておいた方が精神衛生上よろしいかと存じます。(この対処法として参考資料を'13/1に追記をしました)(さらに'13/9に改善されたと思われる「外国送金Webサポート」についての記事はこちら
 
 実際の送金は、日本で引き落とされれば以後は意外とスピーディーで、時差を含めて同日か翌日の営業日には現地で引き出せるようです(スペインの場合)。
 
 以上のように、振込を海外で心待ちにされている人には、様々な理由ですぐには振込ができないかもしれないと告げると同時に、出国の際にあらかじめ多めの現金とクレジットカード所持の対応が必要です。(まぁ、多めの現金を持ったら持ったで心配なのが海外ではありますが)

| | コメント (2)

バカニュアル対応の深化

 (バカニュアル=バカマニュアル。 既にポテトを注文している客に「ポテトはいかがですか」と言わせた某ハンバーガーショップのセールスマニュアルと、それを機械的にリピートする店員の都市伝説)

 たまには吠えときましょう。 わおーん。
 スペインに語学留学中の息子に三菱東京UFJから月いちで海外送金をしています。 なんで三菱東京UFJかというと、自宅のすぐそばにあるし,自分の口座もあるし,何よりかなりDNAとしたは薄まったとはいえ元東京銀行という海外銀行のプロの血が交じっているからです。

 ところが銀行サイトから海外送金の説明を探すのに一苦労。 この件は改めて別件で述べるとして、呆れたのがテレビ窓口と呼ばれるリモート窓口でのやり取り。
 もともと海外送金は、マネーロンダリング、地下銀行などのの恐れがあり、ゆえにあーだこーだと能書きが多い。 私が貿易をしていた頃はこんなんじゃなかったんだけどね。
 例によって延々と続く免責事項を読ませた後に「同意」や「確認」を押させたり、そして思わずこちらの機嫌が悪くなるのは、その全てが銀行と監督官庁の保身の為で、利用者には全く利益がないことが見え見えだから。

 とはいえ、自ら金握って飛行機に乗って行く訳にも行かないので、渋々対応を続けます。
 最初にプチンと来たのは「送金の目的は?」という質問。
 素直に「留学費用です」と答えたら、「それでは在学許可を示す書類か何かを...」と女が言い出しました。 ああ、面倒くさい。 そんなもん、本人が持って行っとるわい。
 よって突如「生活費です」と言い換える。 
 「でも先ほど留学費用と...」
 「生活費です」
 「でも...」
 「生活費です」
 「...わかりました、生活費ですね」
 それくらいで折れるなら最初から下らん質問するな。 or 返答による対応分岐を質問前に示せよ。 「南欧産の新型ドラッグの輸入代金」とでも答えると思うのか、このバカ。
 『だったら最初から訊くなよ』

 これは四月の話で、五月には別のバカニュアル女が「送金先の息子さん(既に続柄は質問済み)が実際に生活されている人員数とどれくらいの生活費構成かおわかりになりますか」
 これに密かにぶち切れた私は、
 「...さぁ、学校にも行かず、バカなスペイン女と同居して淫蕩生活を送っているのかもしれませんが、詳しいことはわかりません」 
 これに一瞬沈黙したバカニュアル女は「不明ということで...」
 『だったら最初から訊くなよ』

 そして遂に大噴火したのが次の質問。
 「この送金されるお金はどのようにして得られましたか?」
 あほか、こいつは、と本当に思いましたね。 どの世界にお金を払わせる客にこんな失礼な質問をする店員がいるでしょうか。
 「ありがとうございます。2,980円です。このお金は奥様はどうして得られたお金ですか? 体でたらしこまれた旦那様のお給料ですか? それとも主婦売春? 悲惨な内職の日当? 生活保護?」
 みたいなものです。 

 この質問は四月のときにもされ、その時は息子が一年間大学を休学して貯めたお金です、と感情を抑えてきわめて冷静に答えたのですが、二回目となると怒りが収まりません。
 「パチンコで稼いだ金です。 あ、それに競馬も入ってます。 バクチですよバクチ。」と思わずけんか腰になり、さらに「全国の年寄りに電話かけたら大金振り込んで来たんですよ」と続けようとしたら、「給与所得からということで」と打ち切られました。
 『だったら最初から訊くなよ』

 次回、六月の振込には「金持ちから集めた金を貧乏人に高い金利で貸し付け、さらに手数料で得た給与所得です。もしかしてあなたと同業かも」と嘯いてやろうとしたら、次回からは相手口座が登録されるのでボタン操作だけで送金完了するのだとか。 糞が。

 なんで私が、げに下品にブー垂れているか、最後にまとめておきます。
 この仮にも一回3500円の手数料を支払う客に対しての対応が、あまりに常識を欠いているということ。
 普通の日本人であれば、まるで自分が何か悪いことをしているかのような気持ちにさせる対応であることは間違いなく、そしてそれは客本人の為でも送金先の人間の為でもなく、万が一の問題発生時の金融機関の保身、そして金融庁や公安への釈明の為でしかないことです。

 これらのバカニュアル女達にしても、所詮ははかない委託か派遣であろうとは思いますが、だからといって非難できないというのは話のすり替えでしかありません。 恐らくは低くはない彼女達の教育レベルですらこういう非常識な客対応をさせようとする金融機関の横柄さと、マニュアル社会の深化に憂鬱が募ります。

| | コメント (3)

大阪ステーションシティ、天空の農園

Lucua1
Lucua2
Lucua5
 週末は学校のオリエンテーションでJR大阪ステーションシティに。 いえ、遊びじゃないんです。 これも教育の一貫。
 
 個人的にも麻のシャツを通じて伊勢丹とルクア(のショップ)とユニクロのあり方を考察しつつ、一番印象的だったのは「天空の農園」と名付けられた施設最上階、いわゆる屋上でした。
 一つ下の「風の広場」では、周辺で働く人や子連れ、家族連れが食事したりめいめい自由な時間を楽しんでいます。 そしてそこから階段のみで上るとその名も天空の農園という場所があり、エレベーターやエスカレーターが取り付けられなかったのか,或は敢えて取り付けなかったのかは不明ですが,おかげで人が少ない、ちょっと不思議な空間でした。
 
 農園と言っても中途半端なものばかりで、セットされているテーブルセットに座っている人は初老の男性が弁当と広げているだけ。 オープン後一年経ってそのテーブルも土も乾ききっているものの。その静かで淡々と広がる空間が逆に私には新鮮でした。

 「雨上がりの"まち"にいこう。いつもと違う風景があるから」という写真がサイトトップに現れるのも、確かに潤いがあるとこの農園はまた違う風景を提供してくれるであろうことは間違いありません。 って、実は家から15分あればここに来れるので,夕立後にすぐにそれを確かめることはできるんですが、何せ根っからの横着者で,そして多分その頃にはベランダで風呂上がりのビールを飲んでいるであろう可能性が高く...
 
 今回持参したカメラは例のパナの最悪レンズとの組み合わせ。 最悪レンズだけど,こういう大型施設は望遠でないと全く歯が立たないので仕方ありません。 一方、ほとんど隠し撮りのようなさりげない表情と背景のボケ味は望遠ならでは。
 
 下の二枚はそこから撮影したリアル風景と、FSXでのバーチャル風景(飛行機以外は合成無し)の比較。 FSXの世界ではまだステーションシティはありませんから(ヨドバシ梅田店のビルはある)、エンジン付ハングライダーで軽く飛んでほぼ同じ位置から撮影しました。
 建物は左から阪急電鉄本社、ピアスタワー、宝塚大梅田キャンパス、ホテル阪急インターナショナル,新阪急ホテルアネクス、MBS。
Lucua3
Lucua4

| | コメント (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »