« 三年ぶりに風邪ひいた | トップページ | 大阪ステーションシティ、天空の農園 »

鰹のタタキが目眩するほど旨すぎ

 たまにここを読んでいる人から表現が大げさだと言われることがあります。 そうかなぁ、と思いつつ、そいうえば先日鰹のタタキの仕込みをしていて思わず頭がふっと暗くなるくらい旨かったのを思い出した。

 ほんまやで〜

 先日NHKのタイムスクープハンターという番組で初鰹の争奪戦というのをやっていて,「おお、鰹の季節だ!!!!」と思い立ちました。

 いえ、特に土佐に知り合いの漁師がいるとか,秘伝の火の通し方を会得している,というのでもなく、単に薬味の話というか,大根おろしをフープロでたっぷり擦ってたたきの上に乗せ,それにチューブの(今は便利だ)おろしにんにくと紅葉おろしを混ぜ込み,その上からポン酢をドバドバっとかけて、あとはラップして冷蔵庫で暫く寝かせます。
 風呂に入ったり,夕方の仕事を終えた後,おもむろに冷蔵庫から出して軽く混ぜた後,さらに刻みネギをたっぷりかけて、さらに色のアクセントの意味で七味を軽くかけます。 そして一切れぱくり。

 おおっ。 おもわず一歩後ろずさりせざるを得なくなるほどの旨味。

 ほんまやで〜

 それは三週間ほど前の話で、旬の鰹も水温が高くなる六月や七月になるともうだめだから、と昨夜再度献立採用。 いつものスーパーには無かったので,ダイエーにまで再度でかけて三パックゲット。

 そして再び風呂上がりに味見したら、一瞬貧血状態。 クラクラっ、クララが立ったわ?!?! 
 旨い,旨すぎる。 スーパーで売ってるタタキでもこれだけ旨いとは。 特に皮の部分にしみ込んだ濃いめの風味がたまりません。 ビ、ビールも旨すぎ。

 ほんまやで〜

|

« 三年ぶりに風邪ひいた | トップページ | 大阪ステーションシティ、天空の農園 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三年ぶりに風邪ひいた | トップページ | 大阪ステーションシティ、天空の農園 »