« スーパームーン | トップページ | こんな英語本、もういらない »

家呑みのつまみを断つ

 大型連休中、疲れていたのか(いや、そんな筈は無いんだけど)ある夜、酒も飲まずにひたすら寝ていた日がありました。 そして翌朝、何気なく体重計に乗ってみたら、いつもなら現状維持なのに1kgきっちり痩せていました。
 
 およ? やっぱり酒がいけない?
 
 でもタバコに続いて酒もやめるってのは、それでなくても事実上一日一食の生活なのに、何にも摂取の楽しみがなくなるやんか。 それはいくら体のためとはいえつまらない、と、往生際悪くネットでいろいろ検索。
 
 すると確かに酒はアルコールなのでカロリーにはなるんだけど、それ自体は体温上昇、つまり酔いで真っ先に消化される「エンプティ・カロリー」と呼ばれて肥満には直接繋がらないのだとか。 ふんふん。
 しかも私が愛するバーボンと焼酎は蒸留酒なので糖分が少ない。 ちなみにビールは糖分70%カットのキリン淡麗グリーンラベル。(ビールじゃない、発泡酒だ)
 
 なのになぜ? つまみなんて文字通り本当に摘む程度しか取ってないのに。
 と思ったら、実はこの酒が何よりも先に代謝されてしまうことが落とし穴で、それにより少量のつまみですら内臓脂肪として残ってしまうんだとか。 ぎょぎょ。
 あ、でもそれ、非常に思い当たる節あります。 スナック菓子は滅多に取らず、野菜だったり、比較的ヘルシーな煮物の残りだったりするのに、体重がなんで現状維持、あらんことか微増なのかと。
 
 ということで、それから夜の家のみをやめ、られるわけがないので、つまみを断つことにしました。 といっても、それは胃にも良くないし、何より根っからの根性無しですので、苦肉のこんにゃく探し。
 二年前もそんな話を書いてましたが、このときのこんにゃくはあまり美味しくなく、そしていつの間にか商品棚から姿を消してしまいました。

 まぁ、普通の板こんにゃくさえも最近はあまり生臭くなく、そのせいかどうか、逆に以前必ず売り場に並べてあった刺身こんにゃくってのが見当たらなくなりました。
 それはともかく、最近見つけたのが写真の二種類。
 
Konnyaku2
 封を切られている方(で今、食しているという)は海藻付。青じそドレッシングバージョンもあり。 が、こんにゃくだけでも十分美味しく食べられます。
 もう一つは、何よりメーカーはネーミングに注目してほしいでしょう。 「こんにゃく発表」 ははは...
 形状が特徴的で、ボリュームもあるので酔いが進んで食欲が深まっても十分胃をごまかせます。
 
 両者に共通なのが共に表面に波を打たせたり、多数の溝を切って、たれや醤油の味が絡みやすくしているしているところで、確かにこれはこんにゃくの弱点だけに頷ける工夫です。
 
 現状で体脂肪率は15〜16%程度。 それ自体は不満じゃないけど、マイナーチェンジしてウエストの位置が変わったリーバイスの505が正直少しきつく感じつつあったので、これは許せない。 取りあえず酒はまだ呑みつつ、これらのこんにゃくと水泳でもう少し頑張るとしましょう。

|

« スーパームーン | トップページ | こんな英語本、もういらない »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スーパームーン | トップページ | こんな英語本、もういらない »