« 帰宅難民になりかけたけど | トップページ | FSXにはまりまくり »

今年もやってきました、UTの季節

Uniqlo12_1Uniqlo12_2Uniqlo12_3 そろそろ収納する場所が無くなりつつある私のユニクロ企業コラボTシャツ(&その他)。 もう要らんだろうと思いつつ昨年もこの季節に買ったのを思い出し、よせば良いのにアクセスしたら、なんと銀座店オープン記念でTシャツが980円! こ、これは買わネバダ、ということでまたまた一万円近くのポチットな。
 
 と言っても、その内の何着かは先月末にスペインに旅立った息子の普段着用で、鳥好きであるゆえに、キョロちゃん、ウッドストックは息子用。 これはどうかなぁ?と最悪私が着ようと思っていたT.T.チョッパーのパーカーも「気に入った」と、お召し上げ。 そしてこれでは娘が拗ねるだろう、とウッドストックのスウェット。
 
 結局私の手元に残ったのは、昨年とは柄違いのウイルキンソン、ロッテクールミントがなかりぼろくなって来たので青Tシャツの補完として牛乳石けん、そしてシュローダー(昔はシュレーダーと呼ばれてたんだけど)とルーシー、そしてなぜか注文ミスで一枚余分に買ってしまった息子用と同じウッドストックのTシャツ。 やっぱり酔って夜中に買い物すると、こういうミスが起こり易いので注意注意。
 
 で、このウッドストックTシャツの"Talk is cheep"というコピー。 最初は単に踊るウッドストックを見て「話はつまらないから踊ろうよ」というくらいの意味だと思ってたら、キース・リチャードのアルバム名だったんですね。 深いな。
 こちらの意味は「口先の言葉に重みはない/口では何とでも言える」というふうに訳されているようです
 
 でも、あれ? なんかおかしいぞ? と良く見たら、キースの方は"cheap"で、ウッドストックは"cheep"。 "cheep"ってなんじゃらほい?と調べてみたら『(ひな鳥などの)ピヨピヨ鳴く声; (ネズミなどの)チューチュー鳴く声.擬音語(三省堂新英和)』ですって。
 「お喋りはピヨピヨ」という意味になってしまうパロディ。 深い、深すぎる>アメリカのキイロイトリ

|

« 帰宅難民になりかけたけど | トップページ | FSXにはまりまくり »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 帰宅難民になりかけたけど | トップページ | FSXにはまりまくり »