« 2012年アニメ1st.シーズン「その他」 | トップページ | Bフレッツ網の終焉 »

悩ましいのである

 ここ数日、夜中にwebを彷徨い、Excelに入力してはため息をつき、翌日になってそのままポチットしなかったことに安堵している案件が一つあります。
 
Msfs それはこれ→。
 MS FSX、マイクロソフトフライトシミュレーターでございます。
 
 メカ好き、スイッチ好き、メーター好き男子としては鉄道よりも飛行機はその頂点。 ゲーム大嫌いを自認する私ながら、「電車でGO!」「ジェットでGO!」だけはやっていた、と書くとその例外ぶりが分かって頂けるでしょうか。
 余談ながら、私が決定的にゲーム嫌いになったのは、その「ジェットでGO!」で新規パイロットを設定した途端にこれまでのデータが全部消えてしまったことに対する、いえもっと詳しく怒るなら、その程度のユーザーインターフェイスアルゴリズムしか組まれていないソフトウエアに、延べ何十時間も費やしてしまったことへの後悔と怒りが原因だったりします。
 その後このゲームはくそゲーの代表作の一つとして数えられたことを知って納得するやらなんやら。
 
 その当時から本格的なフライトゲームとしてFSXの存在は知っていましたが、何よりのWindows or Microsoft嫌い。 なんだかんだで十年近くが過ぎてしまいました。
 
 そして気がつけば身の回りにB787や自家用機のパイロットが現れ、いろいろな話を聞くに及ぶとやはり断ち切れないメカ好き男子の血。 空とメカとどちらが好きかと問われれば、正直メカ、と答えさせて頂きます。
 何より時は流れ、MacでもWindowsが走るようになり、加えて今更アンチWindows or Microsoftでもなかろう、という気持ちになったことも事実です。
 
 マイクロソフトフライトシミュレーターは既に新規開発を終え、存続しているのは"X"という最終バージョン。 価格は一万円を切りますから、何も知らない人は「四の五の言わずに買えば良いじゃないですか」と言いもします。 が、事情はそう簡単ではないのです。
 
 何よりこいつはリアルタイム3Dレンダリングゲームで、CPUよりもむしろグラフィックカードの性能が重要です。 そしてそんなマシンを私は持っていませんから、その選定と金策から考えねばなりません。
 そしてそれのみならず、イギリスのSaitek社から出ている様々なコントロールの類い。 いや、むしろこっちの方に胸がドキドキしてしまうのです。
 
 Macでグラフィックカードが凄いのはMacPro。 でも高い。 グラフィックカードに凝るとさらに高い。 モニターも要るじゃないの、と考えると、ある夜のAppleストアの見積りが70万円以上。 酔ってはいたもののさすがにポチットなは理性の左手が熱情の右手を押さえることで防ぎました。
 
 一方で再廉価のMac miniならどうよ、と調べたら、実装グラフィックカードのRAMが256MBしかない。 惜しい!!!!
 あ〜あ、こりゃ無理だわ、とあきらめかけた頃に目についたのがiMacの27inch.モデル。
 これはAMD Radeon HD 6970Mに1GのDDR5メモリを搭載しており、恐らくこれなら少なくともシングルディスプレーである限りは問題ないでしょう。 何より2,560 x 1,440ピクセルという、はっきり言って他に使い道無いだろうという程の映像空間が素晴らしい。
 
 でもそんなこんなをExcelで積み上げて行くと20万を超えてしまう遊びになってしまうのであった。
 
 ほんに悩ましい...

※2012年5月以降、FSX関連の話題はこのblogの分家へ移動しました。

|

« 2012年アニメ1st.シーズン「その他」 | トップページ | Bフレッツ網の終焉 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

 はいはい、噂の後継システムですね。 ロゴ等を見るとちゃんとマイクロソフトが後ろ盾になっているようです。
 でもハワイ周辺だけ、しかも軽飛行機(メチャクチャ未来的な飛行艇がありましたけど)だけですから、拡張キットを含めたXの世界に到達するまでは、またそのときどれくらいのコストになるのか、暫く様子見だと思います。
 
 ただ、将来の動作環境をどこあたりに見据えておけば良いのかは良い勉強になりました。
 
*CPU: Dual Core 3.0 GHz
*GPU: 1024 MB ATI Radeon HD 5670 or 1024 MB NVidia GeForce 9800 GT or equivalent
*HD: 30 GB Hard Drive space
*OS: Win7 SP1 64-bit operating system
*RAM: 6.0GB

 これなら今考えているiMac+オプション構成でクリアできるなぁ...と考えつつ、日曜日には取りあえずソフト本体と空港攻略本が届きます。 読んでない本をこれ以上ためてどうする、と反省しながら。

投稿: あやおば | 2012年3月 3日 (土) 23時01分

先月出た最新版は無料ですよ

以下はトレーラーです
http://youtu.be/q-JluDG-OSE

投稿: t2 | 2012年3月 3日 (土) 15時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2012年アニメ1st.シーズン「その他」 | トップページ | Bフレッツ網の終焉 »