« 当たり前だけど肝心なことは行動だ | トップページ | FSX用iMac、GPUとVRAMのチカラ »

やっぱりでっかいFSX用iMac 27in.

Imac_1
 やっとFSX用の本体、iMac 27inがやってきました。
 VRAM容量を1GBから2GBにしたのと、キーボードをいつも通りUS配列にした為に結構日数がかかった訳です。
 RAMも最低限にして、秋葉館で購入。 最新のMS Flightでは6GBを推奨していたのでノーマルの4GBに+4GBと思ってたら... 2GBと4GBのSO-DIMMの価格差ってほとんど無いんですね。
 というわけで4GB+4GB×2で、12GBになってしまいましたとさ。 いえ、20年前なら12MBで大喜びしていたんですが、1000倍です。
 
 先の付属品の時と同じく、午前中に来たパッケージをこれまたそそくさと車に載せて事務所に搬入。 午後は「ちゃんと」仕事して、酒の誘いを断って夜からセッティング開始。
 27inch.の大きさは半端じゃございません。 自宅の自室なら間違いなく置く場所ありません。 置けたとしても視線の距離とか全く実用にならないということです。 やっぱりこの大きさは業務用です。
 
 ずっと遊んでいた予備の机の上から置物状態のSE/30を移動。 まずは広い場所を確保した後にiMacのメモリ追加をする訳ですが... 重い!!!! 大の男でも少々冷や汗をかきます。
 それでも何とか無事にメモリを追加し、慎重に本体を起こしたら後は普通のMac。 様々な設定が面倒なので、メインマシンであるG5 Quadからバックアップも兼ねてデータ移動。 そしたらFireWire 800経由でも3時間越え。 まぁ、何から何まで移設してくれるのでありがたい話なんですが。
Imac_2
 落ち着いてアプリケーションを立ち上げてみると、改めて広い、2560×1440の脅威。 実は学校でもこの大きさのiMacは使っていますが、接続している授業用プロジェクターの関係であまりこの大きさで操作したことが無く、改めて驚きます。
 PhotoShopのパネルまでが日頃使っている17in.モニターでの作業空間。 倍近い空きスペースが右側に残されています。
 
 ここで時間切れ。 BOOTCAMP〜Windows7、肝心のFSXのインストールは持ち越しとなりました...


※2012年5月以降、FSX関連の話題はこのblogの分家へ移動しました。

|

« 当たり前だけど肝心なことは行動だ | トップページ | FSX用iMac、GPUとVRAMのチカラ »

ゲーム」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 当たり前だけど肝心なことは行動だ | トップページ | FSX用iMac、GPUとVRAMのチカラ »