« FSX用iMac、GPUとVRAMのチカラ | トップページ | ドコモimode.netの低レベル »

とりあえずFSXをインストール

 娘の高校の入学金だとか、学校のサーバーのコンテンツ更新とかで身の回りが騒がしくなりつつある中、唯一の(?)救いはフライトシミュレーターX。(それも悲しいな)
Fsx_screen 

 前回のお試しインストールで時間がかかるのがわかっていたので、今回は覚悟の上で、前回は実施しなかった「栄光の翼」もインストール。
 立ち上げるとご覧の大きさ。 おいおい、何の為の27in.モニター?と焦りましたが、実際にゲーム画面になると4:3ではありますが、えっとだから1920×1440のフル画面表示されます。 画面描画クオリティもハードウエアの状況をFSXある程度自動で設定するのか、かなりハードルの高い設定になっていました。
 
 例えほんのちょっとのつもりでも、キーボードではどうしようもないのがわかっていたので、取りあえず別途先に用意していたSaitekのヨークシステム(要するに操縦桿とスロットルレバーがセットになったもの)をインストール。
 すると前回コントロールできなかった初歩チュートリアルミッションのいくつかを無事終了することができました。 でもやっぱり旋回の制御は難しい。 キーボードの時より遥かにましとはいえ、やはりいわゆるタコ踊りに陥りがちで、この辺りは今後の修行が必要です。
 
 Saitekのパーツは他にも複数購入してあるんだけど、取りあえず基礎レベルでまともに飛べるまでは必要無いかな。
 で、やはりというか予想通りというか、こういう道楽を事務所に持ち込むと、家に帰らなくなる恐れあり。 別にいいけど♪(by Hikaru Utada)。


※2012年5月以降、FSX関連の話題はこのblogの分家へ移動しました。

|

« FSX用iMac、GPUとVRAMのチカラ | トップページ | ドコモimode.netの低レベル »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« FSX用iMac、GPUとVRAMのチカラ | トップページ | ドコモimode.netの低レベル »