« Colaのハッピー缶が夜中に突然当たった | トップページ | カニカニはまかぜ »

残念なFMトランスミッター

 最近MIATAでもC200でも、iPod touchを持ち込んでカセットテープアダプター経由で音楽を流すことが癖になっていました。 先日、そんな調子でMIATAからアダプターを取り出そうとしたら、あら、プレーヤーに入ったまま。 そっか、イジェクトせずに車を降りたんだな、とACC電源を入れてボタンプッシュ。 あれ?出てこない。
 耳を澄ますとプレーヤーは一応アダプターを吐き出そうと、ウニャ、カチャ、と音は発しています。 でも出てこない。 あ〜。
Miata_audio 
 カセットテープ挿入口から触診してみると、どうもヘッドやピンチローラーが噛み込んだままのようです。 マイナスドライバー等を差し込んで無理矢理出しても良いんだけど、MIATAのこのプレーヤー、一応'89オリジナルで、細かい自慢を書くと、フロントパネルは"MAZDA"のロゴ入り北米仕様。 ただし、これはフロントのスイッチ、表示部分のみで後ろの本体部分はEunosロードスター用の日本国内用に換装してあります(FMの周波数帯の違いの為)。 つまりめっちゃ金かかってるのと、本格的に壊してしまうと恐らくパーツはありません。 ちなみに写真は無病息災の時に撮影したものですが、上部のCDプレーヤーは一度新品に交換したにもかかわらず、また壊れてしまいました。
 
 困ったもんだ、とぼやきつつMIATAで十分ぐらいの家電量販店にブルーレイディスクを買いに行き、その間もしつこくカセットアダプターのイジェクトを試みるもやはり駄目。 が、その量販店でちょっと理想的と思われたiPod用FMトランスミッターと出会いました。
 
 この手のトランスミッターは殆どが電源確保のシガーライタープラグと一体化されていて、C200のように灰皿リッドの中に組み込まれたシガーライターと形状的な相性を選ぶことになりますし、何よりぶさいく。 そもそも私の場合、今ではiPodの充電が切れる程の長距離に行くことが無くなってしまい、つまりはiPodの電源で稼働するトランスミッターがあれば、MIATAに取り込まれたカセットアダプターの代役になれるのに...
 
 と思って店の中をうろついてたら、ありました。
 ELECOM LogitecのLAT FMiS05という商品。 シガーライタープラグの充電アダプターも付属しつつ、基本はiPod電源を利用するスタンドアロンタイプ。 素晴らしい。
Fm_transmitter 
 送信周波数も... —中略—
 
 音悪ぅ...
 C200で実験したら、何より音量出力が低すぎて、車側のボリュームを思い切り上げないといけませんし、そうなると当然S/N比が悪くなります。 iPodコネクター接続ですから、接続直後にiPod側の音量は最大になりますから、あ、そんな難しい話じゃないです。 とにかく素人目、否、素人耳にも音が悪過ぎです。
 
 がっかり。
 またカセットアダプターを買うか、と思いつつ、そもそもこのMIATAの生け贄となったアダプターですら、殆ど流通在庫の沈殿物のような状態でしたから、もう見つからないかもね〜〜
 
 あれ? その量販店でまずカセットアダプターを探してみなくちゃいけなかったんじゃないの?>自分 ボケとるなぁ...

|

« Colaのハッピー缶が夜中に突然当たった | トップページ | カニカニはまかぜ »

音楽」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

 気まぐれというかなんというか、先日MIATAがこのカセットアダプターを吐き出してくれました。 これ幸いとC200(W202)に積み替えてiPod touchを鳴らしてみたら...
 あら? なぜか音が出ずに吐き出すばかり。 あとで自宅オーディオで試したら音は鳴ったので、どうもこのアダプタとCのオーディオの相性が悪いようで。
 うまくいかんな〜

投稿: あやおば | 2012年3月24日 (土) 04時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Colaのハッピー缶が夜中に突然当たった | トップページ | カニカニはまかぜ »