« 悩ましいのである | トップページ | AppleキーボードでMS FSXは無理!! »

Bフレッツ網の終焉

 今年度は学校のネットワークの速度改善にずっと頭を悩ませていた年度でもありました。
 何より最大の原因は今春卒業する学生達のヘビーなネットワークの使い方。
 
 Skypeのおかげでルーターがダウンしたのも彼らが原因だし、twitterなどのSNS系、YouTube系派生の自動検索アプリなんかが彼らが学校に来てMacを開いた途端にバックグラウンドで一斉にネットワークにむさぼりつくわけですから、その被害は甚大なものでした。
 
 それに対してはルーターを交換したり、ポートを絞ったり順次対応したもののもう限界。
 が、ある夕方、彼らが全員下校した後でもネットが遅いことに気がつきました。 この教室は7〜8年前に引いたBフレッツ(現在のISPはKOCOE)で、現在では我々の部署の三教室が利用しています。
 試しにルーターを切り離し、終端直下でダイレクト計測したら平日の夕方で下り5MB、上り30MB程度。 え〜、ADSLですかぁ?? 敷設直後は60Mbpsとか、今の私の自宅の環境であるプレミアムマンションタイプくらいは平気で出ていたのにぃ?。
 
 他にもいろいろ条件を変更して論理的に検証してみても、やはりBフレッツの遅さを否定することができませんでした。
  
 んで最近、別件で光プレミアムだとかネクストの情報に触れることが多く、これらの共通キーワードはNGN。 そしてどうもNTTは新規、既存のBフレッツ利用者を問わずこちらに呼び込みたいような姿勢がはっきり見て取れます。(NTT西日本が通常の光ネクストの倍速のサービスを同価格で提供している等)
 そして我々最終利用者の与り知れない上流の方で、Bフレッツ網の接続優先度が下がっているのかもしれません。
 
 てなことで、この春休み中にはなんとか回線をNTTならネクスト、さらに他事業者も含めた1Gbpsにアップグレードすべく現在奮闘中。
 
 一方で学生の授業中の使い放題感覚も別途対策法を探っています。 ネットワーク資源もタダではないのである。 これについてはまだ紆余曲折あると思うのでまた後日。

|

« 悩ましいのである | トップページ | AppleキーボードでMS FSXは無理!! »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 悩ましいのである | トップページ | AppleキーボードでMS FSXは無理!! »