« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

54歳の時計物語(4:天賞堂)

 さぁ、こうなると時計選びのリズムが急速に弾み出します。
 
 天賞堂というブランドでありながら、針がいっぱいついて、アラームも鳴って、ムーンフェイズもついているグランドコンプリケーションが、オンラインショップでたったの11〜15万円程、ムーブメントがクオーツのせいもあるけど、少なくともpenの印刷やwebの画像を見る限り、これって他じゃゼロが一個多い時計じゃない?と思う出来です。
 ボタンを押せば時間を音で知らせてくれるミニッツリピーター機能なんて、機械好きにとっては最高のガジェットじゃないですか。
 
 が、ここで暴走してはなりません。
 果たしてこれで良いのか、本当に自分が描く自分に似合っているのかも顧みなくてはなりません。(いや、ま、そんな大層なもんでもないんだけど)
 いつも学校で一緒に働いている専任の教師などとたまに腕時計の話をしていて、やはりクリエイターにはプリイティブともいえるシンプルなものが良いですね、というのを思い出し、しばらく前に私が普段使いしている腕時計(これが香典返し替わりのカタログギフトで選んだCASIOなんだけど、これについては面白いオチがあるのでまた後日)を見て「こういうのが良いですよねぇ」と言ってくれたりもして。
 
 となると、グランドコンプリケーションって私の流れじゃないんだよな〜、と気がつきました。
 いや、そもそももとから憧れていたTiffanyの腕時計もそんな凝ったものじゃなく、秒針が独立したクラシックなものでした。 うんうん、母の生き形見であるわけで、ここは後悔しない品選びをしなくてはなりません。 なんてぶつぶつ考えながら同じ天賞堂の通販サイトを回っていたらシンプルシリーズというのを見つけました。
 いいじゃないですか、めちゃプリミティブ。
 説明を見ると三針式って時計屋さんにとっては一つのこだわりなのだということを知りました。 そういえば今でも時々腕にする祖父の形見(というか単に遺品)の時計は秒針が別で、それを見た時計に詳しい人が、当時は秒針も一つの支点にまとめるのが技術的に難しかったからだ、と説明してくれたのを思い出しました。
 
 う〜ん、ややこしくて、しかし手入れが不要のクオーツのグランドコンプリケーションに後ろ髪を引かれつつ、これにするかと、価格を見たら、最初に惚れたゴールドは60万円弱。 ひょえ〜、さすが24金!! そして後ろに控えしステンレスバージョンは17万円弱。 ああ、ここでもTiffanyのヤクザ姉妹と同じく甲斐性なしを遮る壁があろうとは... ほんに都々逸の一つも捻りたくなるこの皮肉。
 価格も三針+日付+ステンレスなのにグランドコンプリケーションをオーバー。 自動巻だからでしょうかねぇ、ムーヴメントはスイス製だそうですが。
 
 まぁ、良い。 グランドコンプリケーションもユンハンスもまた機会があれば買いましょう!
 とにかくは、決断の上、母に見せねばなりません。 と、深呼吸の末、腹に力を入れてポチっとなをしようとしたら、ステンレスバージョンはオンラインショップでは在庫切れ
 年末年始にかけて二回このショップ上から次回入荷の問い合わせメールを送信するも返信無し(その後、二度とも返信しましたが、と丁重な連絡を文章で頂きましたが、迷惑メールフィルターにも引っかかっておりませんでした)。 しびれを切らして銀座本店に電話で確認したら、再入荷の予定は今のところ無く、店頭在庫のみということがわかりました。
 
 またもや販売中止?? Tiffany姉妹の悪夢が頭をよぎります。 もう愛する人を誰も失いたくはありません(そういう話では無いだろう、と思いつつ)。 天賞堂は本店と横浜以外に店舗は無いので、これはもう日帰りで銀座に行くしかないかと思ったら、なんてことはない「電話で通販承ります」と、なんとも昭和な解決方法を教えてくれました。
 
 ということで、佐川急便のカード決済、突然手元に天賞堂の時計がやって参りました。

 さらに続編に続く♪
Tenshodo02

| | コメント (0)

54歳の時計物語(3:天賞堂)

Tenshodo_angel そうなんです、天賞堂です。 NHKのブラタモリを見ている方なら、番組途中の「ブラタモ写真館」のタイトルバックに出てくる、あのお尻をこちらに向けて横の道路を覗き込んでいる天使が敷地角にいる銀座のお店、と言えばおわかりかもしれません。
 
 小学生の頃、TMS(鉄道模型趣味)という雑誌を通して、当時主流だったHOゲージの現実というか、価格を知り絶望を知りました。 一ヶ月の小遣いが300円とか500円の時代に数万円の模型は、誇張抜きではるか天空の彼方の孤高の趣味としか見えませんでした。
 だからこそ子供たちは、その後に出た走行系以外はオールプラスチックで、比較的廉価なNゲージに走った訳ですが、それはともかく、そんなHOゲージのモデルメーカーの中にあってトップブランドだったのが天賞堂だったのです。  その当時から機関車一台十数万円という価格があたりまえで、子供心にこの先恐らく一度も自分の手にすることは無いだろうと思っていました。
 
 それを変な形で実現してくれたのが中学から高校時代にバイトしていた大阪の交通科学館(現交通科学博物館)。 今でも訪れる人たちの大人気である、例の大レイアウトで使用する模型のメンテナンスで多数の天賞堂製品を手に取ることができました。 ただし、この作業は私があまりに仕事の能率が悪かったために取り上げられました。 まぁ勝手に編成組み替えたり交流区間を想定して片パンタにしたり、ヘッドマーク取り替えたりしてたから当然と言えば当然ですが...
 んで、主に清掃や切れた蛍光灯の取替、故障した展示物の修理の仕事に回されました。 しかしここはマニアにとっては面白いものが山盛りのバイト先。
 
 まずは、同じ鉄道でも縮尺が1/20位の大きな車両模型。 全てではありませんが天賞堂製が多く、さらにワンオフですからその清掃には非常に気を遣ったのを覚えています。 さらに感動したのがライト兄弟以降から当時最新鋭機だったB747までのオールラインナップの航空機模型の殆どが天賞堂製で、その全てに小さいけれど明確な製造プレートがついていたのは感動しました。
 
 その頃になって天賞堂が単なる鉄道模型メーカーではなく、明治時代から続く高級貴金属店であることを知りましたが、私としては鉄道模型だけではなくこういう木製のディスプレイモデルまで手がけていたことの方が驚きでした。
 今でも悔やまれるのが、当時博物館建物の一番奥の作業部屋に置いてあった天賞堂製コンコルド。 それも当時実際にオプション注文まで入れていた日本航空のカラーリングで、尾翼にはブルーストライプに斜めにした日章旗、そしてサイドにもブルー&ホワイトの時代。 ああ、時代が少し違っていればこの機体が日本と世界の大都市を結んでいたかも、です。
 表の展示から外されてこの裏方の部屋に放置されていたので、捨てるのならくれ、とかなり粘りましたが、立派な資産だし、当時でも一機十数万円程したとかで、そう簡単にはいかん、と断られました。
 
 なぜ大阪の博物館に銀座の天賞堂の模型があったのか、今になって考えてみると、東京神田にあった交通博物館に倣ったのかもしれませんし、或は当時、展示に耐えうる模型は(たとえ高価であっても)天賞堂しかなかったのかもしれません。
 
 おっと、つい変な方向に話が流れてしまいました。
 そんな天賞堂の時計だから、さぞかしお高いんでしょう?と思ってそのpenの記事の末尾の価格を見たら、へ?11万円? 一桁違うんじゃない? とサイトを見てみたら、オリジナルウオッチは全て適切というか、納得がゆく価格ばかりで驚きました。
 う〜ん、良いかも...

 さらにさらに後半へ続く♪

| | コメント (0)

54歳の時計物語(2)

 長年の憧れていた腕時計姉妹を失ってしまった私は、一方でふつふつと浮かび上がる予算横領の疑惑をかわすため、新しいターゲットを見つけなくてはならなくなりました。
 
 毎号買っている雑誌penは、どういうわけか腕時計がらみのスポンサーが多く、しかしてその殆どが数百万円単位。 安くて50万円程。 あほかいな。 そんなん買えまっかいな。 
 ああ、そうそう、先の姉妹のグラフィックが無いので、そもそも私がどんな時計が好みなのか分かりませんよね。 好みは極端に分かれていて、鐘や太鼓(?)でアラームが鳴る針がいっぱいついたコンプリケーションか、せいぜい日付カレンダーがついている程度のクラシックかつシンプルなもののどちらか。
 コンプリケーションは大概高価なので、ここは消去法でシンプルなものを探します。
 
 そこでそのバブリーなものしか紹介しないpenで、そっと紹介されていたのがバウハウス時代のデザイナー、マックス・ビルの手によるユンハンスシリーズ。 これはかなり心を惹かれました。
 私は三歳のときに患った骨髄性小児まひの影響で左手の手首が少々細く、文字盤があまり大きいと手に(腕に)あまります。 そんな中、ここの34mm径の手巻き皮バンドものは最高だったんだけど、え?手巻き? う〜ん、渋いっちゃぁ渋いんだけど...  じゃぁ自動巻の方は、ってぇと、ちょいと径が大きくて、間延びした印象。
 そもそもこのレトロ感は旧東ドイツの取り残された感でもあり、もともとのTiffanyの憧れ嬢に比べるとあまりにじじむさい。 この辺りのさじ加減が誠に微妙で、アニメ「へうげもの」の侘び寂び世界。
 
 そう、この手首の細さが無ければスカーゲンで決まっていたかもしれません。 この薄さ、最高なんだけど、いかんせんスカーゲンはボディからベルトに連なる部分が優雅な曲線を描いているがために、私の手首だと余ってしまうんですね、試装着の結果。 もちろん女性ものならなんとかなるんですが、それは今回の母の援助というのを考えるとちょっとイレギュラーすぎるかな、と見送りました。

 その後、三宮辺りの店を回っても、どうにもしっくりしたものがない。 そして年末の休みに、これまたpenの12/1号をパラパラめくっていたら、なんとこれまで(私が覚えている限り)penでは扱われたこと無かったんじゃないの?という天賞堂のグランドコンプリケーションが非常に美しい写真とともにバーンと扱われていました。
 
 天賞堂?まさか、と調べたら、そのまさかの天賞堂。 あの超高級鉄道模型、HOゲージの蒸気機関車一台が35万円の天賞堂です。(そこかい!と突っ込んでください)
 
 さらに後半へ続く♪
Tenshodo01

| | コメント (0)

54歳の時計物語(1)

 金土日と毎晩子供時代からの友達を中心に呑んでいました。 いや、さすがに月曜日はフラフラ。
 で、暫くここの更新が滞っており、お詫びも兼ねて大ネタ連載。 かな?
 
 簡単に書くと、要するに生まれて初めて十万円以上の時計を買った、というお話です。
 
 ことの発端はほぼ半年にも及ぶ前、母親が私を呼びつけて封筒を一つ手渡しました。 曰く「形見分けである」とのこと。 今から遡ること数十年前、母親が銀行を定年退職で辞めた時、長年の夢であったオメガの時計を約十万円程で購入。 まぁ、それからまた一本それくらいの腕時計を買っているんだけど、それらは全て当然ながら女性ものばかり。
 つまり、このままでは母が死んだ後、私にあげる時計が無い、ということで封筒内には十万円が入っていました。
 
 いえいえ、それどころか放蕩、浪費、親不孝の責めを負うべく、私があの世に昇った暁には親戚縁者の前で土下座のあげく、先祖に袋だたきにされても文句は言えない跡継ぎですから、そんな勿体ないものはとてもじゃないと固辞したのですが、それはそれ、私の粋を通させろ、とのこと。
 
 さいですか...
 
 小生意気な本によると、男は死んで息子に受け継ぐ時計を中高年で買っておかないといけないとかなんとか。 いえ、私もこのブログ右上にリンクされているプロフィールにあるように、百数十万の腕時計に一目惚れしたこともあります。
 しかしプラチナボディだったその時計は、ステンレススチールになって「たったの(!?)」23万円になりました。 私は以前からこの百数十万の腕時計のことを、たまたま街で見かけて一目惚れした美人がヤクザの女だったようなもの、と形容しており、それが約五分の一の値段になったことでちょっとヤバ目ながらその妹で我慢しようとその時心に決めました。
 とはいえ、その妹を身請けするにもまだ十数万円足りません。
 
 てなことで少しでも加算するお金を貯めるうちにも時は経ち、一方でいつまでも与えたお金で買った時計を見せに来ない息子に、母は姉との会話でどうやら私がその十万円を使い込んでしまったのではないかという説になりつつあるとの噂を察知。
 いや、なんでやねん、そんなんめっちゃトホホな息子やんか。わて。
 
 母も八十歳を超えいつまでも元気である訳も無く、仕方ないな、足らずはちょっと無理して工面するかぁ、とヤクザの女の妹の腕時計サイトを訪れました。 
 ところが、なななんと、その妹分も販売中止になっておりました。 いえ、面白おかしく書いていますが、本当はこの事実を知ったときにはかなりショックを受けました。 ほんと、大声上げて天に向かって泣き叫びたいくらいに。
 ああ、許しておくれ、妹分。 あっしの甲斐性がないばかりに、お前を身請けできなかったよ... あっしが色男だった故に金も力も無かったよ... ウルウルウルウルウル。
 
後半へ続く♪
Tenshodo00

| | コメント (0)

久々にガスで米を炊く

 先の七草がゆの時、うちのガスコンロにはご飯やおかゆを炊く機能がついているのを思い出して、手持ちの鍋で作ってみました。 それはそれで美味しかったのですが、炊き汁が吹きこぼれるは、あげくの果てに耐熱ガラスの筈なのに、蓋にはヒビが入るわで結局鍋を買い替える羽目に。
 
 候補は以前このガスコンロを買い替えた時から気になっていた炊飯可能な大阪ガス純正鍋、品番 4111-H001。 ネットでは見つけられず、結局近所の大阪ガスの代理店で取り寄せてもらいました。 マイナーチェンジがあったようで、現在流通しているのは品番 4111-H002 になっていました。
 価格は値引き無しの税込み四千円程。 高いな〜、と値切ってはみたものの定価販売。 私の不満を察してか、割引代わりのサランラップやら乾麺やら、イベントの余り物らしき粗品を頂きました。
 
 帰って開梱してみると、鍋内側は蓋内側も含めて全てフッ素樹脂加工。 重さや質感も含めて高いだけの理由はあるのかな。 ただし「米を炊くこと以外には使用しないでください」とあります。 げげっ! と驚きつつ、早速米よりも先に糸こんにゃくのきんぴらを作ってしまいましたけど...
 
 で、昨日、非常勤仲間から餅米や麦入り米を貰い、ちょうど家のジャーが空だったのでいよいよ鍋によるガス炊飯に初挑戦しました。
 米はいつものもので、そこに上の餅米を20%混合。 あれ?少し多かったかな?
 鍋炊飯の欠点は、米を研いだ後、30分から1時間寝かせておかなければならないこと。 急ぐ時は浸け置き禁止の電子ジャーで炊く方が賢明ですね。
 ただし昨夕は時間に余裕もあったので、買い物と夕風呂の間に浸け置き完了。 ちょっとわくわくしながらガスコンロを炊飯にセット。 見事に「最初ちょろちょろ中ぱっぱ、赤子が泣いても...」のセオリー通りでした。 三つあるバーナーの最も小型を使っているにもかかわらず「中ぱっぱ」時の沸騰ぶりがすごい。 
 時間は蒸らしも含めて1時間弱、いつも使っている電子炊飯ジャーと同じくらいでした。
 
 コンロの発する電子音で炊飯完了。 早速ふたを開けてみると、お〜、懐かしのカニ穴が!!!!
 二十年近く前まで、ずっと使っていたガス炊飯器が壊れるまでは当たり前の風景でしたが、今使っている電子炊飯ジャー(これまたパナ)も、決して安物ではないのに残念ながらカニ穴はできなかったのです。

Gas_rice

 味は、旨い!!!! 文句無し!!!!
 もちろん混ぜた餅米のせいもありつつ、でも米の粘りや甘さが違います。 やっぱりあの怒るかのごとく噴き荒れる「中パッパ」のおかげでしょうか。
 取りあえず家族全員この旨さに納得の上、しかして保温機能が無いので、いつもの電子炊飯ジャーに移して保温ボタンON。 こうすると蓋内にあらかじめ注いだ水を使ってスチーム再加熱をしてくれるのでした。 この辺りは電化製品の方が器用ですね。

 ということで、今後は時間がある時はガスで、そうでないときにはこれまで通り電気でというパターンになりそうです。 あとは鍋に施してある樹脂加工がいつまで保つかかなぁ。

| | コメント (0)

二度美味しい(?)radikoの奇

 以前にも書いた、Macからradikoを立ち上げると確実に関東エリアになるという現象が最近iPod touchで100%の確率で再発しています。
 
 原因はやはりプロバイダ変更、それもマイナーなプロバイダ(INTERLINK)への変更だと思われます。 最初のうちはなんだか得をしたような気分でしたが、いざ関西のラジオを聞きたいというときに困ります。
 
 で、解決策。
 マップを立ち上げ、現在地を表示させるだけ。 それだけです。 最初にradikoを立ち上げたときにも「現在地を確認」というメッセージが画面に出ますが、どうやらこれが中途半端なようです。
 
 一方でNHK独自のらじる★らじる、AM第一を聞いている限り、ニュースと天気予報が関東エリアになっています。 しかしこちらは同じ方法で関西エリアになりません。 そもそもらじる★らじるは地域対応になってるんでしょうかね? いえ、特にAM ラジオは災害時に非常に重要な情報ソースになりますから、地域が違ってちゃ意味ないんですけど。
 radikoも有料会員になればそもそも地域制限が外れるとの噂もあって、まだまだ過渡期ですね。
Radiko2


| | コメント (2)

Illustrator CS5とPSプリンターのエラー

 昨年から、Illustrator CS5 (ver.15)からOKI MICROLINE PS9600から一部の生徒がプリントできない現象が発生していました。
 たまにネットワークトラブルだとかでプリントできないことがあったりしますが、ここでいうトラブルは特定の学生のみに起こったり、しかして別の課題では問題なかったりで、暫く原因が特定できませんでした。
 
 そうこうするうち、一部CS4と5が同一学年で混在しているクラスがあり、このトラブルが5のみで起こることが分かりました。 調べてみると、5からプリントダイアログに「自動回転」という機能が加わっているのに気づきました。 簡単に言うと、コンテンツに応じて、Illustratorが用紙設定の用紙方向とコンテンツ方向を勝手に調整してくれる機能です。
 一方でこのトラブルはOKI MICROLINE PS9600とドライバー、それにローカルIPアドレスを振って使用している環境だけの問題かもしれません。
 
 取りあえず、このチェックボックスを外すことで冒頭のトラブルは完全解消しました。
Ai_print


| | コメント (0)

13年目のテライユキ

 年末、事務所の本棚の隅に「Terai Yuki Shangri*la—テライユキファースト写真集」というのが見つかりました。 いわゆる3Dソフトによるバーチャルアイドルの写真集で、当時ついに3Dもここまで来たのかぁ、と少し感動して1999年に買いましたから、13年経つことになります。
 アマゾンではいまでは中古で1円で、今ではもっと進歩し、あら探しも簡単ですが、それでもこの当時でこの内容はやっぱり凄いな、と思います。
 
 んで、本の最後に一枚のCD-ROMを発見。 いわゆるオマケディスクで、中身を見るとなんとshadeのモデリングデータが編集不可能形態で収められていました。 あれ? 私、こないだ(グレーの)shade買ったよね? でもバージョンかなり違うし、と開いてみたら... おぉ!開いた。
 
 改めて感心するのはモデリングとマッピングデータの凄さ。 とてもじゃないけど自分でこれができるとは思えません。
 二十年程前、比較的手に入りやすい3Dソフトのブームがありましたが、よほど暇のある人、あるいは将来プロになってやる、という人以外は、ちょこちょこっと球だとか壁にマッピングして、はい終わり、の人がほとんどでした。 その理由は、リアルなレンダリング結果を得ようとすると、モデリングが超難しいということがわかったからでしょう。
 その辺りは3Dソフト開発側もわかっていて、今ではshadeの販売元であるe frontierもアンロック版、つまり編集自由で、条件付きながら二次利用可能なデータ集を、手に入りやすい価格で販売しており、つまりはshade本体とこれを買えば、誰でも自由なレンダリング結果を得られるという訳です。
 
 それで3Dソフトを使う値打ちがあるの?と一瞬戸惑いますが、逆に言うと、手間ひまかかるモデリングにかかる時間を節約し、利用者はプロデューサーとして、あるいはカメラマンとして本来やりたかったことにすぐに専念できるという考え方も成り立ちます。
 例えば、我々の生徒も、進級/卒業制作で店舗計画を出したとき、我々はグラフィックデザインであり、店舗の内外をデザインする建築デザインではないジレンマが発生します。 こういうとき、教師用マシンにshadeをインストールしておき、素材データを用いてあらかた生徒が望む店舗のグラフィックを生成することが可能になります。(ということを新年度に向けて提案したいんだけど)
 
 話戻って、テライユキ写真集付属のモデリングデータ。 編集結果を保存できないのに加えて、レンダリング結果も最大480×480pxに限定されています。 まぁ、確かにそのくらいなら印刷はもちろん、今ではパソコンの壁紙にも使えない。 携帯の壁紙すら最近の携帯電話の画面はでかいからなぁ、と納得しかけたとたん、自分の携帯(Docomo MN705i)の画面が小さいことを思い出しました。 最大360×360。 十分行けるがな。
 
 付属データをレンダリングすると、今の基準からして肌などの反射・輝きが不足気味でちょっとビビッド感が足らないように感じます。 ということで、付属データのメタカメラの位置を変え、肌、眼、唇の反射係数を変更してレンダリングしたのがこれです。(著作権条件が良くわからなかったので削除する可能性があります) 画像上部の黒い部分と色調はNM705iに最適化されています。
Yuki360
 レンダリングをカメラワークとして考えるなら、被写界深度によるボケ味設定、微妙なぶれ、ノイズを加えることで3Dの違和感をさらに低減できると思いますが、なにせ元データを保存できないのでこの辺りでご勘弁を...
 
 先日のイラストだけの女性ファッション誌のように、3Dだけでファッション誌、ってのをコツコツ作るのもいいかもしれません。

| | コメント (3)

アヒージョ初挑戦

 隔週誌PEN 12/15号「酒と料理のうまい選び方」というのを読んでいたら、アヒージョという料理が眼につきました。
 スペイン料理で、オリーブオイルで煮込んだニンニクスープをベースに、マッシュルームやシーフードを煮込んで行く、スペイン居酒屋の定番つまみなんだそうです。 そういえば以前、近所のイタリア料理店に娘と行ったときにも似たようなのを食べましたから、スペインというより地中海沿いの国ではポピュラーな存在なのでしょう。 日本でいうなら関東炊きとか豚汁に立ち位置が似ているかもしれません。
 
Ajillo レシピはここここを参考に、PENの記事にあった生ハムを加えました。
 オリーブオイルの量とか、火加減と時間等、みんなバラバラで戸惑いつつ、どこかの記事に「呑みながらでも作れる」とあったので、あんまり神経質になっても仕方ないか、と取りあえず作ってみることに。
 ただし冷凍シーフードだけは前日から解凍し、冷蔵庫の中でザルに入れて水切りするのに心がけました。 低温とはいえ油の中に入れますから、余計な水分はちょっと怖いと感じたからです。
 
 火加減は弱火。 まずはスライスしたニンニクと鷹の爪をじんわりじんわり暖めます。 そのうちニンニクから泡(水分)が出てきて、美味しそうな香りがたってきます。 これをどこまで進めるのかは何せ初挑戦、今ひとつわかりません。
 
 そこから生ハム、水切りしたシーフード、半分に切ったマッシュルームと加え、蓋をして弱火で煮込みます。 先にも書いたように、何せ油ですから温度が上がりすぎて水蒸気爆発みたいなことにならないかと少々心配。 このマッシュルームも水気を嫌って、缶詰ではなく生を探しました。
 
 この辺りで気づいたのが、オリーブオイルで煮込むと材料が想像以上に小さくなること。 最初はオイルが少ないんじゃないかと心配していたのが全く逆。 最後はオイルの中に小さくなった材料が沈んでいるという感じで、慌ててエリンギを付け加えました。(写真はエリンギを加える前のもの)
 粗挽きブラックペパーを含めた味付けはこの状態で行うようで、コツとしては塩を多めに入れた方が美味しいということです。
 要注意なのは、味見をする時、上層のオイルだけではなく、底の水分もチェックすること。 むしろ味の深みは底に溜まっています。

 私は一般的なアルミ鍋(それも安物のペラペラ)で作りましたが、お店では土鍋を使うようです。 当然こちらの方がチンチンに熱いアヒージョを出せます。 そこでせめて熱々を出そうと、熱湯であらかじめ暖めておいたグラタン用の皿に注ぎ、完成。 これに斜めにスライスしたバケットと、サラダ菜を敷いたスモークサーモンを添えました。
 
 味は、うん、なかなかラテンで、食も酒も進みます。 うん、これも定番入りですな〜。
 息子がエビが苦手なのですが、次回はもっと大きなエビを入れてみたいところです。

| | コメント (0)

改めてプライベート・ライアン

 昨夜、久々にリビングのプラズマテレビを見ることができる時間ができたので、短い時間に何を見るか、あれこれ考えた末に、先日CSでやっていた「プライベート・ライアン」の頭の部分(それでも40分くらい)を見ました。
 
 何より冒頭、延々30分以上続くフランス上陸作戦シーン。 戦争浪漫なんて軽薄な言葉を吹聴する奴がいて、もしこの映画をまだ見ていないのであれば、首根っこ押さえてでも見せたい映画です。
 上陸前に船酔いでゲロ吐く兵士、水中に突き刺さってもまだなお殺傷能力を保つ弾丸、上陸舟艇から水に飛び込んでそのまま溺れる兵士、破れた腹から腸を溢れさせ胃を直接押さえながらママと叫ぶ兵士、爆風でちぎれた自分の片腕を拾い上げて歩く兵士。 これはドキュメンタリーですか?映画のストーリーに必要なんですか?と恨みたくなるシーンの連続です。
 (って、以前にもここで書いた気がするのですが、自分で探せませんでした。なんせ足掛け七年書いてますから〜)

 いや、そもそもこの映画、録画するかどうかすら悩んだのです。 私個人はこの映画の最後まで見たくないという気持ちがあるからで、つまり私にとってこの映画は「火垂るの墓」と同じく、名作だけど二度と見たくないという、何というか精神自爆映画というような存在であるからです。
 とはいえ、早いこと中断しなくては、と思いつつついつい見入ってしまうのは、やはり映画の出来の素晴らしさというもんなんでしょうね。
 
 そうしてやっとの思いで再生を中止し、これまた先日録画した「スカイ・クロラ」を再生して数分したら同居人が帰ってきて、束の間の大画面タイムは終了しました。 おっしま〜い。

| | コメント (2)

オニオンガーリックトースト

Onion
 年末年始の体重増加をリカバリーするべく、三日連続でプールに通っていますが、それはそれ、質や量を考えつつ食べ物は最大関心事の一つです。
 
 で、写真に写っているのはオニオンガーリックトースト。
 オニオントーストは、地元で最も信頼しているバーのメニューで、簡単に言ってしまうと、タマネギを細く刻んでマヨネーズと和え、バケットに乗せて焼くだけです。 しかしこれが旨い。 酔ってるとなお旨い。
 以前そのバーで呑んでいた時、隣のおじさんが「な、これ食べてみ、ただのタマネギ乗してるやけど旨いねん」と勧められて一切れ頂いたのが初の出会いです。
 
 一方のガーリックトーストは、昨年8月に閉めた期間限定バーで出していたメニューで、こちらはさらに簡単で、冷凍バケットに市販のガーリックマーガリンを塗って焼くだけのもの。 なにより香りが絶妙で、酒も食も進むという、まさしく「つまみ」の王道を行くものだったのかもしれません。
 
 そしてその二つをあわせて自宅で作るのがこれです。
 ただし、写真でもお分かりのように、バケットが少し焦げています。 かといって焼きを甘くするとタマネギの旨味がでてきません。 解決策はバケットを冷凍しておくこと。 そうすればバケットが焼き上がる時間が遅れ、ちょうどトッピングが焼き上がるのとタイミングが近づきます。(でも自宅で食べる分には少しくらいの焦げなら問題ない)
 
 ま、こんなのを毎晩の家呑みの友として愛用するとえらいことになる訳ですが(だってマヨネーズ+マーガリンでっせ)、晩飯を食いそびれた残業明けなんかには堂々とおすすめできます。

| | コメント (1)

プール再開っ!!!!

Pool2012
 年末年始の十日のインターバルを置いて、やっと市営プールがオープンしました。
 
 いやぁ、とにかく体重増加が止まらない。
 連日連夜忘年会と新年会があった訳でもなく、ファットリッチな夕食を食い続けた訳でもないのにここ最近の平均より2kg、理想としている体重より4kg増えてるのはもう理屈抜きで肥満分け目の関ヶ原。
 加齢による代謝低下なんて言い訳にしたくもありません。 いや、原因は恐らく毎晩の家呑みにある訳ですが。
 
 ところが鏡を見ても、ここという太った部分がみあたりません。 つまり全ては内臓脂肪に蓄えられた結果でして、それであるならこれが皮下に移る前になんとしても燃やさねばなりません。
 理屈はどうでも宜しい。 取りすぎた熱量は燃やすしかありません。 しかし寒中ジョギングなんて趣味じゃないし、何よりシューズからウエアまで全く備えがない。
 ということで、いつもなら「あぁ、めんどくさ」状態だったのか「何を差し置いても、行かねば!!」で待ちわびていたのが市営プールの営業再開。 室内でこんなヌクヌク脂肪燃焼ができるなんてなんて有り難いんでしょう。
 
 気のせいか、体が良く浮くようになった気もします。 やっぱ浮力に影響するくらい太っとるんかな〜
 いつもなら40分のところ、50分までがんばりました。 体重にはほとんど変化ありませんが、胴回りが少し軽くなったような気もします。
 筋肉を痛めないために最低一日のインターバルを置いているこの水泳、学校が始まるまでは非常事態として毎日通った方がいいかな... って、今日は娘の帽子を買いに梅田のルクアまで行かねばならないんだけど。
 
 くっそ〜、太ってたまるか〜〜〜!

| | コメント (0)

これはないだろうが?>@nifty

Myblog_on_smapho 先日見たら、このblogのスマホバージョンにこんなでかい広告がインサートされていました。 最初のトピックの題名が一行しか表示されていません。 以前はこんなに大きくなかったのに...
 ハードの解像度によって多少の差はあるでしょうが、ひどくない?
 おまけにマーケティングというか、特に内容に適した広告が選ばれているとは思えません。 「一人は寂しい... でも婚活って恥ずかしい」 で「秘密の婚活」ってなんだろな〜。 「突然死... 葬儀屋さんの準備は万全ですか?」「年金選びますか? リバースモーゲージ選びますか?」とかならともなく。
 否。内容よりその面積が問題ですよね。

 あ、付け加えておきますが、私はこの広告で一切の収入はありません。 というかアフィリエイトが嫌いなのでこのココログもベーシックにしている訳で、にもかかわらずスマホバージョンでは勝手に広告が入っていた、ということです。 つまり広告収益は@nifty行き。
 そんなの承認した覚えは無いけどな、と思うのですが、おそらく例のジュゲムジュゲムみたいな規約のどこかに書いてあって、それに同意してしまってるんでしょう。
 
 気分が良い筈はありません。 でもこの程度の広告にさえ頼らないと@niftyがこのブログ自体を維持できない、とか言うなら黙って我慢します。 って、ここのPC表示右側に以前貼っていた"RESCUE NOW"のblogパーツも契約を更新しなかったようで、これ、案外斜視的な推測とは言い切れない気もします。 しっかりしてね>@nifty

| | コメント (1)

夏への扉 〜The door into summer〜

 正月って子供の頃に比べるとほとんど意味が無くなってきた、と言いながら、それでも三日が終わるころになってもまだ酒を飲んでいたりすると妙にやましさを感じるあたりは、まだまだ三が日の御威光は消え去ってはいないのかもしれません。
 
 そんな栄光の三が日の最終日を飾ったのが、以前ここで少し触れたSF小説「夏への扉」読破。
 この小説に直接の興味があった訳ではなく、1980年に発売された山下達郎の"RIDE ON TIME"というアルバムに収められていた吉田美奈子作詞/山下達郎作曲の同名曲が発端です。 アナログシンセで始まるイントロが印象的な大好きな曲なのですが、歌詞カードに※from the novel "The door into summer" by Robert Heinlein と添えられていたのがずっと気になっていました。 
Door_into_summer
 とは言っても当時は'80年代。 よほどマメに古本屋を巡るとかしないと原作本に出会うのは難しく、そのまま三十年近く放置していました。
 時は巡ってネット時代。 二ヶ月程前、ふとこの題名を思い出し、何気なくamazonで検索してみたら、文庫本が何とたったの23円(運賃込みでも300円切り)で出品されていたので、迷うこと無く購入。
 
 やがて配達されてきた現物を見て驚きました。 それはなんと早川書房。 SFシリーズじゃありませんか。 私は達郎の音楽のイメージから、この小説はリッキー、ティッキー、タビー、そしてピートと主人公という登場人物による、例えばスタンドバイミーみたいな青春小説かな、と思っていた訳です。 いや〜、無知って恥ずかしい。
 配達直後に数ページ、先日の娘の美容室の付き合いで数ページ読んだだけだったのを、昨日数時間で一気読み。 1956年発表とは思えない確かな科学的推察は50年経過した古さを感じません。 まぁ、タイムトラベルに関しての突っ込みはいくつか可能ですし、今更になって調べてみたwikiでの記述でも、「猫小説」として、あるいは「素人による名作SF選び」においてはトップクラスだが、専門家による評価はそれほどでもない、という記述があります。
 
 思えば私のタイムスリップ著作初体験は手塚治虫のW3でした。 その最終回あたりで、本来の宇宙人であるボッコ、プッコ、ノッコと、母星から追放されて村民と化した彼らとが一定期間共存(しかも面識すらあった)していたというオチがあり、子供ながらに「ほっへ〜〜〜」っと口を馬鹿みたいに開けて感心したことを今でも覚えています。
 そしてこの「夏の扉」でも似たような設定があり、もしかして手塚氏はこの作品を見ていたのかな、という好奇心も湧いてきました。
 
 で、もともとの達郎の楽曲の話に戻しますと、曲中で何度も繰り返される印象的な「リッキー、ティッキー、タビー」は先の私の想像とは違い、主人公から見た愛すべき姪のリッキーのことで、彼女に充てた手紙への書き出しがいつもこうであった、といういかにも英文学(英文化)的な言葉でした。 ちなみにこれにすら意味がちりばめてあって、ほんとネットによる知識深化への感謝に堪えません。

 んで、思うにやはりこの頃の吉田美奈子の才能の凄さですね。 この曲の元ネタである難波弘之の依頼があって読んだのか、あるいはそれ以前からこの小説を知っていたのか知る由もありませんが、あの文章からこれだけの簡単な、しかし印象的な詩を起こせたのは、まさしく当時の我々が痺れた吉田美奈子ならではの素晴らしさだと、今改めて感じます。
 
 いつの間にか粘っこいこねくり回した歌と歌い方しかしなくなった現在の達郎に興味はなく、無邪気にこのコンビの復活を願ってるんだ、と長年の達郎ファンである友人に言ったら、達郎が竹内まりあと結ばれた時点でそれはあり得ないことになってしまったんだ、と説かれ、納得すると同時に、恐らく死ぬまで達郎が私の大好きだった達郎に戻ることは無いのだと宣言されたようで、がっかりしました。
 
 いや、「あきらめてしまうにはまだ早すぎる♪」なのかな。
 そうあってほしい。
 「その日まで、おやすみ♪」
 いや、単に酔いつぶれるだけなんだけど...

| | コメント (0)

2012もやっぱりアニメネタかいっ

 昨日からの続き。
 
 ○輪るピングドラム
 う〜ん、ああいう最終回だったんですね。 でもああしないとあまりに虚しい結末になりそうでしたから仕方ないか。 グラフィックデザイン畑からの挑戦という意味では非常に重要な作品でした。
 でもエヴァを超えたか?と聞かれたら(その質問に意味があるかどうかは別として)Not yet. 
 トリプルHのCDは正直欲しいです...
 
 ○ギルティクラウン
 現時点で最終回はまだですが、ま〜、絵と歌だけですね。 逆にその二つが流れている限りは惹き込まれます。 絵は「とある〜」系ですから文句ありません。 また別系統ながらエンディング背景のイラストも素晴らしい。
 
 ○UN-GO
 昭和前期の作家の原作という設定が渋かったですね。 結構先行きが楽しみだったのに、あっという間に終わってしまいました。 難を言うなら絵が、特に女性以外の絵が安っぽかったことでしょうか。 低予算だったんでしょうか... う〜ん、厳しい時代だ。
 
 ○おまえうまそうだな
 KIDS-STATIONでやってました。 絵本でその作品名は知っていたのですが、なるほどこういう話だったとは。 ガブとメイと同じく、擬人的に動物を扱いたい人間と、リアルの動物本能との誤差を扱ったもの、と書くと身も蓋もないか。 ハートの表情変化が素直に面白くて結局最後まで見た、とか。
 
 ○機動戦士ガンダムSEED
 またかい、とここでスイッチを切らないでください。 BS11で第一話からです。 で、当然ながら2012年だから16:9画面です。 タクなことを書き留めますと、SEEDのオリジナルは時代的に当然4:3。 後日発売されたDVD総集編では16:9でしたが、残念ながら4:3の中のレターボックスで16:9再現してますから、最も画像面積が狭い。 テレビ側で拡大しても当然汚い。
 ところがこの1/1から始まったシリーズ、明らかに奇麗になっています。 ふと思い出したのがオープニングのコピーライト表記。 "2002-2011 SUNRISE"。 つまりまた新たに16:9で編集したと思われます。 ということは放映とは別に最終的にはブルーレイで高画質版として新たにシリーズ再販の可能性もあります。
 どちらにせよSEEDとDESTINYを比較しても明らかに画質の差がありましたから、これは朗報であります。
 
 で、止めりゃいいのにそのままSEEDの最終回に至る数話をBDから起こして見てみたら... やっぱり泣けた。 やっぱりナタルの最後。 この辺り数話の、物語最後から中島美嘉のエンディングに繋がる編集が切なすぎます。
 
 ○ワンピース「チョッパー登場 冬島編」
 FUJI TWOの番組表で見つけました。 ワンピース全体にはそれほど興味無いけど、鹿、もといトナカイは別で、その登場に非常に興味があったので思わず録画。
 結果... 泣けます。 この年末年始一番感動したのはこれじゃね?と言える程。 チョッパーがDr.ヒルルクから貰ったパンにかぶりつく、Dr.に追い出された、薬だと信じてDr.に飲ませたキノコが猛毒だったとわかる、Dr.くれはに医者になりたいと懇願する、とになくチョッパーが号泣する時は見ているこちらも泣ける時でした。
 てな話を正月でも取りあえずは高校受験勉強をしている娘と話すと、実は娘はその映画版を友達と見に行ったのだとか。 そのときお互いビービー泣いて、映画が終わった帰り、手を握った友達の袖は涙でびしょびしょだったそうです。 Oh, My daughter!
 
 
 こんなところでしょうか... アニメネタに何熱くなってるんだろう、と思いつつ、三が日が明けたらうんざりするような政治経済の話もしなくちゃならないなぁ、とは覚悟しています。
 
 今年もよろしく>皆様

| | コメント (0)

新年2012

Sunrise2012
 あけましておめでとうございます。
 大晦日は夕方からこれまで、ほとんど飲みっ放し。
  
 いつのまにかこじれにこじれ、私も同居人も互いの実家にも行かずに、だらだらと自宅で、家族四人過ごしております。
 子供の頃、年末年始は家の行事が目白押しで、何もせずに(さらに昼から酒を飲んで)寝正月という言葉にあこがれていました。 そして今それが実現してみると、もともとが横着な人間なのでそれはそれで幸せだと感じるようにするとともに、でもこういうのは自分の子供たちの躾としては最悪だとも自戒しています。
 
 しかし飲み過ぎですねぇ。 顔のむくみが取れません。 さらに体重もじわじわながら確実に増えています。 市営プールの再開が木曜日なのでそれまで何kgになるんでしょうかね。 基礎代謝の低下が根底にあるとはいえ、えらいことです。
 
 んで、常に酔っているので車でどこかに行くこともできず、結果として引きこもって、溜まった画像と本の消化に充てています。
 
 ○本
  複数の雑誌PEN。 早川ミステリーの「夏への扉」。
  
 ○コミック
  バー時代の友人Pちゃんから借りたリアルクローズ最新刊を含む少女コミック十冊弱。
 
 ○映像
 ・NHK「坂の上の雲」完結。 圧巻でした。 スポンサーが無いのに民放がうらやむ程の贅沢な番組でした。 もちろん内容も。
  母にこの話をすると、あの日清日露の勝利故に太平洋戦争が始まったので、坂の上の雲自体が嫌いなんだそうです。 なるほど、そういう捉え方もあるのかと、これはこれで納得。 しかし、一方で、太平洋戦争も、さらに今に繋がる日本の発展とこれから始まる衰退も全て運命としてなるべくしてなったのではないかという気もするようになってきました。
  
 ・ドナルドキーン先生日本人となる
  BS-TBSでやっていました。 偉そうに彼について語れる程のものはなにもありませんが、まだ二十代の頃英語の勉強のために買ったEnglish Journalの表紙イラストになっていた以来、気になっていながら、なぜ彼が日本文学について勉強するようになったのか等が良くわかりました。 彼は上の司馬遼太郎との交友もあったんですね。
  この番組のスポンサー(いや民放BS番組に冠スポンサーがつくってのは多くないんですよ)はブルボンで、新潟県柏崎に彼の記念館も作ってるんですね。 プチシリーズからお気に入りのチリトマトを落とした恨みはありますが、なかなかやるじゃないですか>ブルボン
  
 ・スティーブ・ジョブズのドキュメント三本
  NHK 地上派、BS、CS三本海外制作のを流していました。 で、どれか一つ見れば十分というか、逆に言うとどれ一つも書籍の伝記を超えるものじゃありませんでした。
  取りあえず没直後というタイミングを狙ったんでしょうが、さらに練れたものを時間がかかってもいいので期待したいものです。
 
 ○アニメ
  長くなるのでまた別編で...

| | コメント (2)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »