« リアルモデルのいないファッション誌? | トップページ | 天ぷらに挑戦 »

娘へのポチッと

Yamaha 志望校合否ラインぎりぎりをさまよう娘のためのクリスマスプレゼントがこれ。 YAMAHAのiPod用サウンドシステムTSK-112です。
 
 数週間前、娘が梅田ヨドバシで試聴しカタログを貰ってきました。
 カタログを手渡されて「ふ〜ん」と生返事をする私に「でな、クリスマスプレゼントにこれ買うてほしいねん」「でもお高いんでしょう?」「三万円弱」「期末試験450点行ったっけ?」「理科で水素名を漢字で書くところをH+と書いて443点」「ほ〜、惜しかったね」。 と蒟蒻問答状態。
 
 現在彼女の自宅でのオーディオ環境はiPod nanoに私が近所のスーパーで買ってきた980円程の外付けスピーカー。 ところが音には特段こだわりがないので一年程これで満足していました。
 そんな彼女がこのTSK-112に興味を持った決め手は意外やそのデザイン。 それもこの黄色は現在の彼女のお気に入りである「きいろいとり」に似た外見だったのかもしれません。
 
 一方で私の財政状態は、というと、決して楽ではありません。 しかし現在中三の娘には子供手当が出ており、このおかげでそれまで物置同然だった部屋が娘の部屋として蘇り、そこにエアコンやベッドが備え付けられたのもこの手当があってこそ。 で、それがまだ黒字で残っており、それを考えたらギフトラッピング込みで27,736円ってのは実は払えない額ではありません。
 ということで、年末最後の進学塾飛び込み模試が終わった日の夕方に配達されるようにポチッとな。
 
 夕食時に届けられた大きな箱(ギフトラッピングだから本来の商品の箱がさらに箱に入れられている)を一旦すっとぼけ、食事後にカッターを渡して種明かし。 娘は私に似たのか、メカやITに強く(一方の息子はGmailのアカウントすら作れない)、基本的にならすための作業は勝手に済ませていました。
 
 iPod対応と謳っていますから、ぷすっと差し込めば音楽を聴く機能については本体に加え、YAMAHA側のリモコンでコントロールできます。 音は... ドンシャリでもない低音ばかりがドスドスしててあまり感心できません。 いわゆる抜けの悪い音ですね。 自分用として買っていればちょっと後悔する音です。 ただし娘はそんなことはあんまり気にしない質で、ちょっと高域を調整して終わり。
 自分用に言及するなら、同じカタログにあったMCR-332ってのが良いですね。 一方デザイン的にはモノラルのPDX-13に一番惹かれました。
 
 さて、娘がマニュアルを読んでいて気がついたことがあります。 「iPhoneやiPod touchなど背の高いデバイスを安定して装着するためにはそれぞれのDockアダプターを使用してください」。
 TSK-112にはnanoが装着できます。 どんな設計?と良く見たら、単にiPodコネクターが丸出しになっているだけ。 本家Apple Universal Dockは逆に各世代のアダプターとセットで、よりしっかりDockにフィットさせることが前提となっています。
 このApple Universal Dockはnanoが対象外。 しかしふとこのYAMAHAの一文で気がつき、従来セットされていたiPod touch用のアダプターを外してみたら... ちゃんとnanoが装着できて、充電はもちろん、音楽再生もできました。 ただし付属のAppleリモコンは完全には動作しません。
 このあたりがApple Universal Dockがnano第六世代非対応になっている所以かもしれませんが、取りあえず限定的に使えますよ、というお話でした。 旧知のノウハウでしたらご免なさい。
Nano_on_dock

|

« リアルモデルのいないファッション誌? | トップページ | 天ぷらに挑戦 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リアルモデルのいないファッション誌? | トップページ | 天ぷらに挑戦 »