« 光プレミアムのCTUが壊れた | トップページ | シャキシャキまぐろ納豆 »

ちょっと満足のビーフシチュールー

 毎週月曜日は、留学代稼ぎに夕方のバイトに出る息子のために、他の曜日よりもより時間をかけて料理を作ることにしています。 勢い息子の好みが強めに出て、昨日はビーフシチュー。

 ここ暫く市販のルータイプのシチューはサラっとしていて、とろり好みの私は、あれこれ工夫をしても今ひとつ気に入りませんでした。 で、ダイエーで発見したのがS&Bの、その名も「濃いシチュー」。 ちょっと期待してしまう名前です。
Stew
 肉は別の専門店で角肉を600g購入。 小麦粉を軽くまぶして先に軽く熱を通して取り置き。
 一方でタマネギはザク切りにして圧力釜で強火で色が変わるまで結構ラフに炒めます。 弱火できつね色に、というのをよく聞きますが、バー時代の経験で、さっさと強火で熱を入れた方が早くて美味しいことがわかりました。
 
 ニンジンは、NHKのガッテンで我々はピーラーで皮を剥いて旨味と栄養がある部分を捨てている、というのを視てから軽く洗っただけでざく切り。
 オリジナルとして、中ぐらいのトマトを二個、1/8に切って入れます。 トマトの薄皮は、煮込むと湯剥きと同効果がありますので、後で箸ですくってやればOKです。
 
 そして圧力釜に肉を入れるときには、赤ワインでフライパンに残った肉のエキスを破片ごとこそぎ取り、さらに生協で買ったクノールのキューブタイプのブイヨンを追加して圧力釜で7分→急冷。 もうちょっと時間かけても良いけど、10分じゃ柔らかくなりすぎるので、ここはまだ難しいところ。
 
 ジャガイモは圧力釜に入れてしまうと、ほとんど解けてしまうのでラップに包んで電子レンジの根菜料理メニューで別処理します。 また、この方法だと上記ニンジンと同じく、ピーラーで皮を剥かず、レンジ加熱が終わった後に皮を手で最小限に剥くことが可能になります。(火傷注意)
 
 圧力が下がったらルーを溶かし、別調理したジャガイモ、さらに缶詰マッシュルームのスライスを加えて10分煮込めば出来上がり。 味は、なかなか確かにコクがあっていい感じです。 息子はジャガイモが特に旨い、とのコメント。 うん、よしよし。
 
 ただ、時間とともに味が変化して行くのが難しい。
 このシチューも、できたときにはトマトの酸味が良い具合に残っていたのが、徐々にマイルドになり、一足先に食べてバイトに行った息子と、三時間後に食べた残った家族とでは違う味を味わっていることになります。 これはカレーやハッシュドビーフにワインやケチャップを入れたときも似たようなことが起こります。
 ということは理想は、午前中から作り始めて、安定した頃に食べるということになるんでしょうね。 でもさすがにそこまではなぁ... とりあえず、食べる時間で様々な味を楽しめるという風に捉えることにしましょうか。

|

« 光プレミアムのCTUが壊れた | トップページ | シャキシャキまぐろ納豆 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 光プレミアムのCTUが壊れた | トップページ | シャキシャキまぐろ納豆 »