« 乱視聴 | トップページ | フードプロセッサー »

ジャック・パーセルを買った

 このところずっと、白×2(よそ行きとご近所用)、紺、赤の合計4足のCONVERSE ALL★STARを愛用しています。
 やはり白が一番登板が多く、痛みかけたら新しいのを買って、そのままところてん式に古いのは近所用に降ろして行くのですが、そろそろ昔から気になっていた「スマイル」コンバースが欲しくなりました。
 
 正式名称はJack Purcell。 1930年代に活躍したカナダのバトミントン選手オリジナルのスニーカーで、もちろん今ではオリジナルのUSAではなくmade in Chinaではございますが、有名でありつつ、結構買うのに苦労するコンバースです。
 ABC martやSTEPとか様々なスニーカーショップでも見つけることができず(たまたまかも知れませんけど)ネットで探すことに。 結局amazonで東京の店から6,090円(送料別)で手に入れました。
 
 娘は、よく(フィットするかどうかわからない)靴をネットで買うな、と驚いていましたが、日本コンバースであればサイズ感は同じじゃないかと想像していたので、その点は全く気にしませんでした。 案の定サイズはいつも通り6 halfでOK。
 通常のALL★STARが量販店で三千円台ですから、約倍。 でもいわゆるハイテクスニーカーからしてみたらメチャクチャ廉価であることに変わりありません。(って、一足数万円もする運動靴には興味ありません)
Jack_p1
Jack_p2
 まだ紐を通しただけで実際の履き心地などは、今日以降のお楽しみですが、現物を手にして心配になったのがそのソールのパターン。 屋内前提のバドミントンだとこういうスリックで当然なんでしょうね。 雨の日、特にうちの学校は急坂の途中にあるのでめちゃくちゃ危険です。 今度こけたら寝たきりやで、ってのがあながちギャグで終わらない歳になったもので。
 雨の日は封印するか...
 
 それはともかく、私がこの運動靴を知ったのは「Modern Design Museum TV」という2000年代初頭にBS FUJIが制作した恐ろしく耽美的で贅沢なハイビジョンテレビ番組でした。 これについて短く語るのはもったいないのでまた改めて...

|

« 乱視聴 | トップページ | フードプロセッサー »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

 今更のコメントですが、心配していたソールのパターン。
 実は細かい波目の切れ込みが入っていて、それが履いているうちに次第に露になって来て、雨の日でも全く心配ないグリップを提供してくれます。
 このソール、昔どこかで見たな、と思い出してみたら、VANから出ていた(多分月星製だったような)スクーナーというスニーカーがこんな構造でした。

投稿: あやおば | 2012年5月20日 (日) 04時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 乱視聴 | トップページ | フードプロセッサー »