« オンワードのバーゲン2011F/W | トップページ | フードプロセッサー初仕事 »

今更の3D

 昨年から続いている学習障害の大学生への個人指導、大学側はまだ二年生だというのに細切れに新しいアプリケーションに展開を続けております。
 驚くのは3Dのshadeを合計7回でこなすというスケジュール。 もちろん内容的にはそれほど深いものであるわけではないはずですが、にしても3Dソフトを7回でというのは恐れ入ります。
 んで、生徒さんには最初からshadeは専門外です、と最初から断っていたにもかかわらず、結局shadeを教えるはめになりました。
Shade_splash かつては100万円したshadeですが、ベーシックバージョンなら今や1万円を切る価格で販売され、バージョンが一つ古い11は投げ売り状態。
 そしてamazonで見つけたのがprofessionalのアカデミックバージョンの中古。 一応アカデミックの要件は満たしているので深く考えずに購入したら、シリアルは付属しているのに登録はできない、つまりアップグレードすら受けられないということになっていました。 え?... それって...
 オークションなら、そういうグレーな商品があっても驚きませんが、amazonのマーケットプレイスにそういうのが転がっているのは軽いショックを受けました。
 
 とはいえこちらは仕事ですから、そんなことよりもちゃんと学生に教えられるようにならなくてはなりません。 私がかつて使っていた3DソフトはStrata 3D(今でも売ってるんですね〜)で、まぁ、大まかに言うと正面図、上面図、側面図の三つのウインドウを使ってモデリングし、最後カメラの位置を調整してレンダリングという基本は同じでしたから、初めてのソフトとはいえ何とかなるのは昔取ったなんとやらというお陰です。
 何より意識的にIllustratorの使い勝手を踏襲したと思われる設計は、グラフィック関係者には比較的敷居が低く、昔から評価できる点かと思います。
 
 とはいえ、グループ化の考え方がよりグラフィックソフトのレイヤーに近くなっていて、しかしてその呼び名が"パート"というのになっていて少し手こずります。 あと、単純に"押し出し"とか"extrude"と呼べば良いのに"掃引体"って何よ?ってところもあります。(Mac搭載の新辞林ではでてこなかった)
 
 まぁ、久々の新しい領域への挑戦な訳で、不謹慎ながらそれでお金がもらえるというのは有り難い限りです。
 
 ということで、15年程前に仕事で作ったウォークスルームービーを参考に掘り起こしてきたのでYouTubeにあげておきます。 音楽付きですので音量にご注意を。
Vkp_kobe


|

« オンワードのバーゲン2011F/W | トップページ | フードプロセッサー初仕事 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オンワードのバーゲン2011F/W | トップページ | フードプロセッサー初仕事 »