« 侮れないExcelのグラフィック | トップページ | ペンタブレットでお絵描き »

IndyCarsとmotoGPでの死亡事故

 レースに事故はつきもので、ファンにはそれを正直期待している部分がないとは絶対に言わせませんが、IndyCarsとmotoGPで連続して死亡事故が起きると、やはり暗い気持ちになってしまいます。
 
 motoGPの中継の前日、たまたまCATVでダン・ウェルドンが死亡したレースの再放送を見てしまい、個人的にはCARTが終わって全く興味を失ってしまったアメリカンレーシングシーンとは言え、そこに落ちた影に暗い気持ちになってしまったのに、さらにmotoGPのマルコ・シモンチェリ。
 
 ダンのケースは、人道的配慮からか、最後まで詳細な映像解説がなく、なんとなく狐につままれたような感があったのに対し、マルコのほうは中継映像に彼のヘルメットのみがコースサイドに転がっていくのがはっきり映っていました。
 さらにニュースサイトではエドワーズとロッシが彼をまさしく踏みつぶして行く画像が早々に公開されていて、暗澹とした気持ちになりました。
 
 エドワーズがしばらくの間コースサイドに放心状態で座り込んでいたのは、彼が負った怪我(肩の脱臼)よりも、シモンチェリにとどめを刺してしまった自責の念からに違いありません。(もちろん彼のせいではありません) 転倒は免れながらも残る当事者であるロッシも、いわば同郷の弟分のような存在であり、ショックは隠せないでしょう。
 
 才能がありながらも、最高峰クラスに上がってからは一瞬の早さを見せながら結果を出せなかったシモンチェリ。 それがやっとこの数戦で表彰台というはっきり目に見える結果を出せるようになり、その頂上に登るのも遠くない、と言われだしていた矢先のこの不幸だけに、何と言うか人の運の皮肉さを感じざるを得ません。 スタート前、嬉しそうにアピールしていた彼の新しいwebサイトも今ではシンボリックなコンテンツ一枚が表示されているだけです。
 これで残るF1でも不幸があれば、ほんと今年はモータースポーツにとって厄年としか言いようがありません。
 
 何よりダン・ウェルドンとマルコ・シモンチェリの冥福を祈ります。

|

« 侮れないExcelのグラフィック | トップページ | ペンタブレットでお絵描き »

」カテゴリの記事

バイク」カテゴリの記事

コメント

 高額なCATV解約し、マンションの共聴でG+を個別契約で見ようとしたら、実はCS共聴システムが壊れていたという。
 ポンコツじじいが幅を利かせる管理組合とのやりとりの結果、それは修理することになったのですが、なぜか来年の一月に施工するという死臭決定。 よって、今年のmotogpは映像としては全く見られませんでした。

 ホンダからのリリースでマルケスがチャンピオンを取ったと知り、あれ?ドヴィは結局あかんかったのかと、少々落胆。 何よりあの明るいキャラが覚醒し、今年くらい彼とドカに栄光が輝いてもいいのでは、と密かに期待していたんですけどね。

 もう引退かな?と思われていたロレンソが確実に乗れるようになったのをみると来年も楽しみだけど、あれほと先シーズンの話題をさらったビニャーレスが伸び悩んだのもコンストラークターとの相性の妙を感じました。
 
 さて、来シーズン、私はG+見れるんだろうか?

投稿: あやおば | 2017年11月14日 (火) 02時21分

2017年のMotoGP全レース終了しましたが、私が思っていたよりロレンソはかなり速かった。もっと乗れないだろうと思ってましたが、後半は結構まともに走ってました。ドビツィオーゾが覚醒しちゃったので相対的に遅く見えますが、ヤマハ・ホンダに混じって初年度あの位置なら上出来でしょう。

投稿: DS | 2017年11月13日 (月) 21時12分

ロレンソ、ほんと、雨に弱くなりましたね。 弱くなったというか、端からやる気無いのが見え見えというか。
あの生真面目さが日本人的に結構好きで、応援もしているのですが、特に昨年は雨が多かったせいもあって残念なレースが多かったです。
にしても、ロッシはもう神がかってますね...

投稿: あやおば | 2017年3月30日 (木) 02時02分

ロレンソですが、彼のレールの上を走るようなグリップ走行とドカティとの相性の問題でしょうけど、たぶん今シーズンはダメでしょう。
以前のやんちゃなロレンソなら兎も角、最近は雨ですらビビッて走れないロレンソにはドカティは合わないと思いますよ。

投稿: DS | 2017年3月29日 (水) 16時19分

私は屋根の上にパラボラアンテナ立ててますので、前の記事にあるようなスカパー単体契約です。マンションでもベランダにアンテナさえ立てられれば問題ないんですが、それが出来ないと厄介ですね。
もし、南向きの窓で仰角45度付近に障害物が無ければ室内にパラボラ置いても受信出来ますけどね。もし室内で感度が悪ければ一つ大きいサイズのパラボラアンテナにするとバッチリです。私は先日、屋根の上のパラボラが強風で倒れて破損したので新しく50型にしましたが、受信レベルが格段に上がり雨でも雪でも大丈夫です。

投稿: DS | 2017年3月29日 (水) 16時09分

 うっ、痛いところを...

 いえいえ、motoGPは昨年まで全戦G+で予選から見てましたよ。
 ところが今シーズンは割高感を感じていたJ:COMを解約、個々にスカパー!と契約しようとしたら、マンションのCS共聴システムがいつのまにか止まっていた、というところで中断しています。
 あぁ、地上波で見れる日テレ圏内が羨ましい。

http://obalog.cocolog-nifty.com/obas_blog/2017/03/catv-452c.html

 この問題は今月末の管理組合の会合で議題になるそうですが、十年以上ここに居ついているジジイが恣意的な運営をしていますから、恐らく揉めるんじゃなかろうかと。(このジジイ、ITだとかメディアだとかに全く興味が無い)

 それはともかくカタール、ロレンソのみがえらく遅いのが気になります。 同僚ドヴィチオーゾが表彰台ですから、マシンが理由とは考えられないし。
 てなことで覗いたmotoGPオフィシャルサイトのビデオパスサービスも結構高いし、motoGP視聴、しばらくは様子見です。

投稿: あやおば | 2017年3月28日 (火) 23時56分

お久しぶりです。
カテゴリー「バイク」で表示される二輪世界GPネタはこれが最後のようですが、最近は見てませんか?
昨シーズンも面白かったですが、今シーズンも第一戦から見応え十分の面白いレースでした。

投稿: DS | 2017年3月28日 (火) 22時42分

 せんないことと思いつつ、諦めきれずに先のリンク先のニュースサイトの画像を拡大してみてみました。
 すると、どうもシモンチェリの頭部に最も大きなダメージを与えたのはロッシのように見えます。 あるいはエドワーズ→ロッシと連続して頭部頸部に、そしてエドワースは次いで下半身と遷移したのかもしれません。
 いえ、犯人探しをするつもりはありません。 ロッシとシモンチェリは同じイタリア人で、ロッシ自体かつて(このblogでコメントも貰いましたが)FIAT YAMAHAからロレンソを追い出してシモンチェリを呼び込みたかった、という話、つまり二人の親密さが何とも悲痛です。
 ロッシにしても、一戦前にあっさりとロレンソに弾かれて転倒しており、これは昨年、もてぎでの肉弾戦とも言える二人の勝負後にロレンソがもう"遅い"ロッシに敬意を払わないと宣言したからに間違いありません。
 つまりはイタリア人としてはそろそろロッシに次ぐ国民的ファーストライダーを選ぶ時期が近づいていたことは間違いなく、そしてその最も近い位置にいたのがシモンチェリであったことも間違いありません。
 そんなことを考えながらこの報道映像を見ていると、本当に世の皮肉とか悲劇というものが明らかに存在することを認識せざるを得ません。

投稿: あやおば | 2011年10月27日 (木) 03時03分

 あれから録画を何度も再生してみましたが、何よりシモンチェリがコースに戻ってきた時の様子が変ですね。 これはTV中の解説でも述べられていたことで、何と言うか、気を失ったままバイクにぶら下がっているかのような印象を受けます。
 もしやスリップダウンしたときに頭部を強打して脳震盪状態だったのでは?と思い、バウティスタのオンボードカメラ映像に注目しましたが、どうもそういう様子ではありません。
 
 ヘルメットが外れたのは自分のマシンとエドワーズ、あるいはロッシのマシンのタイヤで一種のもみ合いのような作用が起きていわばシモンチェリの頭部からもぎ取られるように外れたように想像できます。
 三台のマシンに轢かれて画面左側にシモンチェリが流れて行く映像では、彼の恐らくそのとき既に即死に近い状態の顔がこちらに向けられていて、何とも言えない気持ちになりました。
 
 このような様々な条件が不幸に折り重なった事故で「たられば」は意味がないとは思いつつ、シモンチェリのあの髪型故にヘルメットが完全に頭部にフィットしていたのかな、という疑問が浮かびます。 例えばロレンソや現在のロッシのような短髪に比べ、絶対的に多い頭髪を収めるためにヘルメットのフィットがルーズだったのでは?とも想像した次第です。
 まぁ、頭部損傷だけが死因ではないとは思いつつ...

投稿: あやおば | 2011年10月26日 (水) 02時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 侮れないExcelのグラフィック | トップページ | ペンタブレットでお絵描き »