« 写真スライドショーで今更どたばた | トップページ | IndyCarsとmotoGPでの死亡事故 »

侮れないExcelのグラフィック

 少し前から月2回社会人、それも恐らくは60歳前後と思われる紳士にホームページにまつわる技術を教えています。
 このおじさん、これまで全くwebとは関係なく、突然異動で広報部門に回され、それも単なる監督ではなく実際にサーバー内のコンテンツを編集しなくてはならなくなったそうです。
 サラリーマン生活に縁がない私は素直に大変ですねぇ、と言ったら「いや、これがサラリーマンですわ」と、特に恨みっぽくもなくあっさり言われたのには、少々感心しました。 なるほど、これはこれで腹をくくっていらっしゃる。

 それはさておき、このおじさんの会社、DreamWeaverもFireWorksもPhotoShopもなく、ホームページビルダーがメイン。 グラフィックは?と訊くと、前任者はGIMPを使っていたということ。
 うひゃ〜、GIMPって使ったこと無い、と思いつつ、可能な限りは対応しなくてはならないので、事務所のWindowsマシンにGIMP2をインストールして予習。
 感想は「PhotoShopのようでPhotoShopでない、ベンベン♪」。 まぁ無料ですから文句は言えませんわなぁ。

 んで、この会社のwebに貼付けてあるバナーや地図を適時編集しなくてはならず、バナーについてはエクセルに貼付けて一種のデータベース化されている、と聞いて、とりあえずその内の数種類を持参してもらいました。 う〜ん、確かにExcelのシートに無造作にバナーが多数貼付けられています。

 この時点で私の頭には、先に聞いたGIMP使用という言葉が前提にありました。 ですからExcelからこれらのバナーをコピーしてGIMPに持ち込み、当然ながらレイヤーなんてのは存在しないので、バナー内の文字はグラフィックとして編集することにしました。
 ことろがこのコピー作業で、時々バナーの一部しかExcel上で選択できないトラブルに見舞われ、二人で「う〜ん」と頭を抱えるはめに。 「おっかしいですねぇ」とExcel上でごそごそやっていると、なんとそのグラフィックはデータベースとして保管されていたのではなく、Excel本体のグラフィック編集機能で作成されたことがわかりました。
 つまりはExcel上で矩形(角丸も簡単)を組み上げ、テキストもそのままオブジェクトとして保持されているため、コピー変更も(GIMP上でのビットマップ編集に比較して)めちゃくちゃ簡単。 おまけにビジネスソフトならではのクリップアートも充実していて、その仕組みがわかっておじさんと大笑い。

 ただし、どちらにせよ最終的にGIFやJPEGにGIMPで書き出さなくてはならないため、とりあえずその会社のデータの仕組みを説明した後、ExcelからGIMP経由でweb用に書き出す方法をお伝えしてその日の授業は終わりました。

 情報不足だったとはいえ、グラフィックを生業にしている故に、かえってこういうビジネスソフトのグラフィック機能については無知なもんだと改めて反省しました。

|

« 写真スライドショーで今更どたばた | トップページ | IndyCarsとmotoGPでの死亡事故 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 写真スライドショーで今更どたばた | トップページ | IndyCarsとmotoGPでの死亡事故 »