« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

さよならMac ATOK

 先日、このマシン(PowerBook G4 12in.)のIMをアップル純正のことえりに戻しました。
 思えば二年前に変換効率の評判に惹かれてATOKにしたのですが、これがそれほど賢いとは思えませんでした。
 もちろん、今戻してみたことえりと比べれば確かにまし。 でもそれ以上ではなく、画期的に「おおっ!」と目を見開くほどではありませんでした。
 
 ATOKファンのために自己批判するなら、多分大昔のFEP時代の癖で短文、下手すると単語ごとに変換をさせる癖がATOKの正しい進化を妨げたのかもしれません。
 
 しかして、何よりいつまで経っても馴染めなかったのがキーアサイン。
 思えば20年前以上に初めてMacに触ったときに最初から導入していたのがMacVJEというFEPで、こいつが日本語/英語入力モードの切り替えをcaps lockキーで行うことが可能だったのがことの起こりかと想像できます。
 古くからのMacユーザーは、テンキー入力が(入力モードがどうなっていようと)半角数字になることに加えて、DTPユーザーとして英文は(横書き対象の場合)常に英文モード(いわゆる半角英文)で入力することが当たり前だったために、英文・数字入力時にcaps lockキーのみで切り替えができることになれていました。
 
 ところがATOKではいくらセッティングをあがいても、Command+option+spaceで完全な英文モードにしないかぎり、半角入力時には必ずATOKが介在することを防げません。
 最初はそのうち慣れると思っていたのですが、長年の癖って怖いもんですね、半角モードを期待しているときに常にATOKの変換準備モードを示す黒いアンダーラインが出るのがついに我慢できなくなった、というわけです。
 
 ということで十日ほど前からことえりに戻っております。 確かに阿呆は阿呆です。 でもATOKも(私が使っていた限りで)それほど賢かった訳ではなく、敢えていうなら類義語のそれぞれの違いを示してくれる機能が少々懐かしい程度で、それよりもcaps lockキーの快適さの有難味の方が今のところ新鮮です。
 
 いやぁ、こうして人は時代に明らかに乗り遅れてゆくんだろうなぁ... あははのは。

| | コメント (0)

年末までの苦行

Reconstruction かねてから管理組合で懸案となっていた我がマンション初の大規模修繕工事が始まりました。
 築10年を超え、二年ほど前から管理組合で侃々諤々やっていた結果でありますので、全く異論はありません。 ただ、この時期に始まるとは想像していませんでした。
 
 これまで行われた工期も含めた公開の話し合いは、あいにく毎回週末の夜に行われ、バー勤務が足かせとなって一度も参加できませんでした。
 ざっと四ヶ月はかかるということで、どうやら年末には終えたいという意見が通ったようです。 まだまだ残暑厳しい中、シーリング剤注入のための雨戸外し、プライバシー保護のためのカーテン閉、足場の保護網など、正直うっとおしい材料が目白押しです。
 
 立地と眺めと風通ししか取り柄がないマンションで、そのうち後者二つがスポイルされると正直凹みます。
 酷暑といわれながらもこの夏、私の部屋はまだ二度しかエアコンを入れなかったのに、昨日から9月頭までは自室の二枚の網戸は除去。 イコール防犯、虫除け、インコ逃亡防止のために窓閉がデフォルトになりますから、一転してエアコン常時ON。
 設定温度は26度から28度にしているものの、健康への影響が気になります。 なにより、一年を通じて最も水道光熱費が安いこの時期に、エアコン使用料の増加はどうなるのよ、という文句の一つもつぶやきたくなります。(もちろん組合による補助などはありません)
 正月超えても良かったからもう一ヶ月遅れて始めても良かったんじゃないの?と思っても今や遅し。
 
 一方でこれまでずっと放置されていた、同居人が枯らしまくってミニ荒野と化したプランター類や肥料は全て処分できましたから、まぁこれはこれでメリットがない訳ではないと思うことにしましょう。
 
 しかしなぁ、秋風が本格化するまでもう少し夕方のベランダで風呂上がりのビールをゆったり楽しみたかったぜ...

| | コメント (0)

L-09C、使用料金の感想

 docomoから毎月の料金請求が来て中身を見たら「高っ!」。 また息子が一万円越えの通話をしたのか、と興奮しつつよくよく見たらL-09Cの本格的な請求が始まったことが原因とわかりました。
 
 7月丸一ヶ月で72,332KB、5,467円。
 購入したのが6/30、そこからVAIO typeU、PowerBook G4、iPod touchと接続開始、スピードテストや動画関係の仕事で接続が不可欠なサイトのチェックなどをした結果です。
 一方でこれまでのau W05K、UQ WiMAX UD03SSの直近の費用は2,191円と319円で合計2,571円。 ざっと倍になった計算になります。
 
 しかしこれは導入初期段階であることと、L-09CがルータータイプでiPod touchが接続候補となり、外出先でネットに接続する機会が増えたこととを考えると特に高額になったとは言い切れません。
 それよりもその間の使用感と72,332kバイトという数字の釣り合いの方が気になります。
 
 私の契約している(そしておそらく多くの人が契約しているだろう)"Xiデータプランにねん"では、20,677KB〜5GBは4,935円/月(キャンペーン終了後は6,510円/月)で、それに500円のmoperaUプロバイダ料金が加わって冒頭の金額となります。
 auとUQ WiMAXはここ数ヶ月全く使用していませんでしたから、もし同条件に落ち着けばXiでも1,000円/月となり、そうなればau+UQ WiMAXの二本立て体制よりは明らかに安くつきます。
 しかしそれは3,177KBまでであり、そこから20,677KBまでの従量制を経て5GBまでの「踊り場」定額料金になる訳ですが、さて、自分の使用感覚では72,332KBも使ったかなぁ、というのが正直な感想です。
 
 とはいえ、昨今のwebサイトはFlashありのJavaScriptやhtml5でのスライドショーなど開いている限りは想像以上のデータをダウンロードしていますし、バックグラウンドでアップデートの確認、果ては勝手にダウンロードまでしますから、こんなもんなのかもしれません。
 
 たまに新快速の中でデータ通信カードを差し込んだノートPCでひたすら仕事をしている人を見かけますが、彼らのような使用方法だと、動画など一切見なくても毎月の使用量が5GBという一つの目安にかなり近づいてしまうんではないかという余計な心配をしてしまいます。
 
 にしても、500円のmoperaUのプロバイダ料金が余分ですねぇ... "Xiデータプランにねん"の説明にはこれは含まれていませんから、無駄というか不満を感じます。
 
 ま、来月あたりになれば恐らく安定的な使用量となると思いますので、その頃またフォローいたします。

| | コメント (3)

From Left to Right

 昨日のFender Rhodesの記事を書いていて、ふと気になったアルバムがあります。 題名はずっと覚えていて"From Left to Right"。 調べてみたらビル・エヴァンス。 そう、あの"Waltz for Debby"の彼です。
 ところがあのWikiでさえ「またアレンジャーのギル・エヴァンスも愛用していた」。 ギルじゃないんですよ、私が記憶しているのはビルなんだけど。(これはWikiの間違いではなく、ビルについて触れられていなかっただけです。ちなみにギル・エヴァンスなるジャズプレーヤーは実在します)
 
 記憶の発端は高校時代の友人。 今じゃ警察官になっていて、その兄も同じく警察官。 この兄は警察官志望でありながら大学英文科時代の卒論がグレート・ギャツビーについてだったとかで、さらにジャズファン。
 その弟経由でビル・エヴァンスの"From Left to Right"というLPを借りたのがRhodesとのもう一つの出会いでした。
Fromlefttoright
 
 ジャケットを見て頂くとお分かりのように、ビルは左手でSteinway、右手でRhodesを軽く扱っています。 それが左手と右手とでアルバムの題名になったのかと想像しつつ、今でもその真実はわかりません。
 録音が1969〜70年ですからFender Rhodes Mark Iが発売された直後ということになります。 が、その友人がこのアルバムを貸してくれたのは高校卒業した後ですから、1976年以降。 だから私のRhodes初体験は1972年のスティービー・ワンダーのサンシャインだったことに間違いないようです。
 
 あれ、何の話だったかな?
 そう、この時代、気になるアルバムはすぐにネットで検索・購入が可能です。 あいにくiTunes shopは取り扱いしておらず、amazonで発見。 そこにあるレビューでも、長い間CD化されていなかったことと併せ、決してこのアルバムが名盤ではなかったことが伝わってきます。
 
 結局そのままポチットな、メール便なのに翌日配達されました。 針を落とすと、もといCDプレーヤーに放り込むと、あぁ懐かしい、CDになってもLo-Fiなこの音。 流れる優しいメロディはまさしくビル・エヴァンス。 そして流れるRhodesの音色はステレオトレモロもなく、まさしく先日私が弾いたMark Iそのもののシンプルさ。 いや、アンプやその他のコンディションが違うのか音の出方はもっとこちらの方が素直ですけど。
 ただし、初物とはいえ、さすがのビル・エヴァンスも右手が時に微妙にひっかかるような部分が散見されますので、やはりRhodesをきれいに鳴かせるにはそれなりのコツが必要だったのかもしれません。
 
 ま、そんな話はそれくらいにして、あくまでビジュアルとしてやっぱミュージシャンとタバコって格好いいですねぇ... キースがタバコをヘッドに挟んでってのは有名な図ながら、キーボードプレーヤーもタバコ吸ってって絵があったのだ、と改めて再確認しました。(とはいえ、この灰の長さは既に演奏の邪魔になっていることと想像できます)
 同じことはドナルド・フェイゲンのNightflyにもいえますね。 でももうスモーカーには戻れません。 こういのを時代の段差とでも呼ぶのでしょうか。
Nightflight


| | コメント (0)

Fender Rhodes Mark I、なのである

 この歳になってくると、若かった頃に高嶺の花だったモノにひょんなきっかけであっさりと触ることができたりすることがあります。 その一つがこのFender Rhodes Mark I、いわゆる電気ピアノでございます。
Rhodes1 
 多分最も記憶に強烈に残っている私のRhodesの初体験はスティービー・ワンダーのサンシャイン。 一瞬船酔いしそうなあのステレオトレモロは本当に強烈なインパクトを受けました。
 その後続々と、チック・コリアのReturn to forever、有名どころではビリー・ジョエルの素顔のままで、おっと、その前にGet backのビリー・プレストンがいましたね。 いえいえ、個人的に今でも驚愕なのがジョージ・ベンソンのWhite Rabbitに参加していたハービー・ハンコックのプレイも凄い
 
 ま、そんなあこがれの名器をヘボな私が弾く機会があったわけです。
 ピアノには明確にFender Rhodes Mark Iの銘版がありますから、Wikiを根拠にすれば1969-1975の一台で、73健のステージピアノであることが判明。 コンビとなるプリアンプ内蔵のスピーカーシステムがないのでいわゆるSuitcaseのステレオトレモロは搭載されておらず、しかして写真にあるように"Bass Boost"というボリュームがあり、うん、確かにこれをあげてゆくと、あのころのパワフルな音が蘇ってきました。
 
 音の出し方はアンプが適切でないのか、私の弾き方がまずいのか、今ひとつ粒だちの良い音が得られません。 そうかと思えばふとアドリブで叩いた高音が非常に澄んだ音を出したりと少々気難しい。 以前学校のサウンドスタジオに置いてあったRhodes(こいつはこいつでSuitcaseだったんだけど、ステレオトレモロの片チャンネルが死んでいるといる状態)のほうはもっと取っ付きやすかったのが記憶に残っています。
 
 このRhodes、私の友人Aのところに、友人Bの一軒家からマンションへの引っ越しに際しての処分で転がり込んできた経緯があります。
 何より驚愕だったのが蓋をを開けて初めて見せてもらったハンマーアクション。
 よくRhodesは音叉を叩いてそれをピックアップで拾う、とはいわれていましたが、まさか実態はこんなにややこしいことになっていたとは。 特に高音部に至ってはそれまでの音源の配置から突然90度回転されて、ああ、あの倍音のほとんどない高音はこういう構造故だったのかと改めて納得できます。
 
 ピックアップはシンプル極まりない直列で、う〜ん、この辺りが音の癖の原因かもしれません。 ヘボの推測ながら、おそらく多数の音を同時に叩くのと、単音を一発叩くのとでは信号の流れ方が違うはずです。 もしこの推測が当たっているとするなら、70年代のいわゆる一流Rhodesプレイヤーたちはそれを既に会得していたということになります。 やっぱりプロはすごい。
 
 実はこの演奏の機会は、例のバーをそろそろ閉じるにあたって、身内だけでなんちゃって演奏会しようよ、というのが発端で、木曜日担当の若者のギターや、数年年上の、死んじゃった先代のころからの常連さんとかがごちゃごちゃと酒飲みながらやった「学芸会」というイベントでした。
 ホテルカリフォルニアがAmだろ、いやオースオラリアのライブDVDではBmやで、とかなんだかんだ楽しい一晩でございました。
 
 欲をいえばもっとキーボードに適したアンプ+スピーカーを用意したり、トレモロやフェイザー(コーラス)アタッチメントなんかを加えれば楽しいんでしょうねぇ...
Rhodes2
Rhodes3


| | コメント (0)

中高年に数学が流行っているのだとか

 F1タイヤの本を買ったものの、あっという間に読んでしまって、検定会場の近所のコンビニで買った本が「感動する! 数学」という文庫本。
 
 理系に憧れる文系の私としては、素直に面白いなぁ〜と思いながらこれまたその日のうちに読破。
 こういう本読むと、なんか自分が賢くなった気がするのであった。
 
 と思ってたら数日後、NHKのクローズアップ現代で中高年男性の間で数学ブームが起こっているというのをやってました。 なんだ、私もその一人かい。
 なんでも段階を踏んでオイラーの法則を自ら解くまでを楽しんでおられるとか。 なんだ、私はそんなレベルには程遠い。
 
 ただ、この本とは全く別に、最近出た本の広告コピーに「もっと論理的に考えよう」というようなのがあったのを思い出しました。 曰く、振り込め詐欺、カルト教団、詐欺商法、みんな少し考えればわかるだろう!ってな意味でした。
 全てが理科系的思考でカタがつくとは思っていません。 むしろ時に「その論拠はどこに?」「データはあるんですか?」「それはあなたの主観ですよね」ってのにうんざりさせられたことも多々あります。 しかし、確かにそんなこと、ちょっと考えればわかるだろう、という主張は非常に納得できます。
 
 ついこないだも和牛にまつわるとある商法が破綻して老後の資金2億円がパーになった、という例が報道されていましたが、何回か試して高利回りが得られたので、それに気を良くして全財産をつぎ込んだという、リスクを考えない所詮面の皮の突っ張った年寄りのお粗末な話としか捉えられませんでした。 これだけじゃないでしょ、この手の話は。 いい加減目を覚ませよ>日本人
 
 まぁ、その一つが数式であり、物理式であり、要するにMr.スポックの論理的思考の重要性ということです。 いやほんま、実際に式を理解できるかどうかは別として、ちゃんと論理的に考えねばならない訳ですよよ。
 
 んで、この本の中に「懸賞金つき今世紀最大の難問」というコーナーがあり、ポアンカレ予想ってのが載っているんだけど、これって同じくNHKでロシアかどこかの数学者が証明し、しかし賞金を受け取らなかったってドキュメントをみたことがあるんですが、さてあの話の顛末はどうなったんでしょうか。

| | コメント (0)

ブリジストンの浜島氏が書いた本

 先月夏休みに入った直後にDTP検定の付き添いがありました。 肝心の合格率は近年に比べて少し上昇して3.5割ほど。 まぁ... 許してください。
 
 昼前から夕方まで三グループに別れた生徒を待たなくてはいけません。 生徒が一旦試験会場に入った後は私は外でただひたすら待つだけですから暇つぶしが必要になります。 L-09C経由のiPod touchでネットブラウズしてもすぐ飽きるし、こういうときにはやはり本。 それも小さい文庫本が最適。
 
 てなわけで、新快速に乗り換える新大阪コンコースの本屋で「F1 戦略の方程式」を買い求めました。 そういえば新聞に広告が載っていましたっけ。
 まぁ、今更F1、という気もします。 毎レースごとみているものの、実は楽しみにしているのはmotoGPの方。 でもKERSとDRSの採用で少しは面白くなったかな。
 
 とはいえ。 著者は浜島さん、ハミーなのであります。
 タイヤメーカーの担当者が書く本ということで、最悪ド初心者向けでもないだろう、との期待は裏切られることなく、あっという間に読めてしまいました。
 こういうのにありがちな「俺はシューマッハやセナと飯食ったことあるんだぜ、モナコのホテルって東京のホテルなんかとは比べ物にならないぜ」なんて低次元の話はいっさいなく、むしろ企業体としてミシュランとの戦いが想像以上にシビアだったことなど、中継をみるときは単に今の順位や追い抜きのみに注目するのではなく、ラップタイムに注目するとさらに先が読めておもしろい、となかなかのものです。
 
 何より、昨年まで前線で戦っていた人の話ですから話が新鮮なのが気持ちよく、プロストやセナ、中嶋悟ではなく、ヴェッテルやアロンソ、バトン、小林可夢偉ですから。
 
 おかげでサマーバケーション明けのF1が楽しみになりました。

| | コメント (0)

やっぱパソコン雑誌も読まなくては

 もう一年近く、Mac雑誌(現在はMacPeople)を毎月買っては読まずに次号の販売日を迎えるという日々が続いています。
 
 なにせソフトバンク嫌いで、さらにUSBマスストレージにならないことが理由でiPhoneに踏み込まず、取り敢えずPPC Macが動いているのでIntel Macも持っていないから既にOSのバージョンは糞詰まり。 当然アプリも制限されるので既に最新のAdobe CSにもついて行けません。
 まぁ、仕事に関する部分は学校や出先、さらにはWindowsマシンでなんとなかるので特に困ってはいません。
 
 が、先日数ヶ月前のMacPeopleをパラパラめくっていると私が持っているiPod nanoのOSバージョンアップの詳細な説明があったり、SIMロックフリーのiPhoneの記事があったりと、特集記事よりも周辺のコラムやメモ、ニュースはやはり押さえておく必要があるんだと改めて痛感しました。
 
 そう言えば十年前もこんな時期があって(あのころはMacLife読んでました)、もう定期的にパソコン雑誌読まなくてもいいや、と思っていたら、ひょんなことからヘルプに入ることになったマック販売の店頭でPowerMac7500と7600の違いが説明できなかったり、とやはり明らかに知識不足を認識したことがありました。
 
 てなことでとりあえず半年前からのMacPeopleを乱読中...
 別に新しいMacは欲しくはならないものの、母親にiPad2を与えるべきかどうか考えるようになりました。

| | コメント (0)

大人あせも

 体温を上げたおかげで汗が良く出るようになり、相変わらずエアコン無しで快適にすごすことができています。
 一方で先日来から胸の、いわゆるVゾーンの辺りがひりひりするようになってきました。
 
 以前からここらにはプツプツと小さいかさふたができていましたが、いつのまにか6cm×3cmくらいの火傷の跡のようなツルツルの傷ができてます。 ありゃ。
 ネットで検索してみたら、省エネの関係で発汗量が増え、大人のあせもも増加しているそうです。 ほ〜。
 
 最初は私のお気に入り外傷薬ムヒオロナインを塗ってたところ、あまり効き目無し。
 やっぱり専門薬でないとだめなのか、と薬局に行くと専用塗り薬は結構高い。 その中でそこそこの値段のユースキンのその名も「あせもクリーム」というのを買いました。
 いや、市販薬となめてましたが、専門薬は凄い。 2〜3日で痛みは消えました。 楕円の傷跡はそのままですが、まぁ別にこれから嫁に行く身でもないのでこれはOK。

| | コメント (1)

体温アップ

 え〜、一週間以上経っての更新です。 特に問題があるわけではなく、むしろ夏休みを満喫している結果というか何というか。 最近はL-09CとアブトロニックX2、B787ネタが人気で、こつこつと新規のネタを書いても殆ど読まれていないというか何というか...

 気を取りなおして題名のこと。 半年くらいかかって体温を0.5〜1度上げることに成功しました。
 ことの起こりは私の平均体温が35.5度、最近は下手をすると34度台になることもありました。

 最近有名になったように、体温が低いと色々トラブルのもとになるそうで、逆に言うと上げると免疫だとか代謝量とかいろいろメリットがあります。
 とはいえ、別に大したことをしたわけではなく、半身浴的入浴、週2〜3回の水泳、禁煙ってとこでしょうか。 ショウガはニンニクほどは好きではないと言うことで殆どバス。

 一時的な変温動物的上昇ではない証拠として、足の裏が常にほんのり温かい。 そしてみぞおちの辺りが温かい。
 メリットとしては、う〜ん、強いて言えば「全く健康」。 しかして寝る時間も短くなってしまったというか、寝覚めが良くなったようで、それは良いことなんだろうけど、生来の横着者としてはこれはネガティブに感じます。
 あ〜、あと髪の毛が硬くなったというか、一時期もう絶望的にコシが無くなって、寝癖すら懐かしい思い出になっていたのに、です。 ただし、かつてのような毛の質ではなく、微妙にゴワっとしているのが悲しい。 とはいえ、要するに血流が改善されたと言うことかも知れません。

 何でもやってみるもんだ。

| | コメント (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »