« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

中国高速鉄道の滑稽

※罪のない犠牲者の方々には心から哀悼の意を表します。
※以下は中国嫌いのスタンスを基本に書いております。

 我ながら大人げないとは思いますが、朝刊で事故のことを知った瞬間、思わず笑ってしまった私がいました。

 まぁ、やっぱりこの程度の国なんでしょうね。 犠牲になった人々は報われません。
 閉塞区間の安全すら守れないというのは「高速」以前の話で、鉄道輸送の基本中の基本です。 この程度の技術で世界最速とか謳うのなら、中国共産党員専用列車として運用して下さい、としか言いようがありません。

 日欧の技術導入からまだほんの数年しか経っていないのに、それらの寄せ集めを独自技術として世界に特許申請する面の皮の厚さに、いつか大事故でも起きたらいいのに、と正直思ってました。
 でも「大事故でも起きたら彼らも目が覚めるだろう」とは思えないんですよね。 恐らくこの世界的な赤っ恥事故を繕うために中国はありとあらゆる嘘と妄言でごまかし、さらなる恥の上塗り行為に走るだろうと思います。
 懸念は日本や、車両を製造した川崎重工への八つ当たり。 システムは正常だったのにブレーキが効かなかった、落雷で壊れた、これは車両の欠陥だ、果ては中国の技術進歩をねたむ日本企業の陰謀だ、云々かんぬん。
 なにせ日本の新幹線技術は既に越えた、と平気で公言する国ですから。 いや、新幹線の営業中の脱線事故は一件だけ、それも中越地震が原因でした。

 中国のネットにも「世界からあざ笑われる」というまともな声があるようですが、まさしくあざ笑っております。 この調子だと先日完成した中国最大の軍艦も、ちょっとした嵐で真っ二つに折れて沈没ってことになるかも知れないと思うと、今から楽しみで仕方ありません。

| | コメント (0)

献花

 昨年死んだ友人の命日が来たので、早朝、寝不足の目をこすりながら駅のホームへ。
 これがもとになって現在の週三バーテンダーが始まったわけですが、これで一年。 バーの方も当初の予定プラス一ヶ月の八月一杯で閉めることが決まりました。
 そう言う意味でも、一つの区切りとなるわけです。
 
Flower
 前日に買い求めていた花束を柵に立てかけて電車の通過を待っていると、痩せた中年男性が手に何かを持ってホームの端に近づいてきました。 よく見るとそれは数本の線香で、私の置いた花の隣に供えた後、合掌。 向こうも私に気付いて、短い話をしました。
 
 友人か親族かと思ったら、そうではなくて、たまたま手帳を見ていたら一年前のことが書き留めてあったので、せめて線香でも、ということになったそうです。 いつもこの時間の電車を利用されるそうで、ということは一年前、大変な迷惑をかけたわけで、にもかかわらず本当にありがたいことだと、深々と礼をして別れました。
 
 そして六時過ぎに電車がやってきて、私も少し離れたところから合掌。
 これで一つの区切りがついたような気がします。
 
 救いだったのは、当日の気の狂ったような日差しと暑さではなく、涼しいと言っても良いくらいの天候だったことで、おかげであの時の何とも言えない記憶が少し和らいだことです。

 しかし親族は誰も来なかったなぁ...

| | コメント (0)

見上げたもんだよ

 また玄関網戸のネタで恐縮です。
 そもそもこの手の扉にしたかったのはちゃんと施錠できることが理由でした。 とはいえ通常の扉はダブルロックですから、防犯度は単純計算で半分になります。 が、所詮ルーバーと虫除け網しかない訳で、神経質に考えたらそもそも装着自体できなくなります。

 そしてこの玄関網戸、不思議な鍵がついてきました。
 ディンプルなのは結構だけど、足が異常に短い。 ついでに持ち手も小さい。 このスペアを作ってくれるところがあるのかどうか取り付け前から心配していました。
 以前お世話になった商店街の鍵屋さんはディンプルキーには対応してないそうで、結局比較的近場の「カギの救急車」を利用することになりました。(この店にたどり着くまでにもネタがあるんだけど、それはまた別編で)

 ここはもちろんディンプルキーに対応しているし、ベースとなるブランクキーも超多数。 店員さんも信頼できそうです。 が、彼をしても持参した鍵を見せた途端に「う〜ん、これは...」と絶句。 多数あるブランクキーをずっと探し、あげくにメーター付きノギスを持ち出してさらに探索。
 もしこの規模の店でスペアキーを作れなければ、玄関網戸のシリンダーをスペア作成可能なタイプに交換するしかありません。

 結局十分くらいして同じブランクキーがないので断面の似たキーを短くカット、さらに溝も修正して対応する、とのこと。

 凄い、凄すぎる。 こういう工夫がプロの職人ってなものでしょう。

 以前のエセ鍵屋にしても今回玄関網戸の取り付けを拒否した業者にしても、ひと手間かければ絶対に可能なことを、おそらくは失敗したときのトラブルを嫌って最初から受けないことが多すぎます。
 確かに数千円の工賃のためにマンションの壁を傷つければ、損失は十数万円でしょうから気持ちはわかりますが、それではプロの名前が泣くってなもんじゃないでしょうか。 事情を説明した上で、例えば工賃アップになるが、こういう選択肢がある、という条件提示をしてもよいと思います。
 実際、この合鍵も税別3千円と、通常の合鍵の相場からするとかなり高いわけで、しかしそれに見合うだけの満足感は充分得られました。

 う〜ん、一人の造り手として何か学んだような気がする...
Keys2
※上がオリジナルキー

| | コメント (0)

玄関に網戸(2)

 販売業者にもリフォーム業者にも見放されたこの玄関網戸は、京都の園部にあるタナカ工業というところの製品。
 この製品、良くできてます。 玄関網戸としての結果は最高で、これで多分今年はこれまで以上にエアコンレスの健康な生活が送れます。 
 
 でも説明書が残念。 いえ、製作の順番は何とか分かります。 でもそれは作り手側がある程度経験があるというか、想像できる人の場合かも。
 何よりも、完成時にどうなるからこことあそこはこうなってないとダメです、とか、ここは完成したときには全く関係ありません、とかの説明がマニュアルの前半に欲しかったです。
 
 先の記事の写真では結構まともに組み立てられているように見えますが。実は片方に傾いていたり、実は剥がさなくても良かったクロスを剥がしてしまったりしているのです。 前者は原因も分かって、さぁどう対策しようかな、という段階。 後者は、う〜ん、取り付けたら見えなくなってしまったから良いんだけど、良いんだけど、良いんだけど...
 
 多分ね、私のクラフツマンとしての、いえそんなええもんやないなぁ... 単にセンスが鈍っているというか、ヤキが回ってるんでしょう。
 
 逆に言うとたホームセンターで売っている家庭用アイテムでこれだけファインチューニングというか後始末が必要なパーツは珍しくありがたいのかも。 車の世界では結構こういうパーツがありましたね。

| | コメント (0)

玄関に網戸

Summerdoor 木曜日はほぼ一日がかりでこの玄関網戸を組み立てていました。
 うちのマンションは時に暴風となるくらい風通しがよく、おかげで夏はほとんどクーラーをつけることがありません。 まるで昭和の日本。 近年、急に夏が好きになってきたのはこのマンションのおかげもあります。

 ただし、この季節の風は西向きの三面の窓から入って、全てが東向きの私の部屋から出てゆくためすごい風量となります。 さらに部屋のドアのベンチュリー効果で、風呂上がりには超涼しいのですが、寝ているときにはさすがに落ち着きません。 かといってここを閉じると上流の風量が落ちて暑い→エアコンをつける、ということになります。 光熱費担当者として、これは避けたい。

 てなわけで西向きベランダに正対する玄関を網戸にすれば、とずっと以前から考えていました。 しかしこれが結構高く、昔は5〜7万円台だったような記憶があります。 う〜ん、さすがに数ヶ月の夏の間だけにそれだけの出費は、と躊躇しつつ、毎年梅雨前に入るチラシ広告を眺めていると、徐々にではあるけど価格が下がってきているのに気づきました。
 そしてついに(か、どうか、それほど厳密にウォッチしてた訳じゃないけど)、今年は工賃込みで四万円台前半になっていました。

 まぁ、今年は例年に加えて更なる節電の流れがありますから、これを機会に、ととあるホームセンターで購入。 というか注文。 これが六月上旬。 店に届いたという連絡が来たのが六月中旬。 工事日を打ち合わせて業者が家に来たのが下旬。
 ところがこの時点でマンション購入にオプションで取り付けた腰板(風合板)が壁から突出しているため、取り付け不可と言うことが判明、返品も受け付けるとのこと。
 この時点での業者はホームセンターの社員で、非常に簡潔かつ正確に事情を説明するなど、好感が持てました。 故に返品よりもなんとかして装着したいと言うと、出入りのリフォーム業者を紹介するからそこでの取り付けを検討してくれということになりました。

 が、このリフォーム業者がいけない。 ホームセンターの店員の技術って知れてまっしゃろ、と軽口を叩きながらひょいひょいと寸法を測って、結果と見積もりは後日、ということで帰ってゆきました。 そしたら結果はNG、サイズの関係でやっぱり取り付け不可だと。 おまえの技術も知れとるわい>リフォーム業者

 再度先の信頼できそうな店員と話し合い、やっぱり返品か、ということになりましたが、こうなるとなんだかどうしても取り付けしたくなってきました。 この間に梅雨が開け気温も湿度も不快感上昇中。 それに加えて、何年も前から存在している商品が、なんで標準品の典型みたいなうちの安もんマンションに装着できないのか、という好奇心も沸々とわいてきます。

 ということで、価格に含まれていた取り付け工賃分のみ返金してもらうことで、あとはノークレーム・ノーリターンで引き取ることになったのでした。 結果、部品代は四万円を切り、一方で工具を三千円ほど買い込みましたから、特に得した感はありません。

 長くなったので続く…

| | コメント (0)

USB端子がいっぱい

 最近、またまた愛機PowerBook G4 12inの不眠症が酷くなり、省エネの流れもあって頻繁にシャットダウン/立ち上げの繰り返しをせざるを得ません。
 MacはWindowsほど立ち上がりが遅くないので(xp比)それ自体はストレスはそれほどないものの、各種webサービスのパスワードなどを再入力せざるを得ない設定をしているのでこれが結構面倒。 というか、メールチェックだけとか天気を見るだけのために、立ち上げてまたシャットダウンは単純に大層な話。
 
 よって、ここでかつてはMIATA車載用に、やがてバーのBGMマシンとして、そして今ではdocomoのXiと組んでネットワーク整備端末と意外な活躍を見せだしたiPod touchにその役目をさせることが多くなりました。 @niftyと余命幾ばくもないMobileMeを読み込めるようにして、天気予報はweather newsの無料app.を導入。Weathernews_icon
 
 とかなんとかやっていると今度はバッテリーの残量が気になり出します。
 これまではMIATAやバーで使用時に自動的に充電されていたのを意識的に充電してやらなくてはならなくなりました。 こんなとき恨めしいのがUSBの規格で、本体がスリープの時には充電できない。(Firewireは可能だった)
 自宅での愛機であるPowerBook G4のUSBポートはふたつ。 一つはマウスで埋まり、残りもストレージやサウンドのDA変換アダプターで常に埋まっていうることが多く、なかなか充電のみで利用できる空き時間を作るのが大変です。
 
 そこでふと気がついたのが同じ部屋にあるBDR。 こいつにはUSB端子がついている。
 試しに差し込んでみると、おお、ちゃんと充電可能だ。 充電量のマネジメントはiPod touchの方が行うはずだし、多分問題はないはず。 残念ながら電源オフでの充電はこちらも不可能で、目茶苦茶小さいアップル純正の充電器に比べたら非効率だけど、取り敢えず可能性が確認できたことは朗報かと。
 
 そういえば先日、学生が教室にあるOKIのPostScriptプリンターからiPodを取り外していましたっけ。 何やってるんだろう、と思ってましたが、あれもプリンターのUSBポートから盗電充電していたと言うことでしょうね。 いや、やっぱり若者は発想が柔軟だわさ、
Usb4charge

| | コメント (0)

IKEA鶴浜デビュー

 子供手当が出たのを知ってか知らずが、先日、娘が自室にベッドが欲しいと言い出しました。
 あ〜、まぁ約束だったもんね、はいはい分かりました。
 
 んで彼女はIKEAに行きたいという。
 「はいはい、ニトリね」
 「イケア」
 「うんうん、だからニトリ」
 「イケア」
 手強い...
 
 二号線沿いの神戸にあったころのIKEAには良く行ったし、あの時買った白木のテーブル天板は未だ事務所にあります。 てな昔話はともかく、今は大阪の大正区に鶴浜店があります。
 最近では珍しく、オフィシャルサイトには「自動車でのご来店が便利です」とあったものの、実はこの天保山付近の土地勘が今ひとつない。 USJ絡みの渋滞は嫌だし、以前迷いかけたこともあってどうも消極的。
 一方でJR大阪駅から無料送迎バスもあったので、今回はこれを利用。 ところがこいつがめちゃくちゃ赤信号に引っかかってうんざり。 これに懲りて帰りはJR難波駅行きを利用しました。
 大阪便はいわゆる乗り合いバスで、難波便は小型観光バス。 この差は何??
 
 それはさておき、2Fでベッドフレーム、マットレス、サイドボードと無事選定が済み。商品番号をメモに取る。 その後同フロアにあるビュッフェタイプのレストランで食事、あれもこれもと取りすぎてはいけない、と思いながらも二人で3.3千円ほどの出費。 しょえ〜。
 どこかの口コミに書いてあった100円のホットドッグってどこ?どこ?
 
 1Fでベッドに使うライトや小物を買い込み、さらに購買欲がわくのを、いやいや車じゃないんだからと自重しつつ、やっとこさレジ直前までたどり着きました。 そこでの説明書きを見て驚愕!!
 
 「お買い求めになった商品は全て商品棚からセルフカートに積んでレジまでお越し下さい」
 え? それって小物だけで今回のような大物(マットレスは90×200もある)は商品メモをレジに持ってゆけばそのまま配送されるんじゃないの? (ちなみにこのシステム、相当有名なんだそうで、勝手にそう思い込んでいた私が無知)
 ふと見ると、既にハンビーと呼んでも良いような大型カートが多数列をなして待機しているではありませんか。 この時点で私と娘の遊園地気分は既に吹き飛んでおります。
 
 まぁ、それはそれ、朽ちかけていても男子なんで、なんとか全てを巨大カートに積み込むも、重くて極めてコントロール性が悪い。 小物しか買っていない子供連れや、ぶつかったら鮮血とともに裂けるんじゃないかという生足の女とかがちょろちょろする間を進まなくてはなりません。
 やっとこさレジが終わったら、次は配送サービスカウンター(まぁ普通こういうのを持ち帰りできる人は極めて限られるよね〜)までさらに移動。 これも結構距離があります。
 
 そこで見つけたもの。 100円ホットドッグ。 こ、こんなところにあったとは... 上記システムといい、この店といい、あまりに学習しなさすぎ...
 
 結局、配送総重量は109kgだそうで、配送料は120kgまでの4,990円となりました。 重いはずだ...
 業者は佐川と提携しているにも関わらず、夜の配達希望が18:00までとなっています。 よく見ると佐川の引っ越しサービスのほうで、宅配サービスとは微妙に違うようです。 まぁ、確かにあの大きさ重さですから宅配と同じサービスと同じにはいかないでしょう。
 
 ということで、週末まで現物はお預け、娘は別途買った電気スタンドだけを点滅させていました。
 とはいえ、届いたら届いたで、これだけ大きいものをまず娘の部屋に搬入し、さらに組み立てなくてはならないのであ〜る。

| | コメント (0)

でかい虹

 昨日は娘の誕生日。
 「自分のバースデイケーキを独り自分で買いに行くのは嫌だ」
 というので、夕方学校から帰ってくるのを待って一緒にケーキ屋に。
 
 帰り、交差点の向こうで女性が必死で携帯カメラを操作している。
 「お〜お〜、どこでもアーティストだねぇ」
 と相変わらずひねくれたことを言いつつ、ふと空を見上げたら目茶苦茶でかい虹がかかっていた。 彼女はそれを写していたというわけです。
 この日の大阪は、朝からの晴天が一転して昼前に雨になり、以後ずっとぐずっていたのでした。
 
 高校入学まで携帯を持たせて貰えない娘にせがまれてNM705iで一応撮影はしたけど、全くダメダメのカメラなので期待薄。
 
 「こういうのって、慌てて家に帰ってみたら消えてるんだ」
 なんて、またまたひねくれたことを言ってたら家に帰ってもまだまだ健在。 どんだけ元気やねん>虹 と言うか、死ぬまでこの斜に構えたものの見方は変わらんのか>自分
 細かいことを言うと、最初に見たときには外側にうっすらとダブルでかかっていたんだけど、光線の具合か、それとも消えてしまったのかマンションから見えたのは一条のみ。
 それでも左は京都府と奈良県の境目辺りから、右は富田林の向こうの和歌山県までというなかなか豪快な虹でございました。
 (パノラマ写真の合成のまずさはご容赦の程を。PLフィルター使って虹を際立たせたのは良かったけど、画像端のバランスまでエキセントリックになってしまったのでした)

Big_rainbow

| | コメント (0)

瞬間最大風速 1400/日アクセス

 いや〜、L-09CとB787のネタのお陰でこれまで見たこともないアクセス数を稼がせて頂きました。 とは言ってもアフィリエイトなど一切無いので、単なる満足感と感謝しかないのですが。
 
 六年間このblogをやってて、これまでの最高アクセス記録は五年前の700/日。 1400/日というとさらに倍。
 管理サイトのデータを見る限り、主にYahoo!検索のおかげで、むしろいつもはGoogleに強い傾向の中で意外な結果でした。
 
 ここ数ヶ月の平均は300/日前後。 ココログの中で1500位〜2500位のあたり。
 これが先週末に書いたL-09Cの記事のお陰で突然ポンと600台に。 へぇぇ、ぼろくそに言われつつもやっぱりdocomoのデータ通信サービスってみんな注目してるんだ、と思ってたら、火曜日のB787の記事はそれどころではありませんでした。
 単純に引き算するとB787の記事だけで700/日を稼ぎ出したことになります。 あぁ、こんなことならもっと綺麗な写真を撮っておけば良かった、と反省しつつ、航空機ファンの数、そしてB787への期待が以下に大きいのかを示しています。
 
 ということでこの瞬間最大風速、@niftyのココログ中で420位。
 一方でL-09C人気はむしろ息が長く、7/6以降それまでの数字に戻りつつある中、それでも600〜700/日を維持しているようです。 これで大方1000位程度。
 
 改めて分かったことは、もしアクセス数向上を目指すなら、旬のネタ、それも濃いマニアが存在するジャンルで、さらに素早いアップロードが検索サイトの上位ヒットに貢献するようです。 ただ。それを意識すると息苦しいので、これからもダラダラとしたリズムを崩さないように心がけます...

| | コメント (2)

デアゴスティーニ商法にはまるか

 デアゴスティーニから出た「ジェリー・アンダーソンSF特撮DVDコレクション」、悩んでます。 
 これ、予定数全部買うと95,660円。 この金額は結構なものが買えたりします。

 私がデアゴスティーニのシリーズに真剣に悩まされたのはこれが初めて。 そして、ひねくれものですからな〜んとなくひっかかるわけです。 これについての説明はこちらの「デアゴスティーニ商法が行動経済学的に凄すぎる」というブログが適切かと思われますので割愛するとして、単にジェリー・アンダーソンマニアとして続けさせて頂きます。
 
 DVDの内容はここ数ヶ月、CSのスーパー!ドラマTVで放映されていた東北新社のデジタルリマスター版と全く同じと思われます。 その根拠は日本語版制作時にカットされていた(声優の声が残されていない)部分を字幕スーパーに置き換えて対処している点。
 私は既に謎の円盤UFOの全作品を(CATVのコース変更をしてまで)録画してBDに落としていますから、このシリーズの内、サンダーバード、キャプテンスカーレット、ジョー90、スティングレイが未入手となります。
 が、それだけ手間暇かけた謎の円盤UFOも全て見たかというと、本で言うといわゆる積ん読状態。 ということは残り四作品を生きている内に全て見ることは恐らく無いでしょう。
 
 では印刷物の内容はどうなのか。 円盤UFOとサンダーバードについては結構知っていることが多いので、それほど新しい発見は無し。 その他の作品では「ほ〜」と思ったりすることもありますが、それが(仮にDVDが無価値だったとすると)1,790円に相当する情報かというと明らかに薄い。
 
 何より気になるのが編集者のマニア視点の甘さ。
 全号買うと貰えるダイキャスト製のサンダーバード2号に付属のジェットモグラのスケールが明らかにおかしいこと。 本編ではドリル先端がポッド(コンテナ)ドア上部ギリギリだったのに、モデルは明らかにスカスカ、つまり小さい。 こういうところで志の低さが見えるような気がして仕方がありません。
 
 上記商法サイトを見てると、答えは今すぐシリーズ購入を止めるのが正しい消費者であることは明確です。
 と言いながら1号に引き続き2号も買っている現状の私。

| | コメント (1)

B787 伊丹飛来を見に行く

 遅れに遅れたB787がいよいよANAに納入される手はずになり、羽田から伊丹に、しかも友人の弟が操縦してくると言うので、早起きして伊丹空港にMIATAで行ってきました。
 
 雨上がりの早朝オープンは最高。 あっという間に空港着。
 ところがターミナルビルの屋上スポットであるラ・ソーラは既に行列ができていました。 7時開場ということで、15分ほど待っていましたが、続々と列は膨らみ、別途プレスと抽選で招待された人たちが先に会場入りして行きます。
 ゲートオープンしたら殺気立った場所取りが始まるだろうし、その後も大変な混雑だろうと思うと少々うんざりしていました。 とそこに冒頭の友人から連絡があり、滑走路を挟んだ伊丹市のスカイパークにいるとのこと。 いえ、もちろん私もここは期待しつつも、駐車場の開門が9時というのをwebで知って諦めていたのでした。
 
 急遽行列を離脱して公園に向かうと、ほんとだ、ちゃんと営業してる。 伊丹市凄い! 偉い!
 駐車場代収入のメリットもありますが、民間企業のイベントに対してのマニア目当ての営業時間変更を柔軟にこなすところは役所としては大したものです。
 
 こちらはというと、何せ広いので少々人がいても全く問題ありません。 みんな自慢のカメラを持ってのんびり。 無線を持っている人の漏れ聞く雑談を聞くと、30分ほど遅れいているのだとか。
B787_1 
 早朝とはいえ既に暑い中、それでもB787はやってきました。 事前の映像などを見るともっと主翼端が上部にそっていると思っていたのに、それほどでもなかったのは意外。 もちろんその前に降りてきたB767はもっとピッとしたシルエットでしたから、確かに特徴的ではあります。
 
 なにはともあれ、友人の弟は見事に綺麗に着陸しました。 このために数ヶ月前からシアトルに行ってたんだから当然と言えば当然で、我々レベルがどうのこうの言えた義理ではございません。
 
 その後、機体はターミナルビルではなく、北側の貨物ターミナルのさらに外れに駐機。 その後左前のドアにタラップが取り付けられてなにやらやっていましたが、遠くて見えません。 ターミナルビル屋上の人たちは満足できたのでしょうか...
 
 朝日新聞によるとまずは羽田ー岡山・広島路線に投入され、その後国際線に、とありましたから、伊丹で見ることはこの先もかなり先になるのでしょう。 まずは私としては珍しい初物食いの(しかも早朝の)イベントでした。
B787

| | コメント (0)

命拾いしたのかも

 昨日、いつものように自転車でバーへ。
 各部油ぎれが著しく、ペダルに力を入れるとギコギコ音が発生するようになっています。
 リアフェンダーの取り付けねじがゆるみがちなのは気がついていて、本来は先週、増締めなどの整備をしようと思いつつ、今週に延期。
 
 ここを越えればもうバーは目の前という踏切で、後輪付近から違和感が。 本能的に何とか立て直そうとして、でも完全に後輪のコントロールを失って、車で言うところのハーフスピンをやらかして左の肩胛骨から見事な転倒。 その横を通り過ぎる乗用車。
 世の中、実はまだ優しさが残っているもので、複数の人が大丈夫ですか、と声をかけてくれ、取り敢えず礼を言うも、心も体もパニック。
 
 なんで?なんで?
 
 噴き出る汗にも気付かず後輪をチェックすると、泥よけの位置がおかしい。
 こちらの写真のリアフェンダー、前部の取り付けは一本のねじ。 もともと緩んでいたのが、踏切を越えたときのショックでついに外れ、タイヤに接触、そのまま巻き込まれて回り込み、なんと後輪の接地面をカバーしてしまったのです。
 この瞬間、後輪はアルミ製になったようなもので、いえボンドカーでもないので当然グリップゼロ、いわゆるタイヤロック状態に瞬時になったというわけです。 でも整備不良、私の責任です。
 
 幸いだったのはもともとそれほど速度が出ていなかったことと、転倒直前に何とかして左足で立とうとしたことで最後の最後まで衝撃吸収に努めたことかも知れません。 落ち着いてチェックしても、体の傷や痛みは全くなく、着ていたユニクロのリネンシャツも無事。
 
 でもこれは転倒した場所が踏切を越えたばかりの少し広かった場所だったから。
 この先は急に歩道がせり出してきてましたから、ここに肩や頭を打ち付けていたら、あるいは帰りにもっと速度が出ていたときにこうなっていたら、と思うと時間が経つにつれてぞっとしました。
 この踏切、少々曰く付きで、こんな出来事があったところでもあります。
 
 このバーの一年間の営業を引き受けた時、絶対に避けたかったのが往復の自転車事故。 その為にヘッドライトやテールライトも躊躇無く追加したわけですが、整備不良がまさかの初転倒に繋がるとは意外であったり悔しかったり。
 
 別の視点から見ると、この手の安物自転車の設計思想の恐ろしさ。
 このリアフェンダーを止めている一本のスクリュー、片方が大きなな長穴形状になっています。 これはリアフェンダーと組み付け時の効率化が理由と思われます。 これを単一の穴にすれば、完全にねじが抜け落ちるまでフェンダーの位置は変わりませんが、長い穴だとゆるみが大きくなっただけで(今回のような大きな振動などで)フェンダーが本体から外れてしまうわけで、う〜ん、この辺りが効率化設計の怖いところ。
 
 改めて大事に至らず感謝するやら安堵するやら。 まるで後追いで死んだかのような事故は嫌じゃ。

| | コメント (0)

L-09C、その後

 三ノ宮の学校に昨日購入したL-09CとiPod touchを持参。
 非常勤仲間に取り敢えず購入を報告(自慢)して、電源を入れると、ここではLTE接続できることに気付きました。

■速度

 いつも使っている回線速度計測サイトはPC用でjavaを利用するため、iPod touchでは利用できません。
 そこで他の講師からflashもjavaも使えないiOS系のための画像ダウンロードの時間を計測するサイトを教えて貰いました。
 
 一口でLTEと言っても、昔のISDNのように数本束ねたりするなどの工夫で高速性を確保するようですから、なかなか計測結果が安定しない中、一応数字を控えました。
 余り速いとは言えない学内LANでの数字も併記します。

 LTE 3.2Mbps
 LAN 5.6Mbps

※2011/7/30追記
 上りについての数字は余りにも高性能すぎ、以後何度試しても同レベルの成績が出なかったために、削除しました。

■マスストレージ

 ショップから自宅に帰り、本体に電池を組み付ける作業をしていると、simカード横にmicroSDカードのスロットを発見。 何これ?と不思議に思いマニュアルを読み進んで行くと、USB接続によりマスストレージになることを知って驚き。 購入前に予習していたつもりでしたがこれには気付きませんでした。
 
 今私は学生への課題や見せたい映像などをiPod nanoに入れて学校に持参しています。 これは16GBで、マニュアルによるとL-09Cは2GBまでのmicroSD、32GBまでのmicroSDHCが使用可能だとかで、OSの違いは関係無く、nanoの倍の容量のストレージを確保できることになります。
 ただしこの機能はUSBケーブルによる有線接続時のみであって、ワイヤレスストレージとしては使用できません。
 
■料金プラン

 料金プランは二年縛りの「データプランにねん」に加入しました。 スタートキャンペーンのお陰もあって二年間は月額の最高額は4,935円に抑えられるのですが、これが終わると使用量が青天井になります。 いわゆる懐かしの「パケ死」が想像されます。 これを防ぐために使用量が5GBを越えたら使用を停止するサービスがあるわけですが、契約時にはこれがデフォルトになっており、実質使用量フリーの二年を超えた後は明示的にこれを解除しない限り5GBで自動的に接続停止になります。
 この5GBというハードルの高さをどう捉えるかはそれぞれの使用環境と目的によって大きく判断が分かれるところでしょう。

■その他

 大したことではないものの、本体のLED表示のリフレッシュレートが今時の感覚では非常に遅く、軽く振っただけでいわゆる点滅アニメーションが簡単に楽しめます。 非常勤講師仲間とは、実は大きく振ったら"I love you"とかメッセージが出るんじゃない?と冗談が出たくらいです。 昨日の記事の写真でLED部分が欠けて写っているのもその為です。

 単に物欲仲間である非常勤講師に見せるために学校に持参したのに、どういうわけか実習室のネット環境がダウンしていたため、その保守でL-09C + iPod touchが思わぬところで役立ちました。

 ※2011/8/19追記 L-09C、使用料金の感想

| | コメント (4)

docomoのL-09Cを購入

L09c_1
 以前から気になっていたdocomoのルータータイプデータ端末L-09Cを購入しました。
 これまでは都会用にUQ-WiMAX地方用にauを使い分けており、かなり前にauからWiMAXとCDMAの両方を自動的に切り替えて使えるタイプのDMが来ていたのですが、これがUSB接続でしかもPPC Mac非対応。
 iPod touchも加わり、もうこれからはルータータイプだろう、と思ってたらマイ好奇心アンテナに引っかかったのがこのL-09Cだったのです。
 今改めてauのサイトを見ると、こちらもルータータイプが色々出ているようですね。 でもWiMAXとCDMAの併用について良く分からない。 この辺りの広告のまずさも今のauの凋落を表しています。
 
 かつてはdocomoのデータ通信プランはどうしようもないものでしたが、広告に鉄人28号を使い出したときからましになったので、エリアの点で次はdocomoで良いか、と思うようになりました。
 とはいえ、料金プランについてはこちらのブログで辛口の書き込みがあります。 確かに私のように非常手段として最低限のインターネット接続環境を確保する目的ならともかく、完全なワイヤレスとしての接続インフラとしては「NTTドコモが、NTT東西コムの光ファイバーの価値を決定的に脅かすようなサービスは提供できない」というこのブロガーの推測は正しいと思います。
 
 水曜日に6/30に発売開始とweb経由で知っていたので、しゃれた端末が入荷することがない近所のdocomoショップに電話したら予想外に在庫がある、とのこと。 おや、NM705iの時のようにヨドバシに行く覚悟をしていたのに。
 価格についても訊いてみたら、新規ならゼロ円だとか。 データ端末なのでキャンペーンのお陰で事務手続き費用も無く、不慣れな研修社員が担当だった割に30分ほどで手続き終了。
 
 無線ルーターとしてのセッティングは何も問題なく、仕事用のVAIO typeU(XP)、メインマシンのPowerBook G4(OS 10.5 PPC)、iPod touchが次々とセッティング完了。 webブラウザ経由の本体セッティングも問題ありません。(ただし、初回接続時はかなり時間がかかります)
 
 さて、速度は、と思ったら表示は3G。 docomoのサイトで調べたら、あらら、我が市がXi対応エリアになるのは今年の11月末なんだとか。 この点UQ-WiMAXはさすがに先行サービスとして差をつけています。
 3Gでの体感速度はauのCDMAよりもさらに少し遅い感じで、動画再生させてみようという気にもなりません。(いつもの計測サイトでは下り3.2Mbps、上り367kbpsという前時代的数値)
 
 大きさは意外と大きい。 その分薄いような気もしますが、余っていたiPodソックスに入れてみたらプリプリの状態でさらに数mm入り切りません。
L09c_2 
 てなわけで、発売日初日に買ったときにありがちな、少し早まったかな感はあるものの、とりあえずサーバーの保守にiPod touchとこのL-09Cさえ持って行けば接続テストはできるのでそれだけでも良いか、と納得することにします。
 (早いとこauとUQを解約しなければ...)

 さらなる追記はこちら

 ※2011/8/19追記 L-09C、使用料金の感想

| | コメント (4)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »