« なんと共産党が会派トップだったとは | トップページ | L-09C、その後 »

docomoのL-09Cを購入

L09c_1
 以前から気になっていたdocomoのルータータイプデータ端末L-09Cを購入しました。
 これまでは都会用にUQ-WiMAX地方用にauを使い分けており、かなり前にauからWiMAXとCDMAの両方を自動的に切り替えて使えるタイプのDMが来ていたのですが、これがUSB接続でしかもPPC Mac非対応。
 iPod touchも加わり、もうこれからはルータータイプだろう、と思ってたらマイ好奇心アンテナに引っかかったのがこのL-09Cだったのです。
 今改めてauのサイトを見ると、こちらもルータータイプが色々出ているようですね。 でもWiMAXとCDMAの併用について良く分からない。 この辺りの広告のまずさも今のauの凋落を表しています。
 
 かつてはdocomoのデータ通信プランはどうしようもないものでしたが、広告に鉄人28号を使い出したときからましになったので、エリアの点で次はdocomoで良いか、と思うようになりました。
 とはいえ、料金プランについてはこちらのブログで辛口の書き込みがあります。 確かに私のように非常手段として最低限のインターネット接続環境を確保する目的ならともかく、完全なワイヤレスとしての接続インフラとしては「NTTドコモが、NTT東西コムの光ファイバーの価値を決定的に脅かすようなサービスは提供できない」というこのブロガーの推測は正しいと思います。
 
 水曜日に6/30に発売開始とweb経由で知っていたので、しゃれた端末が入荷することがない近所のdocomoショップに電話したら予想外に在庫がある、とのこと。 おや、NM705iの時のようにヨドバシに行く覚悟をしていたのに。
 価格についても訊いてみたら、新規ならゼロ円だとか。 データ端末なのでキャンペーンのお陰で事務手続き費用も無く、不慣れな研修社員が担当だった割に30分ほどで手続き終了。
 
 無線ルーターとしてのセッティングは何も問題なく、仕事用のVAIO typeU(XP)、メインマシンのPowerBook G4(OS 10.5 PPC)、iPod touchが次々とセッティング完了。 webブラウザ経由の本体セッティングも問題ありません。(ただし、初回接続時はかなり時間がかかります)
 
 さて、速度は、と思ったら表示は3G。 docomoのサイトで調べたら、あらら、我が市がXi対応エリアになるのは今年の11月末なんだとか。 この点UQ-WiMAXはさすがに先行サービスとして差をつけています。
 3Gでの体感速度はauのCDMAよりもさらに少し遅い感じで、動画再生させてみようという気にもなりません。(いつもの計測サイトでは下り3.2Mbps、上り367kbpsという前時代的数値)
 
 大きさは意外と大きい。 その分薄いような気もしますが、余っていたiPodソックスに入れてみたらプリプリの状態でさらに数mm入り切りません。
L09c_2 
 てなわけで、発売日初日に買ったときにありがちな、少し早まったかな感はあるものの、とりあえずサーバーの保守にiPod touchとこのL-09Cさえ持って行けば接続テストはできるのでそれだけでも良いか、と納得することにします。
 (早いとこauとUQを解約しなければ...)

 さらなる追記はこちら

 ※2011/8/19追記 L-09C、使用料金の感想

|

« なんと共産党が会派トップだったとは | トップページ | L-09C、その後 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

ストップウオッチ測定ではないものの、バッテリーは結構消耗が激しい気がします。
学校で正午から15時頃まで使用してネットワーク修理をし、ふと見ると五本あるバッテリーインジケーターが三本になっていました。
連続/間欠、LTE/3Gといろいろ条件で変わるでしょうが、電車で移動、現地でバリバリ使用、さらに帰りの電車でも使用という使い方では、充電アダプター、少なくとも出先のPCや家電USB端子から電気を取れる専用ケーブルは必携かと思います。

ついでに...
電源オフ時の消耗も意外と早いようで、半充電から一週間ぶりに使おうとしたら完全に消耗しておりました。
私のように緊急時の接続手段として利用する場合、充電状態に注意していないと、いざというときに使えないと言うことになりそうです。

投稿: あやおば | 2011年8月11日 (木) 00時05分

情報ありがとうございます

バッテリーの持ち具合はどうですか?

投稿: もみじ饅頭 | 2011年8月 8日 (月) 12時51分

ポートチェックをする時間はありませんが、取り敢えず鬼門とされていた動画は私が利用する範囲ではちゃんと視聴できました。
3Gでは2Mbpsは時々止まって実用にならず、512kbpsならちゃんと視聴できました。
ただし帯域制限は堂々と公言されていますので、何も気にせずに使うというわけには行きません。
この点はUQが優れていますが、なにぶんアンカバードエリアでは手も足も出ないのが、当たり前とは言え辛いところです。

投稿: あやおば | 2011年7月 3日 (日) 02時44分

ポートは全部通してくれますか?
以前FOMA回線だと制限してましたが、
Xiと絡むとどうなんでしょうか?

投稿: t2 | 2011年7月 1日 (金) 06時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« なんと共産党が会派トップだったとは | トップページ | L-09C、その後 »