« 時間がないという奴ほど(以下略) | トップページ | 東電の嘘、谷垣の滑稽 »

谷垣の愚

 いやぁ、まさかと思いましたが自民党と相変わらずの金魚の糞・公明党が中心となって内閣不信任案を提出しましたね。 当然裏には政局混乱しか能がない小沢絡み。 ほんとにこの人達なにやってんでしょうか。
 
 昨日の党首討論では谷垣「ただ一言、総理、辞任して下さい」。 それしか無いんか>無責任野党自民党。
 恐らく不信任案が可決されることはないでしょうが、そうであっても民主党は造反議員をどうするか決断しなくてはなりません。
 追放処分にすれば小沢や鳩山など現在の民主党にとってやっかいな一派を一掃できますが、数の安定を保てなくなります。 しかしてそれを恐れて軽い処分にとどめれば反主流派の反省どころか増長を招き、どちらにしても党内混乱。
 何より造反しようとする民主党員は今後の復興予算に絡む美味しい汁を手放すわけがないので、小沢を筆頭に与党から外に出るはずがありません。
 逆に敢えて一旦外に出て自民・公明と手を組んで新たな与党として君臨する計画もあるそうです。 しかし子育て手当ひとつとっても真っ向から対立する彼らが単に天下取りだけのために手を組むというのなら、もうそれは国民に対する立派な犯罪と言えます。
 
 一方で民主党の結束強化には、不信任案否決でも結局、管首相の退任しかないとか言う与党関係者も居て、万が一の不信任案可決も含めて、どれもが相当時間の政治空白を生じることは明白です。
 
 そんな時間が今の日本にあるのか?
 大震災の復興や日本全土に及ぶその影響、財政の一体改革の行方を注視する国債格付け、等々。
 
 そもそも党首討論で全く評価されずに呪文のように繰り返される菅への無能シュプレヒコールですが、さんざん批判を頂いたIAEAでさえ、原発事故後の現場作業員の復旧作業と住民避難には前向きな評価をしていたわけで、さてそれはどう捉えるのか。
 
 考えるに谷垣は焦っているんでしょうね。
 さぁこれから菅降ろし、民主党降ろしという流れが確かにあった中、突然の震災で政局戦争を仕掛けられない雰囲気になりました。 そして突然の浜岡原発停止命令という菅の意外なクリーンヒットで、リーダーシップの点を敵に稼がれてしまった、と。(話は逸れますが、この時点でもかつて原発推進策で甘い汁を吸い倒した原発族がこのご時世にもかかわらず改めて動きを活発化させている自民党ではこの決断は絶対に下せなかったでしょう)
 
 そんなこんなで党内での求心力を失いつつあるのは谷垣も一緒で、小沢という時代遅れのヤクザの存在を頼りに、どう転んでも現体制を崩すことができる今回の不信任案提出に走ったのでしょう。
 もちろん、首相が誰であれ民主党政治が安定的に続くわけもなく、なんにせよ日本のお先は真っ暗とは言わないまでも険しい山道。 なのにわざわざ崖崩れを起こそうとする政治屋達。

 国民は誰も得をしません。

|

« 時間がないという奴ほど(以下略) | トップページ | 東電の嘘、谷垣の滑稽 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 時間がないという奴ほど(以下略) | トップページ | 東電の嘘、谷垣の滑稽 »