« 腰のスローパンクチャー | トップページ | エネループは良い »

我がチャリ

Bicycle
 これは昨年のバーオープンの時から通いの脚になっているチャリ(自転車)です。
 数十万の自転車に乗っている人が多い今、安物です。
 
 もともとは自殺したバーのマスター、つまりは私の友達の遺品でして、店に常備、夜遅くなってたまに実家に帰るときに使っていたものを遺族の許可を得てもらったもので、考えてみればかれこれ七ヶ月愛用しています。
 
 とはいえ単に漫然と引き継いだのではなく、まずはすり減っていた前後のタイヤを一新。
 次にライト類の一新。
 ボランティアチックな仕事の往復で死にとうはない。 ということで前後にヘッドライトとテールライトを装備。 価格は忘れたけど想像より少し高かったです。
 これらライトについては別の話があるので、それは改めて。
 
 んで、このチャリンコ、今流行の折りたたみ式。 この折りたたみ機能が緩んで走行中に形が崩れ、乗っていた人が大けがしたというニュースもあったりして、むしろ時々点検しないと安心して乗っていられません。
 が、先日ボルボのワゴンの後ろにこいつを乗せて送ってもらうということがあり、ハンドルポストを折り畳んで事なきを得ました。
 
 毎年この時期に近所の河原に行って肌を焼く儀式(?)も、これに乗って行くことで大幅にタイム縮小。(たまの)事務所通いにも、と案外重宝しています。
 
 実は元のマスターの実家というのは私の事務所のある場所から大通りを挟んで反対側。 そして私の自宅は店から彼の実家への道のりの途中。 恐らくこの自転車は、いつもの道でありながら少し違うところに駐められることに違和感を感じていたはず。 でもさすがに最近は馴染んできた気がします。

|

« 腰のスローパンクチャー | トップページ | エネループは良い »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 腰のスローパンクチャー | トップページ | エネループは良い »