« ロッシの詫び状 | トップページ | 2011春に終わった番組 »

新しいことには頭が疼く

 実は私の会社は税法的に非常にまずい立場に置かれています。 それは「未申告」。
 申告の締め切りは昨年末で、とっくに過ぎております。 立派な罪でございます、これは。
 
 理由は二つあって、なによりも法人税の申告方法が難しすぎること。
 白・青色申告は数十年やってましたが、そんなもんじゃない。 何せ私が大学に入る前に一年間通った(すいません、嘘ついてました。秋には既に登校してませんでした)経理の専門学校では法人税は習っていません。
 大概の小さい会社の経営者は、青色申告レベルの決算のみ自分でやって、あとは懇意の税理士/会計士に任せています。 しかし悲しいかな私には懇意の税理士もいなければそれに払う費用もない。 あぁ貧しい。
 一昨年は取り敢えずwebの各記事を参考に、なんとかでっちあげましたが、あれは絶対に間違っているはず。 恐らく数年後に呼び出されてまとめて修正されるのは覚悟しています。
 
 第二の理由は多忙。 うちの申告締め切りは例のバーの手伝い開始と重なっていて、今でこそある程度慣れて比較的楽に週三日店番していますが、その当時は緊張の連続で毎週疲労困憊でした。
 いかん、このままでは超多忙を理由に長年の未申告を告発された茂木さんと同じになってしまう(いっしょにするな!という声あり)。 
 
 とはいえ申告書類の計算方法が...と頭を抱えていたら、Mac用のExcelマクロ集がシェアウエアで存在することを発見。 なんでもまた近々法人税法が改正されるそうで(この辺りの情報収集も素人ではもはや無理)、幸い今アップロードされているバージョンは私が未申告の年度に合致しているというのをメールで確認し、シェアウエアフィー支払い。
 
 パスワードを入れる。 おっと、Q&A方式で入力して行けば各種書類が上がってくると思いきや、ある程度の法人税の知識が必要とされるみたいです。 まぁ、仕方ないかぁ... 税務署から送られてきた所定の書類を眺めて唸り続けるよりはましかもしれません。
 
 あ、その前にもうひとついかにもマイクロソフト的なトラブル。 なんとMacOS 10.5+PowerMac G5の環境では私が愛用しているOffice Xが動かないのです。 そっか、そんな古いバージョンを使っている私が悪いのか、と反省しても2008にはこのマクロは対応していないとのこと。
 そして現在発売されているMac版2011に対する対応の可否は未記載。 しゃぁない、取り敢えずはこのPowerBook G4を事務所に持って行くしかないか。
 
 人間は新しいことに挑戦し続けなければ脳が退化するのだとか。
 ちゃんとした理由があるにせよ、TwitterもFacebookにもアンテナが触れないことが少々気になっていたりするので、取り敢えずはここで新たな挑戦を始めたいと思います。
 にしても久々に頭が疼く。 脳みそ沸騰の予感...

|

« ロッシの詫び状 | トップページ | 2011春に終わった番組 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 法人税の申告、税務署・市・府税ともに終わりました。 法定の締め切りから遅れること六ヶ月...
 課税額に対しての延滞税は追って通知が来るでしょうが、取り敢えずこれはこれで当面は一段落です。

 シェアウエアの「EXCEL法人税H22(MAC)」を使ってみて感じたのは、前期の申告が金額には少々の間違いがあったものの、申告全体はそれほど大きく間違っていなかったこと。 税理士や会計士を通さず、初回にしてはまずまずだったのではないかと。
 これで少し自信が出たので、今期末の決算はきっちりやろうと密かに決心したのでした。

投稿: あやおば | 2011年4月22日 (金) 04時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ロッシの詫び状 | トップページ | 2011春に終わった番組 »