« 輪番停電 | トップページ | 回線ダウン »

いや、電力ダウンは東電の人災だろ

 本来であれば避難している人たちへの情報提供であったり支援であるべきはずのニュースの多くが原発事故に割かれています。 そりゃ炉心融解、メルトダウン、チャイナシンドロームですから。

 個人的にずっと追っているNHKニュースに出てくる東大教授は、どうも自分や教え子関係が原発系に多いのか、全く批判的なことは言いませんが、どうみてもあれは東電が自ら拡大した人災としか思えません。

 何より一番最初に、冷却水を注入するポンプの故障ありきなわけで、それは補機系電力ダウンが原因で、これにより建物内の空気を排出するバルブを開くことも遅れたわけです。 そしてこれが複数の原子炉に共通して起こっている不具合であると言うことは、最初の設計ミス、あるいは以後の運営想定、そして点検ミスのいずれかでしかありません。
 最終手段である海水注入にしても、係員が目を離した隙に燃料切れしてました、ってあまりに知能指数低すぎな事故じゃないですか。 てなことを書くと、命をかけて彼らは安定化に努力しているんだ、とい指摘を喰らいそうですが、それは話のすり替えであって、なんでそんな原始的な手法に頼らざるを得なくなったのか、まさに責任者出てこい!です。

 他の電力会社はいざ知らず、恐らく東電系の原発は全てこの程度の意識で運営されていると疑っても間違いはないでしょう。

 精密機械に海水は自殺行為に等しく、今回海水を注入されている炉は100%廃炉の道を辿るはずで、結局関東地区の電力需要を賄うためにはまた新たな原発を作らなくてはなりません。 最近日本には原子力発電の技術をアジアを中心とした海外に売り込もうとする動きがありますけど、これじゃ誰も恐ろしくて買わないでしょう。 他国の原発関係者も今回の事故を興味深く見守っている中、あまりのお粗末さに嘲笑さえ漏れているのではないかと懸念します。

 そして恥の上塗りが計画停電の右往左往。
 まぁ、彼らにしてみれば何とかして停電させずに乗り切りたいという電力マン魂があるのだとは思います。 にしても、その説明がわかりにくい。 たまたま東電担当者の記者会見を聞いていましたが、日本語に非常に難がある内容で、もっとまともな日本語力を持った社員出せよ、という感じでした。 質問していた記者の語調が荒くなったのも理解できます。
 ここら辺に出てくる社員は恐らく一流大学出身ですから、このレベルにしてこの程度の言語力かぁ、と全く別のところで改めて落胆しました。

 この背景には恐らく、今回のグループ分けで、東電エリアの実態配線が公開されてしまうことへの抵抗があるのだとは理解しています。 例えば同じ地域でもグループが違うと言うことは明らかに給電体制が独立していることを示すわけで、ある種の頭脳犯はこのリストを元に関東地区の電力ダウンというテロ行動への資料を提供することとなります。
 要するに電力会社にしてみれば、非常に気の進まない作業であることは間違いありません。 首都機能を守るため、と言ってますが、23区を停電対象から外したのも、この給電マップが明らかになるのを避けたのだと思います。

 にしても。
 今回の東電の対処のお粗末さは、彼らにインフラを支える意識がいかに欠如していたかを証明したようなもので、混乱が落ち着いた暁には責任の所在をはっきりとさせるべきであるとおもいます。 まず現社長の退陣は不可避かと。

|

« 輪番停電 | トップページ | 回線ダウン »

社会問題」カテゴリの記事

コメント

いやはや、言論統制の暗黒時代再来ですね

管政権は「ネット規制強化法案」を閣議決定
したそうです

今時は非国民と言わず不謹慎と呼ぶそうです

投稿: t2 | 2011年4月12日 (火) 00時07分

何を信じるかは個人の自由だと思います

でも先生は影響力あるのに情報が足りない
ことはないですか?

ロイターとかCNN、中央日報なんか日本語
でも配信してるので確認されたらいかが
でしょう?

投稿: t2 | 2011年4月 7日 (木) 06時50分

 ベント解放と首相の現地視察ですが、先にコメントした毎日新聞の特集では下記のようになっています。
 
 11日 23:00過ぎ 官邸地下の危機管理センターで「早くベントをやるべきだ」の意見一致
 12日 1:30 海江田大臣と通じて東電にベント指示
  これに対し東電からは明確な返答無し
  官邸が「何なら総理支持を出すぞ」と威圧
 12日 2:20 保安院「最終的にベントする判断をしたわけではない。事業者(東電)の判断」と会見
 12日 6:50 午前6時頃からの原発敷地内放射線量急増に伴い、政府は原子炉党規制法に基づき東電にベントを命令。
 12日 7:00 6時過ぎに官邸を発ったヘリで管首相福島第一原発到着
  そこで未明に指示していたベントがまだ行われていないことに首相激怒
 12日 10:17 ベント開始

 この記事は末尾で全て想定外だったでは済まない、と東電と政府を批判していますから、逆にベントに至る経緯も政治サイドを護る意図はないと想像できます。 であるならば(石破的だな...)、首相が現地に行って原発の免震重要棟でぶち切れなかったらさらにベント開始が遅れていた可能性も浮かび上がってきます。
 ベント解放に必要な電源が落ちていたという技術的な問題はあったにせよ、そうであっても東電から政府にその旨の説明とその後の見通しを説明すべきだったでしょう。
 
 首相の現地視察がベントの遅れに繋がったという主張は週刊誌などでも見ましたが、現場の関係者に首相に放射能を浴びせるわけには行かないというような余裕は無かったと思います。
 紹介してもらった大前おじさんの新しい番組でもカムバックした仙石元官房長官が官僚の扱いが巧いと評されていましたので、菅さんの官僚下手もいくらかは改善されると思いますし、今回の件では首相はそれほど批判されるべきミスを犯したとは今のところ思えません。

投稿: あやおば | 2011年4月 6日 (水) 00時52分

大前おじさんの新しい記事です(YouTubeへのリンクあり)

首相が視察に行ったせいでベントが遅れ
水素爆発の要因になったのは事実だと思います

ただいたずらに嫌悪せず、パニックにならずに
常識を弁えたいですね、原発に関しては
http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51694861.html

投稿: t2 | 2011年4月 5日 (火) 06時48分

 たまたまですが、購読している毎日新聞が昨日4日に合計2.5ページほどに及ぶ原発事故の特集を組んでいました。
 未だ先が見えていない中ですが、とりあえずここまでの流れを時系列で整理してある内容は読み応えがあります。
 管首相を愚人扱いするマスコミの論調が多い中で、原発対応を中心に動いたために、枝野官房長官に比べて表に出ることがなかった、という理由も納得できます。
 一方で、東工大出身故に東大系が占める現在の原発と電力会社の流れに通常以上のこだわりがあったのではないか、そして政治主導に拘るがあまり、有能な官僚すらも遠ざけたという指摘は興味を惹きました。
 とはいえ、現実を直視したくない保安院と東電ののらりくらりぶりと、具体的な手法はともかく、それに苛ついた政府のすれ違いは伝わりました。

投稿: あやおば | 2011年4月 5日 (火) 01時20分

事態は、どんどん惡化していってますね

投稿: t2 | 2011年4月 2日 (土) 13時49分

こんばんわ、今インターネットで東電の記者会見を
中継で見ていますが、もうグジャグジャですね

もともとマスコミ報道はあてにならないと考え
惡い予想はしていましたが、現実はそれより遙かに
惡いように考えを変えつつあります


まず、東電社長も雲隠れしてましたね

◆東電社長「雲隠れ」と米紙批判 福島原発事故で
http://www.47news.jp/CN/201103/CN2011032901000784.html


それにしても、社長の消息についても、昨日からやっと
報道し始めたプルトニウムの事についても、マスコミでは
追求できず、フリー系ジャーナリストの質問からバレて
それをマスコミが後追いしてる状況で、お寒い状況です


◆官報複合体が「人災」をもたらした
http://uesugitakashi.com/?p=481
◆原子力監督機関と電力会社は一心同体
http://jp.wsj.com/Japan/node_211377
◆東電のカネに汚染した東大に騙されるな!
http://www.insightnow.jp/article/6430

今日わかった話ですが、フクシマで想定の3倍の津波とありますが

◆東日本大震災:福島第1原発事故 周辺、津波14メートル超 東電、設計時想定の3倍
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110322ddm003040108000c.html

実際には、それを警告してた学者がいたそうです

◆発信箱:すべて想定されていた=福岡賢正(西部報道部)
http://mainichi.jp/select/opinion/hasshinbako/news/20110329k0000m070181000c.html

その論文です

◆原発震災
http://historical.seismology.jp/ishibashi/opinion/9710kagaku.pdf

また、今日の国会で追及されてましたが、首相の視察で
ベントが6時間遅れたのは衆目の一致するところになりました

◆炉心溶融を震災当日予測 応急措置まで半日も
http://www.47news.jp/CN/201103/CN2011032701000673.html

その首相が、東電本社で3時間説教して「撤退は許されない」と
言っていた件は、東電が全面退去したいと言ってたらしいですね
話が通じましたけど、どっちも処置無しのような

◆福島原発:東電全面退去打診 首相が拒否…水素爆発2日後
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110318k0000m040151000c.html

そうこうしてる間に、世界は日本だけで解決できないから
国連(安保理)で議論すべきだという話も出てきました

◆Disaster-hit Japan faces protracted nuclear crisis
http://www.reuters.com/article/2011/03/27/japan-idUSL3E7ER06020110327


以上、今日は呆れて、以下の記事から書籍を注文してしまいました

◆失敗の本質
http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51692957.html

やはり敗戦しかないのかなと思います、それでは失礼します

投稿: t2 | 2011年3月30日 (水) 01時47分

いや、リーダーシップの話ではなく某国の某総理は
行方不明らしいですよ

かと言って今の与党に不満があったとしても、最大
野党は長年盲目的に原子力を推進してきた歴史と
やはり見るべき人材はないと思います

そしてなぜ3号炉から先に注水を始めたのかという
大事な情報をちゃんと報道しないなど

過去から官僚与党と結託してプロバガンダを流し
続け世論を操作し続けてきた問題点が今回露わに
なりつつあると見ています

投稿: t2 | 2011年3月24日 (木) 06時20分

 そりゃ全国の電力会社のトップはイコール地域財界のトップですし、TEPCOともなれば日本財界のトップも見え隠れするポスト。 仰る通り、いわゆるピラミッドクライムレースの典型の一つでしょう。

 でもそれだけ敵も多いわけで、今回の一件で現在のトップとその取り巻きはアウトでしょう。(副社長が社長と別派で、どちらかが残るというシナリオだったら最悪ですけど)

 ところで、3号機がMOX燃料だってのはさすがのNHKも報じていなかったような。 頻繁に上がる黒煙もそれが一因なんじゃないでしょうかね。

 しかし、なんで社長は表に出てこないんでしょうね...
 政治のリーダーシップについてはまた別発言で。

投稿: あやおば | 2011年3月24日 (木) 02時14分

副社長と言うことは、つぎは社長を狙っている
わけで、双六で言へばあがり直前

逆に言うと、幾多の出世階段を登ってきたわけで
これだけ大きい会社だと幼少の頃から競争だろうし

自分の感情を出して落伍していった人も多いやろし
即ちそれは感情のない人間が辿り着いた最高峰直前

或いは王様が横綱と同義ならば、それは辞めるため
の地位であり、やはり副が前面のトップであろうか?


しかし、賢くも民間企業なら社風で済むが
国家の王様が行方不明なら、国民はどこへ逃げたら
いいのでしょう??

投稿: t2 | 2011年3月24日 (木) 00時34分

この国には、本当にリーダー湿布がないですね
それと潔さと

今回の福島原発の事故は、人災だと思いますが
それをちゃんとまとめた記事を紹介しときます

著者は元NHKのプロデューサーだったそうですが、
東電社長にインタービューしたとき、広報とか
秘書が7人同席したそうです

被災地で謝罪してまわってるのも副社長だし、
王様は、いつ責任を取るのでしょうか?

投稿: t2 | 2011年3月23日 (水) 22時38分

 相変わらずの情報通、ありがたいリンクを教えて頂きありがとうございます。 ついつい最後まで見てしまいました。 ほぼ自分の感じていた通りの内容で自信を得ました。

 多くのマスコミが問題発見から疑問・批判でとどまっている中、明確な提案までするのは実は勇気の要る、非常に潔い行動と感じました。 大前研一、面目躍如ですね。

 しかし彼って原子力系の人だったんですね。 マツダのトップが「○億払って多チャンネル化提案を買い、結果、会社を潰しかけました」とプライベートでつぶやかれていた印象しかありませんでした。 ま、あれはマッキンゼーの話であり、彼個人ではないですけどね。
 思うに、彼は会社経営をしているよりも、こういう得意分野で思想展開する方が生き生きしているようです。

 「記者会見に出ている保安院の彼は先日まで特許庁にいましたから」ってのはリアルすぎて笑うに笑えませんでした。

投稿: あやおば | 2011年3月23日 (水) 04時48分

元、日立の原子力技術者のこの番組がけっこう理解できました

やはり津波を想定した防波堤から2倍の高さだった今回の
津波は想定外だと思いますが
柏原原発の教訓を生かし切ってなかったところは非難され
るところかと思います


計画停電については、首都圏の知り合いより停電地域な
のにまったく停電がない地域は聞いてますし、昨日より
インターネットでも東電における大事なとこは停電させて
ないと噂になってます


とにかく政官財の情報隠蔽体質のため正しい情報が
なくてデマが飛びますし信用されなくなってます

こんな時は特に、情報力とリテラシーが試されると
思います

投稿: t2 | 2011年3月20日 (日) 16時29分

そうですね、確かに立ち位置が違う以上、落とし所を見付けるのは難しいとは思います。

確かに独占企業ですが代わりに、赤字だから通電止めますなんて事も出来ませんし、値上げも勝手に出来ません。

しかし、殉職覚悟でとは思いません。

設備に関しては、もうちょっと正確な情報が出るのを待ちたいですが、少なくとも国が設定した以上の津波が来た事は、他の地域の惨状から見ても間違いないと思いますが?

>「計画停電」「輪番停電」という言葉が東電から出てくると言うことは、そういう状態は想定されていたわけです。 にもかかわらず右往左往したことは

うーーん・・・

右往左往ってのは停電させるって言ったのに停電しなかった事を言ってるんですか?
ちゃんと範囲など説明できなかった事ですか?
それとも、「計画停電」をさせた事自体がですか?

今は順調に「計画停電」を実施してる訳ですから、右往左往してないって事ですか?

いったい、何に対しての右往左往なのか判らなくなってきました。

国鉄・・・
事故では列車は止めないけど、賃金の為なら止める。
昔は国鉄はよくストしてましたよねぇ。
おかげで、利用者が右往左往させられましたが・・・

投稿: いんて | 2011年3月19日 (土) 13時12分

 考えの立ち位置が全く違いますね。
 私にとっての最大のポイントは電力会社はライフライン企業であることと、地域独占営利企業であると言うこと。

 原発を建設する際、日本の電力会社は万が一の事故すらもない、と住民に説明し、故に今回の事故の千分の一、一万分の一の放射能漏れですらひた隠し、その体質が今回の発表遅れなどに繋がっています。
 そしてその差分はおびただしい補助金で埋め合わせるという構図で、この点では騒音や事故で目に見える被害が頻発する沖縄の基地問題の方が余程正直な存在です。

 そんな中で数十年の間度重なる耐震基準見直しがあったにもかかわらず海岸沿いに補機類(それが発電施設なのか燃料タンクなのかなどはどうでもいい)を配置し続けたのも危機意識の停滞でしかないでしょう。 仮に改修計画を東電が出していたにもかかわらず保安院が拒否していれば話は別ですけどね。
 JR西日本の社長がATSの未設置が脱線事故を予見できたのか?と同じで、補機類の配置を四十年以上見直さなかったことの責任が問われているわけです。

 25%程度の電力ダウンで右往左往することを擁護する理由も分かりません。
 インフラ企業である限り、ゼロとは言わないまでも半減程度までを段階的想定した訓練を怠ったことは庇いようがありません。
 「計画停電」「輪番停電」という言葉が東電から出てくると言うことは、そういう状態は想定されていたわけです。 にもかかわらず右往左往したことは明らかに平時の訓練不足であり、平和ボケ、独占企業ボケしていたわけで、これが一般営利会社であれば、まぁ仕方ないかってところですけど、地域独占インフラ企業にはあり得ません。

 という話は旧国鉄に勤めていた亡父の話に影響されているとは思います。
 現場の東電社員は死ねと言うのか、というような論も目にしますが、電気、ガス、水道、通信、公共交通などのライフライン企業に勤める以上は、それくらいの覚悟があって当たり前だ、という話です。

投稿: あやおば | 2011年3月19日 (土) 04時21分

>周辺機器の配置ってのなら常に更新できると思うんだけど

そりゃあ、模様替えするみたいに簡単にはいかないですよ(;´Д`)
持ち運び出来るような物ならまだしも、配管部分も免震構造にしなければならないし、機器を据え付けるには基礎からやり直せなければならいし、原発なんで役所の許可も必要で承認を貰わないとダメだと思うんでそんな簡単じゃないと思いますよ。

それに、流されたのはタンクじゃなくて、発電機みたいですよ・・・
もしくは、海水を被ってウォーターハンマー?

まぁ、海水注入ポンプの燃料切れはお粗末すぎますが・・・(;´Д`)

しかし、衛星写真でも判るように、上から見たら原子炉やタービンなどの建物以外の平地部は壊滅的被害を受けています。

どのような状況で、現在の状況になったかは、何処の発表よりココが一番わかり易いかもしれません(笑)
http://bravenewclimate.files.wordpress.com/2011/03/fukushima_explained_japanese_translationv3.pdf

輪番停電の件は、25%もの発電量がロストしたのだから、今まで経験の無いことだろうし右往左往するのはある意味仕方ないと思うし、それが人災と言える程の責任があるとは思えないんですけど。

投稿: いんて | 2011年3月17日 (木) 05時56分

炉心の設計ミスと言うより、周辺機器の配置ってのなら常に更新できると思うんだけど>いんて
例えば流されてしまったという補助電源用燃料タンクがなぜ水辺にあったのか。 当然給油時の利便性が第一でしょうが、炉がある本屋辺りは津波による被害はなさそうですから、さらに高い部分に保存する、壁で囲うという見直しは数十年のスパンでいくらでもできたでしょう。

給電配線ですが、完全に把握している社員どころか部署があります。
仰る通り停電時のバックアップシステムを稼働させるためです。 少なくとも二十年間にはできてましたし、その頃には我々が気付かない瞬間停電はあっても、私の子供の頃のようなまとまった時間の停電が無くなったのはそのおかげもある、と聞いたことがあります。
もちろん、その情報は本発言にも書いたように保安上の理由でトップシークレットですけど。(けど、なぜかそのプリントアウトを見たことがあるという。でも素人が見てもなんのことやらさっぱり分かりませんでしたが)

投稿: あやおば | 2011年3月16日 (水) 00時20分

初期の設計ミスと言いますが、40年前の基準で建てられた建築物ですから、当時最新の技術を注ぎ込んだ耐震性能を持っていたとしても、現在では既存不適格なるのは仕方ない事だし、ちょっと乱暴すぎるかと・・・

原発の補機類は最新の性能の物に取り替えていく事は出来ますが、原子炉容器の交換は技術的に不可能でないですが、原発を新築するのそう大差ないですから60年はきっちり使うつもりだったと思いますよ。

しかし、さすがに東電でも津波で13機の非常用発電機が全部アウトになるとは思って無かったと思いますし、M9.0って世界歴代5番目で阪神淡路の1000倍のエネルギー規模ですよ。
明治29年の三陸地震のでもM8.5ですから、その程度なら耐えられたかもしれませんが、今回の地震は三陸地震のエネルギー量で6倍です。

それに、輪番停電ですが、そんな地域や番地に合わせて配線してる訳ありませんし、停電のバックアップ変電所との兼ね合いもあるから、そんな簡単な問題では無いし、完全に理解してる社員なんてありえないでしょう。
発電量の1/4が無くなるなんて予想して発電所も作ってないと思います。

とても人災とは言い切れないと思いますけど。

投稿: いんて | 2011年3月15日 (火) 17時09分

原発報道してるのがNHKだけなのもシュールですね
やはり、大広告主には遠慮してるみたいで... 

投稿: t2 | 2011年3月15日 (火) 11時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 輪番停電 | トップページ | 回線ダウン »