« 合格イコちゃん | トップページ | iTunesのチェックマークを一斉操作する方法 »

デュワーズ酔い

 小雪さんのお陰かどうか、しばらくの間低迷していたウイスキー消費量がここに来て復活しているそうです。 キーワードはハイボール。
 
 しかし我がバーでは角瓶もトリスも置いておりません。 別に嫌いだとはではなく、参考としているバーのマスターが基準としているスコッチがデュワーズだからです。(ちなみにこのリンクで見られるのは噂では並行輸入版で、正規版はこちらの二分割ラベルデザインとなります)
 ハイボールを頼まれたお客様には「当店ではこのデュワーズを使用しますがよろしいですか?」と断った上で作るわけです。(ちなみに「炭酸割り」「ソーダ割り」と言われた人にはシンプルにソーダのみで割り、「ハイボール」と言われた人には仕上げにレモンピールを施します。)
 
 その師匠曰く、毎日開店直後にデュワーズを飲み、その時の味の感じ方でその日の体調(味覚)をアジャストするのだとか。 かっこええがな〜。
 別に高い酒ではなく、むしろ安い方で、うちのバーでの売値は45で600円。
 
 私は友人達はもともとスコッチは苦手で、その結果バーボンに流れた経緯があります。 原因はスコッチにつきもののピートの癖。 あれがどうにも馴染めなかったのです。 その証拠に、製法の規範をスコッチに得ながら日本で作るサントリーやトリスのウイスキーには(ピートが無い故に)その嫌みがありません。
 が、このデュワーズはれっきとしたスコッチでありながら、クセが無く、酒に詳しくない人でも素直に「美味しい!」と感じさせる芳醇さがあります。
 
 てなわけで、店のみならず家にも常備酒としておいており、一時期息子と私とで飲んでボトル一本が一週間持たないという時期さえありました。
 先日も「デュワーズ美味しいなぁ」と三時過ぎまで家飲み。 その後八時に起きて大阪市内で打ち合わせだったのですが、珍しく一発目の目覚ましで起きられない。
 こ、これはまずい、と思いつつ、何とか15分遅れで起きたものの、いつまで経っても頭がすっきりしません。 吐き気や気分の悪さは無いので二日酔いとも思えず、でもひたすら頭はぼーっとしています。
 
 それでもなんとか打ち合わせではボロを出さず、久々にモスバーガーできっちりとした昼食を取って帰宅。 もしや寝不足?と思い、あえて昼寝を試みるも眠くない。 結局15時頃にやっとすっきりしましたが、どうにも気になります。
 
 ということで文系なりに「仮説>実験」。
 その夜、同じくらい酔うまで、今度はアルコール度25%の焼酎を飲みました。
 
 すると翌朝、すっきりぱっちり。
 
 何より個々の体質差が大きいし、アルコール度数の違いもあるとはいいながら(デュワーズは40%)、旨い酒には罠があるようです。
 以来、翌朝に予定があるときにはデュワーズを控えております...

|

« 合格イコちゃん | トップページ | iTunesのチェックマークを一斉操作する方法 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 合格イコちゃん | トップページ | iTunesのチェックマークを一斉操作する方法 »