« @niftyの売るWindows7用iMac??? | トップページ | 困ったもんだのリーバイス »

体重計と体温計を買い換えた

 月曜日、休みにもかかわらず、そして睡眠時間三時間にもかかわらず、ふと午前中に目が覚めました。 こういうときは血液中の水分が不足しているSOSかもしれないと、布団から出て毎朝恒例のバナナジュースを飲む。
 で、普通ならここから再び爆睡できるのに、なぜか眠れない。 ええい、それなら日々どうでもいいと放置していた雑用を一気に片付けるか、と、「グータラで横着者」が午前中から活動開始。
 
 一連の動きの中で最後になったのがJoshin回り。 以前ポイントカードを忘れて未入力だったのを登録に行っただけです。 Joshinはこうしてカードを忘れたときでも電話番号で取り敢えずレシートに記入>後日登録が可能です。 この点、カードを忘れるといちいち新規カードを作って後日統合しなければならないヨドバシのポイントシステムは本当に不便だと感じます。 日本で最初にポイント制度を確立したが故にシステムが硬直化しているってのは自慢になら無いと思うんだけど。
 
 とはいいながら、取り敢えず店内の、特に健康関連辺りを回りますと、ほんまに34度台なの?という体温計や、ほんまに隠れ肥満なの?という体脂肪計・体重計が気になります。
 
 すると、にゃにゃにゃんと、社員食堂までもがヘルシーで有名なタニタの体重・体脂肪計がたったの2,980円!!!! となりに数ヶ月前に私が買った同じくタニタの単なる体重計と全く同じ値段で販売されているではないですかぁっ!!!! とおもわず興奮。 早速これとOMRONの耳体温計を抱えてレジに行こうとしたところ、それでも合計金額は六千円弱。 その時頭にひらめいたのが自宅に残してある「娘の部屋用に買ったエアコンのエコポイントの残りの商品券!」
 買い物には思い切りと同時に何より求められるのは沈着冷静なストレーカー司令官のような判断力。
 手にした商品を、一度棚に戻し、車で家に緊急帰還。 商品券ゲットぉ! あ、三千円しか残ってない。 いえいえ、十分十分。
 
 ということで三千円弱の出費で新たな体温計と体重計を入手。
 
 んで、夕方しっかりと計ってみると、案の定というかなんというか、体温は低いながらも常に35度台を示しており、風呂上がりや脚がホカホカしているときは念願の36度台(といっても前半)。 以前の体温計は0.5〜1度低く数値を示すようになっていたようです。 二十年近く使ってるから寿命ですね。
 
 次に体重・体脂肪計の結果は、体重63.3kgとベストより2kg「も」増えているにもかかわらず、BMIは21.5と変わらず、体脂肪は(天下のタニタですから年齢も入力しましたよ)14.6%、当然「標準」カテゴリー入り。
 そうだろうなぁ、体感的にはそんな感じですよ。 隠れ肥満なんて言われたくないです。
 
 しかしなぁ、なんで2kgも増えているんだろう(これは体重計を変える前から分かってた)。 食事の量や運動量は何も変えていないから、あるとすれば夜飲みか。 でもつまみは野菜中心だから、あとはアルコールそのものの熱量なわけで、う〜ん、どれだけ燃費の良い体なんだろう。
 そういえば先日「ノッティングヒルの恋人」という映画でジュリア・ロバーツ扮する主役が「19歳の時からダイエット開始、以後10年間ずっと飢えてるの」と語っておりまして、ほんに私もそれくらずっと飢えているのかも、と苦笑してしまいました。
Tanita_omron

|

« @niftyの売るWindows7用iMac??? | トップページ | 困ったもんだのリーバイス »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« @niftyの売るWindows7用iMac??? | トップページ | 困ったもんだのリーバイス »