« 中二の数学 | トップページ | 変温動物気味に »

∀ガンダム

 年末年始は面白いもので、過去に放映されたシリーズ物を一気放映というのがあります。
 本来半年や一年かけて放映したものを一〜数日でまとめてやっちゃうんだから、効率が良いこと比類無し。
 って、これってHDレコーダーが発達した今だから良いものの、ビデオの時代だったら新品テープの山を横に、ビデオデッキの前に陣取って大変な作業でしたでしょう。(と言いつつ、SDクオリティといいながらほぼ24時間分の空き容量はさすがに無く、少々苦労しました。)

 んで、何を採ったかかというと、坂本龍一が講師を務めたNHKの音楽学校スコラ、全六時間。 これについてはまた後日。 そして一番苦労したのは∀ガンダム一気放送、全50話24時間。

 ケーブルテレビのコース変更をしたら、フジのONE, TWOというCSソースが見られるようになり、そこでチマチマ再放送をしていたのを発見。
 先日成人式を迎えた息子がまだ10歳かそこらの時に見ていて、いわゆるガンダム臭くない牧歌的な描写が少し気になっていたものです。 ところがその再放送を見だしたのは30話くらいからで、どうも話の流れや登場人物の背景が分からない。 そんな中での一気放送ですから、初回から見る良いチャンス。

 まだ全部は見ていませんが、率直な感想として、いや、いいですよ、これ。
 内容を全く知らない大昔、メカデザインの一部をシド・ミードが手がけたと言うことだけは業界ネタで知っており、その流れで生徒に「どうなの?∀ガンダムって」と訊いたとき、「ヒゲはないですヒゲは」と全員が否定的だったのがある種ショックだったのを覚えています。

 Wikiを見るとこれは非ガンダムファンに向けたガンダムだ、という富野総監督のコメントがあり、その言葉が今になってもファーストガンダムに興味が持てず、50歳近くにして初めて染まったガンダムがSEEDであるという私だからこそ∀にハマったのだと合点がいきました。

 ただ、1999年の制作とは思えないほど古臭く感じるのが難点かも知れません。 エヴァより四年も後の、SEEDのたった三年前の作品とはとても思えません。 ガンダムシリーズとして最後の非デジタル制作だったそうで、そう言われてみれば過渡期的な表現とも見えなくもありません。
 一方でキャラクターは非常に魅力的で、無駄な表現の少ない描き方が今になっても古さを感じません。 というか非常に絵画的な部分があり、ギム・ギンガナムの目の縁取りは中世ヨーロッパの絵画を思わせます。(具体的な画家の名前とかを思い出せれば良いんだけど、う〜ん)
 1999年は既に平成だけど、絵的には昭和と平成の入り交じった汽水湖のような印象です。

 ファーストガンダムになぜ没頭できないかは、既にここで何度も書いているように、女性キャラクターが魅力的でなかったことが大きな理由でした。 その点でも∀はキエル/ディアナを始めとして、ソシエにしてもシンプルな絵柄ながら美しく描かれているのが対照的ですね。 というか主人公のロランですら中性的で、声優が女性であることも含めて女性受けを狙ったのかなとも思えます。
 そしてそれは異常な巨乳が描かれてないことからも証明できます。 メシェーやテテスは、前者はぽっちゃり(10kg痩せな!と言われてたし)、後者はいわゆる中年乳ですから。

 一つ不思議なことは、一連のキャラクターがSAMURAI7に関連があるような気がすること(メリーベル・ガジェットの目のくまとか)。 でも調べてみてもキャラクターデザインの安田朗始め、関係を示す資料は簡単に調べた限りではよく分かりませんでした。

 そんなことはともかく、ここまででも∀自体のメカや武装、戦闘について記述がないように、まるでラスカルや明日のナージャのような世界名作劇場ガンダムのような気もします。

 うん、まぁ年初にして良い作品に出会えたのは良かったとしましょう。

|

« 中二の数学 | トップページ | 変温動物気味に »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

さきほど息子がNHK BSでやってたメトロポリスの録画を見てるのを覗いてふと思い出したのですが、無声トーキーの男性のメーキャップ(チャップリンなども)がギム・ギンガナムのあの目の周りのくまに類似してますね。

投稿: あやおば | 2011年2月 1日 (火) 02時51分

こちらこそ、本年もよろしく。
あきまん氏、凄いですねぇ。
全て一重まぶたであれほど主要キャラを魅力的に書くことができるのが私にとっては衝撃です。
Wikiではカプコンの採用担当が「ついに天才が来た!」と感じたとまで書いてます。

てなことでamazonのマーケットプレイスに出ている、既に若干プレミアが付きだしているイラスト集を買おうかどうか思案中...

投稿: あやおば | 2011年1月13日 (木) 01時55分

ご挨拶が遅れました、本年もよろしくお願いします。
∀ガンダムとはまた懐かしいですね。
イラスト描きにはシド・ミードデザインのガンダムとあきまん氏の
キャラクターデザインが話題でした。

大昔、カプコンへとんねるずの木梨がキャラクター
デザインするという企画の際に、あきまん氏が
線画を使わずに色を乗せたり削ったりで描いていたのに
凄い衝撃を受けた覚えがあります。

投稿: たけ | 2011年1月12日 (水) 11時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中二の数学 | トップページ | 変温動物気味に »