« ゆうきまさみ30周年 | トップページ | 2011年国政猿芝居 »

真っ赤ジャン(2)

 NHKのためしてガッテンで紹介されていた真っ赤ジャン、その後あまり家族の評判はよろしくありませんでした。
 番組中では皆様「おいし〜い」と感動されていたものの、これは民放顔負けお約束、というわけです。 確かに旨み成分としてかつお節と粉チーズだけではねぇ...
 
 とはいえ、落胆してカプサイシン取得を怠っていると何となく体温が低下気味になったり、元気がなくなってきたような気がします。
 
 そこで懲りずに考えたのが、もともと美味しさでは高い評価を与えた手作りラー油
 これなら独自にアレンジが加えられますから、ここにホワイトリカーにつけ込んだ輪切り唐辛子を入れてみました。
 
 結果、オリジナルの真っ赤ジャンよりはずっと旨みがある(もちろんより辛いけど、個人的には許容範囲)ものになり、久々に寝起きで手足ほかほか、背中にうっすら汗滲み。
 
 この時加えた輪切り唐辛子、やる気が無くてこれまででは最長の五日間ほどホワイトリカーにつけ込んだままで、しまった、全く辛みが抜けてしまったのでは?と慌てたにもかかわらず、それなりに辛みは残っていました。 すごいですねぇ>カプサイシン

|

« ゆうきまさみ30周年 | トップページ | 2011年国政猿芝居 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゆうきまさみ30周年 | トップページ | 2011年国政猿芝居 »