« ささやかな成果かと | トップページ | なるほど、確かに忙しいと不健康になる »

225系新快速にあっさり乗車

 先日大阪駅で偶然遭遇し、その後、朝の通勤時間帯に223系と併結で上り快速運用に就いているのを確認していた225系。
 一方で225系単独編成や新快速運用は見たことがなく、え、もしかして225系って快速用だったの?なんて思っていたら、昨日三ノ宮から帰りの新快速(15:37 長浜行き)にあっさり充当されていました。
225kin 
 併結無しの八両編成。
 正面以外223系と区別が付きにくい外見と対照的に室内は天井の液晶ディスプレイ、つり革握りやドア両サイドの黄配色など、明らかに223系と雰囲気が異なります。 特にドア部床下などにも塗られた黄色は特徴的で、ただしもっとも視界に多く入るつり革握り部分は明度・彩度を押さえてあるので、ぎりぎりいらつかない程度だとも言えます。
 液晶で表示される内容は321系と同じですが、三ノ宮出発時点で停車駅告知が山科まで表示されているのはさすが新快速。
 
 乗り心地はというと快速に乗っているかのよう、つまり223系新快速の全開運転より静かで振動も低減されていました。 他の例えで言うと、221系時代の(速度が遅かった頃の)新快速。 全M車化によるボディ強度最適化は功を奏しているようです。
 
 321系が投入された頃はブレーキが最悪で、突入時には立っている人全員がよろめくほどのプログラムで、さらに駅周辺の住民から苦情が出たほどのブレーキ鳴きなどろくなもんじゃありませんでしたが、225系は突入もスムーズ、鳴きも全くありません。 ほとんど常態化している尼崎駅進入時の回生外れは確認できませんでしたが、223系で顕著なパッド臭がどうなったかが気になるところです。
 
 新大阪駅で降り、気がついたのが制動解除時の音。
 パシュッという乾いた音で、個人的には223系のため息のような「ぷしゅ〜〜」というのが好きだっただけにちょっと残念です。 逆に発進加速は223系と変わらないインバーターサウンド。
 
 てなわけで、利用者としては騒音と振動の点で225系のメリットは十分出ていると言えます。
 しかし結果としてこれで白い車体が優雅な221系を東海道線で見る機会が減るかと思うと少し寂しい気持ちもします。

|

« ささやかな成果かと | トップページ | なるほど、確かに忙しいと不健康になる »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

共に実物とは遭遇していません。

可能な限り新快速に乗るように努めていますので、リニューアルされた221系に乗る確率は低いかもしれません。 ドア横までフルのシートがあった221系では、223/225系標準のセミ転換クロス配列はむしろ不便と感じる人もいるかもしれません。
20年も経ったのかと思いますが、今でも鋼鉄製故に白く塗装された姿は美しいと感じます。 そういえば、先日久しぶりに221系オンリーの12両快速を見たなぁ...

一方の66と言えばEFかと思ったら地下鉄の方ですね。
これも新しい車両だと思ってたら、もうアコモを迎える程になっていたんですね。 週末の教室仕事で乗る機会の多い66系ですから、その内実現すると思います。

投稿: あやおば | 2013年3月 5日 (火) 02時41分

221系リニューアル

年初の話題ですが、プレスリリースを見逃してました
http://www.westjr.co.jp/press/article/2013/01/page_3098.html

223系に225系も出てきて、比較するとアコモデーションが
時代遅れになってきたんでしょうね

既に営業に入ってる編成もあるようですが、乗られましたか?


個人的には、66系リフレッシュ改造が気になりますが
http://dc181.blog.fc2.com/blog-entry-343.html

どちらにしても新製から20年超経っているのにびっくり
しました

投稿: t2 | 2013年3月 3日 (日) 23時42分

どうも225系の運用が安定しないというか、むしろ安定してきたので223系との完全共通運用になっているのかも知れません。

というのは、私が普段利用するA231運用はここしばらく225系になって喜んでいたのに、一ヶ月ほどしたらまた223系に戻っています。
奇しくもこうして比較するようになると、223系の経年劣化を改めて感じてしまいます。

投稿: あやおば | 2011年7月15日 (金) 03時16分

長浜発着225系 毎日同じ時間に来てるわけでもありません
225系が全くない日もあれば 1日に4編成も225系が来るときもあります

投稿: こもも | 2011年5月 2日 (月) 17時39分

 大阪14:30発 姫路行き新快速、平日日中なのに12両フルでした。(ただし、後ろよりも225系だったかどうかは未確認)

 これまでは出入り口脇の補助席しか座ったことが無く、昨日は普通の席に初めて座りました。
 こうしてみると乗り心地はそれほど223系に比べて良いとは感じませんでしたが、逆に駆動系の静かさは明らかです。
 モハに乗っていながら223系の付随車なみの静かさです。 まぁ、223系は対策を施されてもなお電動車は全開運転ではうるさかったですから。

 三ノ宮で降りる際、後ろの30歳代と思われる普通の乗客が「高級感ある」とか言ってたのも、この騒音低減も寄与しているのではないでしょうか。
 一方で運転台のデザインはやはり流麗さを失ってどこかJR東日本的で、国電王国と言われた優雅な西日本らしくない違和感を感じます。

投稿: あやおば | 2011年3月24日 (木) 02時56分

関空/紀州路快速にも225系5000番台が投入されていますね。
偶然大阪駅でみかけました。
平日大阪13:43着45発の京橋行き4156M・4556Hです。

再度の塗り分けの関係か、0番台よりもよりわかりやすい、言い換えるとよりのっぺらぼうな印象を感じました。
併結面を見ると、耐衝突性能を備えた結果の垂直な運転台のせいで非常に息苦しく感じます。

投稿: あやおば | 2011年3月17日 (木) 01時03分

大阪駅13:45 長浜発姫路行 下り新快速
も二度ほど確認しました。

投稿: あやおば | 2011年2月10日 (木) 21時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ささやかな成果かと | トップページ | なるほど、確かに忙しいと不健康になる »