« 落語「まめだ」 | トップページ | ビジーの予感 »

CS5とOS 10.6のクセ

 昨日は教え子同士の結婚式。
 めでたいのは当たり前として、新郎の性格がよく反映されていて、なかなか楽しい会でした。
 本来土曜日はバーテンの日ですから、初の代打をお願いし、明けた今日の日中は何も仕事を入れずに、少しリセットできたような気がします。

 はい、題名は正確にはAdobe CS5とMac OS 10.6との組み合わせで起こる変な現象についてです。 バーの出勤前ですから短い話題にしました。

 IllustratorにPhotoShopで編集したビットマップeps画像を配置するとき、リンクにするメリットは、Illustrator上でのOption+ダブルクリックでPhotoShopが立ち上がり、その画像をすぐに編集できることがあります。
 が、先日Ai CS5とOS 10.6の組み合わせのマシンでそれをすると「プレビュー」が立ち上がってしまうことが発覚。 Illustratorの環境設定などいろいろ見てみたのですが、結局Finder上で何でも良いから配置されるeps画像を選択し、情報を見る>このアプリケーションで開く>PhotoShopを指定>全てを変更、としてやれば解決することが判明しました。
 って、これは別に今に始まったMac OSの機能じゃありませんが、IllustratorからOption+ダブルクリックしたときにOSの機能が優先されるようになってしまったようです。

 さらにこれはOSは関係のないPhotoShop CS5の、多分バグ。
 物差しツールを使用するとき、「計測ツールを使用」の選択がチェックボックスを外しても機能的にオフにできないことがあります。
 解決方法は非常に原始的ですが、何度かON/OFFを繰り返すしか無いようです。

 以上、二つとも一人の一年生がそれほど時間を費やさずに解決方法を見つけてくれました。
 いやぁ、ひさびさに力強い学生が入ってきたなぁ。

|

« 落語「まめだ」 | トップページ | ビジーの予感 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 落語「まめだ」 | トップページ | ビジーの予感 »