« これが週三働いているバー | トップページ | 石破イヴニングショー »

本業の意地

 昨日は折り込みチラシで気になっていたラムウールのカーディガンを買いにユニクロへ。
 色は常盤台中学の制服色(分かってくれる人だけでいいでっす)、ラムウールという表示は単なる分類程度だろうと思ってたら、商品にはちゃんとウールマークがついており、限定価格とはいえ、これで2,990円というのはさすがとしかいいようがありません。
 
 さらにコーデュロイのシャツなんぞにも目移りしつつ、以前から買いたかった下着を買いにダイエーの売り場に向かいました。
 いや、下着もユニクロで買えばいいじゃない、とここではお約束のツッコミを頂きたく、確かにヒートテックだ、夏の汗さらりシャツなどの多機能商品は大したものです。
 が、ごくごく普通の丸首のコットン100%の白シャツとなると残念ながらそうではないということがここ数年で分かってきました。
 
 丸首シャツの命は丸首の襟。
 ここがユニクロのは伸び伸びになってゆきます。 女性ならそういうのもありで、Tシャツに至っては新品の首襟をわざわざ破いたりしてまで広げるというのがあるものの、悲しいかな男性でそれをやっちゃうと、カマか昭和の貧乏人。 首だけではなく、全体の伸びも少ない。 ユニクロの場合モデルにしてるマネキンが細身であるにも関わらず、一年ほど着るとだる〜んとなってしまうというわけです。

 一方で同時期に買ったB.V.Dのそれは比較的伸びが少ない。
 
 ということで今回から意識して肌着のシャツは専業メーカーであるB.V.Dの製品をわざわざ選んで買ったのでした。 まぁ、グンゼはどうだとか訊かれてもよくわからんのですが、さすがにこのあたりは地味ながら専門ブランドの意地というところでしょう。

 価格も正価ではユニクロには太刀打ちできませんが、今回のようにユニクロがチラシを売って大売り出しするときにはスーパー側も割引で迎え撃つというような傾向がありますから、こういうのをうまく使えば良いと思います。
Bvd

|

« これが週三働いているバー | トップページ | 石破イヴニングショー »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« これが週三働いているバー | トップページ | 石破イヴニングショー »