« 混ぜご飯は楽だ | トップページ | BDプレーヤーの憂鬱 »

CATVのコースを変更

 なんだかんだと忙しい中、間の日を縫って自宅のCATV(J:COM)のコース変更をしました。
 これまではずっと昔から加入している人向けの「デジタル・エコノミー」という今では加入できないコースで契約をしていて、これはこれで安い金額でそこそこのコンテンツを楽しめていました。
 
 が、しかしですね、テレビの方がデジタル化して地上波、BSがどんどんHD化してゆく中でCATVのSD画質が次第に見る気をなくすほど汚く見えてきたのも事実です。 以前、ディスカバリーch.で見たドキュメンタリーをたまたまNHKのBS-hiで見て、その大きな差がまだ忘れられません。
 
 とはいえ、CATVの中身はほとんどCS。 まぁ、来年のアナログ廃止と共に全コンテンツはいつかHD化するだろう、と高を括っていました。
 ところが非常勤仲間に聞くと、スカパーにも一番古くて安いコースがあって、こいつは受信機がHD非対応なんだそうです。 その受信機をスカパーが自ら金を出してHD対応に交換しない限り、このコースのためにSDは当分残るだろう、という予想を聞いてがっかり。
 
 そしてとどめというかキラーコンテンツが「謎の円盤UFO」のデジタルリマスター放映。
 これは私が従来の契約では見られなかった「スーパー! ドラマTV」で以前から流していたのは知っており、一度発売されたDVDセット箱買いもできず、そしてついにデジタルリマスター放映も出遅れたか、と絶望していたコンテンツです。
 
 で、「謎の円盤UFO」が何か、ってことですが、えっと、過去にここで書いたつもりで先ほど検索してもそれらしいものはありませんでした。 あれ? そうだったっけ。
 幸いなことに「スーパー! ドラマTV」のサイトに簡単だけどわかりやすい記事がありました
 
 元はと言えばサンダーバードなんですよ。 あの特撮やモデルのウェザリングのリアルさに触れたあとはもう円谷特撮は見る気がしなくなりました。 でもマリオネットはやはり今見ると違和感バリバリで、それを人間が演じることで補ったように見えたのが「謎の円盤UFO」だったのです。
 始めて見たのは小学校六年の頃で、ソニーが提供でした。 そして今でも携帯の着メロにオープニングテーマを使用しているくらいですから、何というか今でも私の未来感というか宇宙観の下敷きになっている作品なのです。 「沈着冷静」という人間像を具体的に刷り込まれたのもストレイカー司令官だったなぁ。
 そしてこれを全編録画してBDに焼き込むことこそ私の今年最後の指名では無かろうかと、ついにコース変更に踏み切った、というお話でした。
 
 ま〜、メカ類をデジタルリマスター処理の美しさで見たいというのが何よりですが、やはりエリス中尉とかスカイダイバーの制服見たいな、ってのもあるということは当時、既にそういうのに感性が向いていたって事なんでしょうね。 やだね、この子は...
 それを言うならキャプテンスカーレットのエンジェル達の制服姿も好きだったなぁ。 一方でサンダーバードのティンティン(ミンミン)やペネロープには何もそういう感情を持たなかったので、あの辺りが一つの精神的性徴期だったんだろうなぁ...(遠い目)

|

« 混ぜご飯は楽だ | トップページ | BDプレーヤーの憂鬱 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

いや〜、三万円弱はまだ使い捨てとは呼べませんよ。
家電故に恐らくベアドライブのみを交換するという方法には何らかのプロテクトがかかっている可能性がありますし、さりとて家電故に特に同一メーカー同士の互換性は信頼できるし、という微妙な存在です。

投稿: あやおば | 2010年10月26日 (火) 18時11分

おはようございます

時代は使い捨てでしょう?

昨今3.5インチFDドライブよりDVDドライブが
安かったり、CDドライブなんかもう市場にあり
ません

お店で使われるのなら、BDプレーヤーなんて
amazonで安いものは1万円台前半から、国内
メーカーに拘られても2万円以下からです
(今季のSONYはレコーダー含め非常に評判が
宜しいようです(ただしP社と違ってレコーダーは
心臓部チップを内製できなくなって将来真っ黒
というウワサもありますが... ))

先生に於かれましては嘆かわしいと思われます
でしょうが、IT系は値段を下げて使い捨てと、
私も頭で納得しつつ堪りません

投稿: t2 | 2010年10月26日 (火) 08時30分

いや、光栄とか言われるのは勘弁して下さい。
ここだけの話、あそこでの毎週末の学習種障害者へのレクチャーは異質の疲れがありまして、結構憂鬱であります。

で、いつもながらの豊富な情報紹介ありがとうございます。
BDXLもありがたいのですが、その一方で、バーのBDプレーヤーが数週間から数日で不調になるという障害に辟易しています。
原因はタバコの煙に間違いななく、とんでもないチェーンスモーカーもいたりして、店を閉めて家に帰ると服に染み付いたタバコの臭いに辟易します。(まぁ、一年前までスモーカーだった私が言うな、ってことでもありますが)
それほど煙の粒子に弱いBDがさらに高密度化されて大丈夫なのか、ディスクをインサートしたら物理的に密封化したあとドライブ周辺は常に加圧をして大気中の塵を完全排除するような、マイクロクリーンルームのような技術も並行して必要ではないかと按ずる今日この頃です。

投稿: あやおば | 2010年10月26日 (火) 04時51分

スペース1999ですかぁ、UFOに負けず劣らず暗〜い部分を持ってましたねぇ...
当然私もチャレンジしましたが、結局全回制覇をしたことはありませんでした。

逆に言うと、全回制覇したのはサンダーバード、UFOのみで、あとはスティングレイやジョー99も含めてメカだけが興味の対象だったような気もします。

スペース1999といえば、UFOのムーンモービルがそのままでていて、UFOではスムーズに滑るように月面を飛んでいたのに、1999ではバッタのようにふわりふわりと月面を蹴り飛んでいたように記憶しているんですが、それはそれで正しいんでしょうかね?

投稿: あやおば | 2010年10月26日 (火) 04時41分

先生、先週は久しぶりにお見かけでき光栄でした

早速ですが、BDXLドライブ市販が発表されましたね
先週から3TBハードディスクも出荷されましたし
すぐには関係ないとは言え着実に技術は進んでます

それで先週、話題にしていたソフトです
http://www.slysoft.com/ja/anydvdhd.html

今年7月の6.6.7.0より以下機能が追加されてます

Added support for AACS protected BDAV discs, e.g.
Japanese TV recordings


さらにこの手の話題として、本田 雅一氏の著作
インサイド・ドキュメント「3D世界規格を作れ!」ですが、
http://amazon.jp/dp/4093881545/

第2章までのプレビュー版PDFが無料で取得できます
http://www.webooks.co.jp/3D/

紹介したかったのは、それを記念して週刊東洋経済
で連載されいた同著者の連載記事が無料で公開
されてます

東芝がHD DVDで負けた状況やMSが漁夫の利を得た話
など、次世代メディアがBDへ決まった経緯がまとめて
あります

デジタル東洋経済 特別編集版 013 『次世代DVD狂騒の真相』
http://www.toyokeizai.net/shop/digital/index.php

よかったらどうぞ
以上、失礼しました

投稿: t2 | 2010年10月26日 (火) 02時38分

 私は「スペース1999」派だったりします(笑)

 こちはら、あまり人気が無いのかデジタルリマスターが未だに出ていませんし、スーパードラマTVで連続放送していたのもかなり昔なので、なかなかお目に掛かれません。

 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破でも碇と冬月が乗ったイーグル1(レスキュー)っぽい宇宙船でムーンベースに上陸拒否されちゃったりしてたのに・・・

 あ、そういえば、押入れを探せばイーグル1のプラモデル(イマイ製があるはず(笑)

投稿: いんて | 2010年10月25日 (月) 11時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 混ぜご飯は楽だ | トップページ | BDプレーヤーの憂鬱 »