« アブトロニックX2一ヶ月 | トップページ | バー雑感 »

痩せ/太りスイッチ

 昨日のアブトロニックX2の記事、数字(体重が3kg、体脂肪が1.2%減少)だけ見てると凄い効果のように見えますね。 いえ、別に嘘でもねつ造でもないのですが、これ以外にも要因があると思います。

 というのは先日の大雨の後一気に涼しくなったとき、普段と全く同じ朝食(といっても大盛りバナナジュース一杯)を摂って学校に行ったら、二時間目の段階で空腹感を覚えました。
 あれ?と思いつつやっと昼食にありつき、さらに15時頃にまた強烈な空腹感。

 これは間違いなく古い脳が、涼しくなった、つまり冬の到来に備えて皮下脂肪を蓄えろ、という指令を出したのだと私は悟りました。

 昔から「食欲の秋」という言葉を聞くにつれ、確かにいつもにも増して食べ物がおいしいという気もするし、う〜ん、なんでなんだろう、と思ってたら、以前この古い脳の記憶指令というのがまだ人間に残っている、という説を読んで非常に納得した次第です。

 これに限らず数ヶ月に一度、痩せる、あるいは太るスイッチが時々オンになったり切り替わったりするときがあるようで、例えば太るスイッチが入ったときには何をしても体重減は望み薄、現状維持で御の字という感じです。
 生理時の女性が非常に痩せにくいのと似たようなものかも知れません。

 秋の食欲スイッチは当然太るスイッチですから、ここでぐっとこらえれば痩せるスイッチが入るというわけです。 とてもアナログな説明ですが。 理屈はともかく、そういうときに減食はもちろん、運動やアブトロニックX2のような能動的なダイエット活動をすると非常に効果がある、という私なりの仮説でございます。

 とはいえ、ここから本格的な冬になるまでこの飢餓感との戦いは辛いものがありますねぇ。 この文章を事務所で仕事の合間に書き、車に乗って帰ろうとしたら無意識に「あ〜、ラーメン食いたい」とつぶいてましたから、ほんと、食欲の秋。
 本格的な冬になったらなったで年末年始の暴飲暴食モードだし。

|

« アブトロニックX2一ヶ月 | トップページ | バー雑感 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アブトロニックX2一ヶ月 | トップページ | バー雑感 »