« はしゃぐのをやめない中国 | トップページ | コントロールできるかも知れないポックリ死 »

MacOS 10.5とPowerBook G4

 週末三日のバーテンダーの仕事が始まり、仕事自体は結構楽しいものの疲れることは疲れます。 特に授業があったあとの金曜日はなかなかのきつさかな、と。
 
 そんなこんなの中でもいつまでも新しいiPod nanoがFMラジオ専用機というのももったいないので、渋々iTuneをメインに管理している自宅PowerBook G4(12" 1.5GHz)のOSを10.4(Tiger)から10.5(Leopard)にしました。
 とはいっても以前このアップグレードに失敗しているので今度は、


    ・"ディスクユーティリティ.app"で外付けHDに丸ごとバックアップ
    ・PowerBook G4に付属OSである10.4をクリーンインストール
    ・アップデータをあてる
    ・10.5にアップグレード
    ・アップデータをあてる
    ・"移行アシスタント.app"で外付けHDから環境コピー

 という方法で臨みました。
 自分のアカウント設定がまずくて"移行アシスタント.app"で少々手こずりましたが、まずは成功。 当初の目的であるnanoへの音楽ファイルコピーも無事終わりました。(※ちゃんとUSBマスストレージとしても認識)
 
 ところが、なぜかトラックパッドとクリックボタンがおかしい。 再起動したあとはいいんだけど、ログアウトすると以後全く無反応に。 システム環境設定をいじったり、外付けマウスをいじったり、はたまたトラックパッドをかきむしるようにしたりすると復帰することもありますが、それも規則性がありません。
 さらっとネットを検索してみてもこれと言った記事にはヒットせず。 いややなぁ、こういうの。
 
 んで、このシステム環境設定を眺めていると、10.5からはそれまでの"キーボードとマウス"に含まれていたトラックパッド調整が"トラックパッド"として独立しています。 もしや、こいつがPowerBook G4と相性が悪いのではないか、とふと思って早速実験。
 お題は「10.5のトラックパッドを10.4時代に戻そう」
 
 能書きは置いといて方法のみを。
    ・"ターミナル.app"を起動
    ・cd /System/Library/PreferencePanes
    ・10.5の"トラックパッド"の名前を変更して無効化&バックアップする
    ・sudo mv Trackpad.prefPane Trackpad.prefPane.bak
    ・認証
    ・外付けHDにバックアップした10.4時代の/System/Library/PreferencePanesから"Keyboard.prefPane"をPowerBook G4の/System/Library/PreferencePanesにドラッグしてコピー
    ・認証
    ・再起動

 あら、あっけなく解決。 快適快適。

|

« はしゃぐのをやめない中国 | トップページ | コントロールできるかも知れないポックリ死 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

どうやら原因は以前から続いているBluetooth認識の問題だと分かりました。

http://obalog.cocolog-nifty.com/obas_blog/2010/06/powerbook-g4-cf.html

これはたまたま今週末だけ教えている大学生が持っている最新のMacBookをさわっていて気がつきました。
彼はMagicMouseを使っていて、Bluetooth経由で認識するときの挙動がよく似ていたからです。

10.5から実装されたMagicMouseを認識するためにBluetooth経由で存在の有無を探す→私のPowerBook G4はBluetoothのハードが接触不良か故障めいていて不安定→MagicMouseなどのBluetooth経由入力デバイスが無いと判断するのに時間がかかる→一定時間内蔵トラックパッドとクリックボタンが動かない

という流れじゃないかと思います。

本体買い換え以外の根本的な解決法は組み込まれているBluetoothユニットの交換しかなく、しかして冒頭リンクのように在庫はない、という状態です。

投稿: あやおば | 2010年10月14日 (木) 22時44分

あれ? 長時間ログアウトしたらやっぱり認識しない...
「まともに動いているマシンのOSはいじってはいけない」
だからいやだったのさ。

投稿: あやおば | 2010年9月21日 (火) 13時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« はしゃぐのをやめない中国 | トップページ | コントロールできるかも知れないポックリ死 »