« 血尿だって尿である | トップページ | 今野雄二も自殺した »

パチもん?食用ラー油

 今ではネットはおろか、一般人の間でさえ珍しいことが珍しくなくなった桃屋の「辛そうで辛くない少し辛いラー油」、今に至っても私は現物を拝んだことがありません。
 数ヶ月前に近所のダイエーの桃屋コーナーに場所が確保され、そこに値札と品切れの場合は次回入荷の目処は全く分かりません、の但し書きのみが用意されました。 しかしそこに商品が並んだのを見たことがありません。
 
 ところが昨日、氷やサラダの材料を買いにそのダイエーに寄り、ふとその棚を見たら、一段下に見たことのない瓶詰めの一群が! もしや、と思ってはやる心を抑えて手に取ると、どうも違う。
 商品名すら「ふりかけラー油」なのか「ふりかけラー油ちょい辛」なのかはっきりしませんし、蓋にもラベルにも製造者記載がありません。 なんじゃこれ、中国製かいな?と思いつつ底を見たらいかにも業務用のラベルが貼ってあって、静岡のトーノーという記載が。(販売者とあって、製造者とは書いていない。ちなみに瓶のどこを見ても製造国の表記無し)
Rahyu
 いやぁ、桃屋製品の品薄人気に目をつけて、S&Bが類似品の製造に乗り出すという話は聞いていましたから、多分この静岡製もそんなフォロワーの一つでしょう。 この大きさで348円の値付けは安くないけど、まぁ物は試しと買ってみました。
 
 味は... 本家を知らないので何とも比較できませんが、なるほど、それほど辛くないし、でも後を引く辛さが残る辺りは確かにラー油です。
 というより、一緒に混ぜられているガーリックやら麦やらごまやらの食感がポイントなんでしょうね。 これだけをちびちび舐めながら(かじりながら)酒飲めます。
 ご飯にのせるのが一番わかりやすい食べ方ながら(多分玉子ご飯との相性がベストではないかと)、そんなことを夜な夜なやったらえらいことになります。
 ただ、今のところローカロリーのつまみにするには何と組み合わせて良いのか思いつきません。
 
 生キャベツとはいまひとつ。 蒸しキャベツにするといくらかましですが、唸るほど良いコンビというわけではありません。 
 まぁ、パチもんでも安定して供給されるのであればこれはこれでありがたきことかな、と。

--------------------------

 と、ここまで書いて、そういえば一回だけ食べることができたモスバーガーの「ざくざくラー油バーガー」もせんべいなどの細かい食材を混ぜ込んであったな、とモスのサイトへ。
 そこで現物の写真をみてひらめいた。
 
 トマト!
 
 本当はチーズもほしいけど、これまた脂肪分が怖いのでとりあえず冷蔵庫に残っていたプチトマトを半分に切り、その上に乗せてみた。
 
 行けます! トマトの爽やかさがラー油のしつこさをうまく緩和してくれ、でも美味しい。
 
 う〜ん、ここから始めてみよう(何を?)。

|

« 血尿だって尿である | トップページ | 今野雄二も自殺した »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

自分コメント。

 ダイエーでしか売っていない「広島名物 いか天かす」という天かすがありまして、何故か名古屋のトーカンというところが販売しています。

 この天かすが半端じゃなくて、いわゆるコンビニなどで売っているつまみのいか天製造時に出たと思われる「かす」を集めたいかの味がします。
 普段はこれをお好み焼き用に購入するのですが、これとパチもん食料ラー油を混ぜてみたら、さらにシャリシャリ食感が倍増。 めでたく瓶ごと完食。

 しかし今晩は真剣に暑い。 さすがに30度を超える夜は風がないとしんどいでおます。 で、だらだらと酒をつぎにキッチンと往復する夜なり...

投稿: あやおば | 2010年8月17日 (火) 03時22分

>>焼肉のタレご飯にかけて食べたら

 確かにあれは反則ですねぇ。 貧乏学生の間ではご飯+たれ+キャベツさえあれば肉が無くても焼き肉気分!、とか訳の分からないこといてますから。

 まぁ、マヨネーズ、とんかつソース、最近ではだし醤油など、それさえあれば百難隠すってアイテムのひとつなのかもしれません>食用ラー油
 フランス料理、イタリア料理、ドイツ料理などがあるのにどうしてイギリス料理がないのかの理由は、ウスターソースを発明してしまったからだとか。

投稿: あやおば | 2010年8月17日 (火) 03時16分

コメント遅くなりました、検査の結果大事に到らず
と言う事で良かったです、センセにはまだまだ
ブイブイ(?)いわせてもらわなくては!

食べるラー油は今流行ってますねぇ・・
某ガストなんかでものぼり立てて押し出してますが
個人的には「焼肉のタレご飯にかけて食べたら
美味いに決まってるやん!」というのと同じ感覚がします(笑)

投稿: たけ | 2010年8月16日 (月) 19時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 血尿だって尿である | トップページ | 今野雄二も自殺した »