« PLフィルターマニア | トップページ | 今更のMac感動ショートカット »

民主党政治の終焉

 プールから帰ってきて郵便受けに入っていた夕刊を見てがっかりしました。
 それほどに「小沢総理大臣」になりたかったんでしょうか。
 いや、自民党時代からの彼を見ていて、今この時点で総理大臣になるべくして立ったとは思えません。 それならこれまでにもチャンスはあったはずだし、狡猾な彼のこと、いずれ独り枯れするだろう管の終焉を待ってからでも遅くなかったはず。
 てなことはこの数日の新聞とニュース、数日後の週刊誌であまた書かれるでしょうから置いといて。
 
 なんにせよ、これで民主党は終わりましたね。
 管のマスターベーション増税でケチが付いたとはいえ、小鳩退陣が無ければさらなる大敗北だったのは各種の調査数字が明らかにしているわけで、それだけ有権者に嫌われているにもかかわらず総理大臣とイコールである与党の党首を目指すという、この破廉恥さ。
 
 これでやがて結論が出る検察審議会でまた起訴相当の結論が出て、最悪逮捕などとなっても下馬評通り逮捕免責でのうのうと国会議事堂に通うつもりなのか、という単純な国民の嫌悪感がわからないのはどうしようもない。 これが先日私がここで引用した社説のごとく『言葉巧みに公益を語りつつ、国民の幸福は「利益誘導型統治」から生まれると信じてやまない小沢』という形容が本当に納得できます。
 
 代表選挙で小沢が当選すれば、その時点で国民の厭世観はピークに達するだろうし、負けても党分裂の危険性を顧みることなくあれだけ小沢をヨイショしたい議員があまたいるということがはっきりした以上、少なくとも私はこれ以上民主党に正義や理性などというポジティブな期待を持つことはできなくなりました。
 
 いや、もしこれで負けて、それは想定内のこととして脱党から新党設立へのシナリオのスタートに過ぎないと小沢が考えているのなら、むしろそれは納得しやすくもあります。 もちろんそうなったら数で民主党はもう二度と単独与党にはなれないでしょう。
 
 また、同時にこの円高・株安の中で相変わらずの平成元禄田舎芝居に明け暮れる姿を見せ、自民党や自民プラス金魚の糞連立与党時代の方がましじゃん?と国民に思わせた以上、任期満了か解散を問わず、次回の選挙で民主党が浮き上がれる可能性は素人が考えてもゼロでしょう。
 
 とは言っても自民党が再び単独与党になるにはまだ時間がかかるだろうし、そうなるとラッパ吹きだけは得意の「田舎歌舞伎わたなべの党」のような烏合の衆が跋扈する時代にしかなり得ず、その間に日本は本当に世界の恥の中に沈没するしかありません。
 
 しかし、小鳩の二人、揃って党幹部を辞職したんですよね? そしてその内の一人は引退まですると言ったはずなのに。
 戦後の文化は恥を捨ててきた文化だ、と評した人がいましたが、全くその通りです。

|

« PLフィルターマニア | トップページ | 今更のMac感動ショートカット »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

そうだとしても、何だかすご〜く時代遅れに思えるんですが...
加えて誤解を恐れず言っちゃうと、顔が悪人だもの。
小泉が大した政治家でもないのにあそこまで国民の支持を得たのは顔のおかげもかなりありましたから、顔に犬の肛門が二つ並んでいる小沢じゃねぇ...

投稿: あやおば | 2010年8月26日 (木) 22時55分

小沢の狙ってるのは、自民との連合でしょうね。
天下統一絶対君主というのが彼の野望でしょう。

投稿: DS | 2010年8月26日 (木) 22時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« PLフィルターマニア | トップページ | 今更のMac感動ショートカット »