« 案外詐欺に引っかかるタイプなのかも知れない | トップページ | まずは検査 »

前立腺がんの疑いあり

 二週間前に受けた健康診断+前立腺がんの検査結果を聞きに朝から病院へ。
 健康診断は毎年ベストスコアを叩き出してあっさりと終わるので、今年もそのつもりでした。 
 
 ところが、まず尿酸が標準上限の7mg/dlを0.5ポイント上回り、初のとりこぼし。
 それよりも医者が「出ましたねぇ」と示したのが前立腺がんの腫瘍マーカーであるPSA。 これが標準上限の4を越えて4.95ng/ml。

 ほへ〜っ、と驚いている間にも医師は精密検査はどこで受けるか質問し、待合室で紹介状を待つ間にも看護師さんが来て検査日はいつが良いかなど、めちゃくちゃスピーディー。
 え〜? そんなにことは急を要するの?
 一般で申し込むと一ヶ月くらい先になるのに、なぜか医療機関からの紹介だとあっという間に二日後の木曜日に精密検査が決定。 多分お尻の穴に指突っ込まれて、ああ、牛の妊娠検査。
 
 今は良い時代で、慌てふためいて書店や図書館に走らなくても、家に帰ってからネットでチェック。
 怪しげなアフィリエイト目当てのリンク集がでるのかな、と思ってたらトップに国立がん研究センターのページがヒットして一安心。
 
 何よりも検査結果が出ないと何とも言えませんが、PSA4.49というのはグレーゾーンなんだそうで、前立腺肥大の自覚症状すらなくて、未だに実感が湧きません。 ただ、仮にがんであっても、今すぐ絶命するような状態ではなさそうです。
 
 精神状態も非常に淡々としたもので、「あぁ、やっぱりなぁ。こういうのもあんねんなぁ」という程度。
 というのも、最近他人に挨拶代わりに体調を尋ねられ、一生の内で今が一番健康やで、と答えていたわけですが、内心「だからこそ、こういうときにガンが発生したりするもんかも」とも思っていたからかも知れません。
 
 知り合いに前立腺がんの年上の男性が二人おり、これに私が入って「前立腺がん's&老人s」なんてネーミングを考えたりしていますが、検査の結果ってかなり先なんだろうなぁ。
 
 とりあえず検査ついでにこの間に食道がん検診でも受けてみるか。
 先日ためしてガッテンみてたら「酒を飲んですぐ顔が赤くなる、最近よく酒を飲む、五十代以降の男性」が食道がんになりやすいのだとか。 わしやがな、これ、とむしろ最初はこっちの方にビビっていた私でした。

※その後の経過・結果

まずは検査 2010年7月 9日
検査入院よっ♪ 2010年7月28日
前立腺がん生検終了 2010年7月29日
アルコールやら血尿やら 2010年7月31日
NO MALIGNANCY 2010年8月12日
血尿だって尿である 2010年8月14日

|

« 案外詐欺に引っかかるタイプなのかも知れない | トップページ | まずは検査 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 案外詐欺に引っかかるタイプなのかも知れない | トップページ | まずは検査 »