« 蚊取り黒ブタ | トップページ | 案外詐欺に引っかかるタイプなのかも知れない »

栄枯盛衰-Flashの終焉

 iPhoneに続いてiPadにも触手が動かない私は、これまでMacOSには全く興味を示さなかった大手新聞の編集者までが「iPadを買ってずっと遊んでいます」というコラムを書いているのを見て、驚くばかりです。
 iPadについては、楽しいと思う人、必要な人が期待通りの成果を得られば良いわけで、キンドルや日本独自のアライアンスなど、乱立する規格が今後混乱を生まないかと懸念するくらいです。
 
 にしてもiPhoneからiPadに至るまでよくも誰も文句を言わないな、と思うのが一貫したFlash拒否。
 ここ十年ほど、「凄い」と形容されるwebページはほぼ間違いなくFlashで制作されており、場合によってはページ全体がFlashで構成されているページも珍しくありません。
 これに対して一切表示を許さないiOS。 世界中からブーイングが発生し、場合によっては頑ななAppleに対抗したiPhone、iPad不買に結びつくことも考えられるのに、そんな話はついぞ流れてきません。
 
 ということは、世界のネット利用者にとってFlashコンテンツなんて別に無くても良かったってこと?
 一部その業界に脚を突っ込んでいる者として、あえてきつめの意見を書くと、特にここ暫くは、Flashは本来の柔軟なマルチメディアコンテンツコンテナとしての役割よりも、バージョンアップの度に複雑になって行くActionScriptを駆使することによって、より複雑なコンテンツを作り込み、それによりやっと高額な制作費を確保できた、という背景がありました。
 DreamWeaverはもちろん、Homepage builderでさえ、直感的にプロ顔負けのページを作ることが可能です。(もっとも、それをWISWIGではなく、タグベースで編集できるかどうかは別問題)
 そしてwebページデザイナー&会社が継続的な高収入を得続けるためには難解なFlashコンテンツを作るしかなく、そういうクリエイターはいつしか"Flasher"と呼ばれるようになっていました。
 
 私ですら、開いた途端にCPU能力を100%占有し、それが当たり前だというような厚かましい巨大Flashコンテンツを苦々しく感じていますし、skipボタンがないサイトはささやかな抗議の意味を込めて閲覧を中止します。
 
 それがAppleによってあっさり否定され、それに世界の人は抗議の声を上げようとしない。
 現状で最大シェアのiOSハードであるiPhoneはこれまでパソコンのMac OSが無視されてきた現状すら動かしている事実を自分のblogで見る(ここのコメントまで読んで下さい)と、Flasherは今後の身の振り方を今の内に考えておくべきだとお節介ながらも提案しておきます。
 これは私自身がDirector上でLingoを使って複雑なコンテンツを作っていた経験とオーバーラップするものです。(Lingoが3Dをコントロールできるようになった頃から秋風が吹き出したのを思うと、Flashへの風当たりの強さも3Dの世界を得てからなのが奇妙な合致)
 
 それならFlashで作るコンテンツをiOSが認める形でコンバートして吐き出すようにすればよい、とも思っていましたが、どうやらAppleはそれすら拒否しているようで、こうなるとAppleの言っていることは正論ではなく単なるAdobe虐めでもあります。
 結局Appleはあれほどかつて批判して反発してきたMicrosoftと同じく覇権主義、絶対主義に自らが進んでいるわけで、まさしくjobsよ、おまえもか、です。
 
 多分私がiPhoeやiPadに萌えないのは、こういう管理臭のきつさなのかも知れません。
 かつてMacのハイパーカードでちょこちょこっと好きなスタックを作り、それを公開し、複数の人に使って貰う、そして自分も誰かのアイデアを使わせて貰う。 そういう自由と楽しさをしっかりと練り込んであったMacとは違う管理主義がどうにも鼻につくのです。

|

« 蚊取り黒ブタ | トップページ | 案外詐欺に引っかかるタイプなのかも知れない »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

まぁ、Adobeにもプライドがありますからねぇ...

投稿: あやおば | 2011年3月10日 (木) 02時29分

意外と早くワラビー出ましたね(TPですけども)

投稿: t2 | 2011年3月 8日 (火) 23時42分

 おはようございます
 う~ん、やはりFlashに未練がありますかぁ...


 私はAppleという会社は嫌いですが、いくつかの技術や
商品は評価せざるを得ないと思ってます

 そして今回のFlashを乗せない件は、リンク先にも
あるように至極真っ当な経営判断だと思います

 さらにCEOの書簡に書かれたような、技術的な問題点、
至らない点がFlashにありますし、それを残していた
Adobeに限界があるのかも知れません

 今年からイノベーションを取り扱ったメールマガジンを
購読してます

 その中でIBM~Microsoft~Googleの流れは、ガリバーに
対して直接対決するのではなく、新たな戦いの場(市場)を
作ることにあります(汎用機~パソコン~インターネット)

 思うにFlashも賞味期限が来たのではないでしょうか
(未だ先は見えてませんが)(それにしてはExcelはすごい)

 既にHTML4から10年も経ってますし、たまたまAppleは
先鋭的でしたが、他にもHTML5には有力な各社が参集し、
たぶん皆が1社独自技術を望んでないと思います

 というかユーザーが、メーカーの動きや告知に惑わさ
れて右往左往してても仕方ないですね

 流れを感じ、裏を読んで、来たる技術や商品に淡々と
対応するしかないと思います

(もちろん既存技術も扱えて収益をあげられるのはうらや
ましいことです)

 そして先生が、覇権/絶対/管理主義と書かれても、
報道に惑わされて書いたように読めます

 iOS機器を買わないことで、先生の結論は出てるのでは
ありませんか

 でも技術は、触ってみないとわからない点が多いのも
事実で、今のうちから確認しておかれてもいいのでは?

 大量のプリントを忘れたり紛失する学生に音を上げて、
PDFへ切り換えたら、ほとんどの学生がiPadを購入し有効
なので、学校全体での導入へ動いてる話も読みました

http://d.hatena.ne.jp/magisystem/

 また仏教系大学で(情報系学科ですが)、iPadを利用した
カリキュラムを用意するなど、先生の元へ来るかもしれない
ような流れもあります

http://www.otani.ac.jp/news/nab3mq000000u3dx.html


(私自身はiPhoneを所持し、iPadはパスしました)

投稿: t2 | 2010年7月17日 (土) 09時00分

 まさしく、さぁアップルが恐れ入るような技術力がAdobeにあるかどうかでしょうね。

 Adobeの技術担当日本人社員のレクチャーを聞いていると、明らかに「本家系」「MacroMedia系」「PhotoShop系」などと派閥とは言いませんが、細分化故に全体が見えにくい状態になっているのではないかと思える節があります。

 業界のデファクトスターンダードと呼んでもまず異議は出ないであろうPhotoShopやIllustratorにしても、かつての革新的な開発者は既にリタイアし、その後の開発者はマイナーチェンジに明け暮れている、まるでマクラーレンのMPシリーズのような展開になっています。

 ここにきてアップルの理不尽とも言える横やりに対し、もしAdobeがどこからも文句が出ない解決策を打ち出せればそれはそれで愉快なことですし、またそれしかいささか天狗になっているアップルをへかますことはできないでしょうねぇ。

 ま、ここでかつてのWIn-Mac OS論争をしても仕方がありませんが、要するにかつてのシリコンバレーの海賊も歳取ってヤキが回ったと言うことではないでしょうか。
 その点、Jobsよりも一足先に成功体験を踏んだGatesの方が一歩大人であると認めざるを得ません。
 でも私は7になってもWindowsは大嫌いです。

投稿: あやおば | 2010年7月17日 (土) 03時14分

まったく私の個人的な意見ですが
Flashに関しては、どうしても胡散臭さを感じてしまいます

創業時から続くApple社のユーザーを顧みない自己満足の
世界と同様のものです

結局Flashの行き着いた先は、ビデオプレーヤーか、動く
必要のないトップバナー、そして(鬱陶しい)広告

iOSの機器を使ってFlashのないページを見て、これはあり
だと思ったりします

もちろんHTML5で、同様の展開は出てくるのでしょうけど、
ECMAScriptから制御できるコトが重要ではないでしょうか?


またAdobe社には、元々よそから買い込んだ技術ですし、
イノベーションのジレンマを超え、Apple社を超える
オーサリングツールを出してもらいたいと思います

今更MacOSは使いたくないですし...

投稿: t2 | 2010年7月16日 (金) 06時19分

 補足しますと...
 今後もコリコリなものも含めてFlashの仕事がなくなるというわけではないでしょう。 ただし、iOS対応ページを別途作るような条件が付加されるケースが増え、それが従来の金額にオンされればいいですが、恐らく込み込みという契約が多いでしょうから、作り手側の手間がまた一つ増えるわけです。
 それならばHTML5など、とりあえず現状での正義をきっちり学んでいち早く経験を積んだ方がいいんじゃないの?という動きも当然出てくると思います。

投稿: あやおば | 2010年7月 4日 (日) 02時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 蚊取り黒ブタ | トップページ | 案外詐欺に引っかかるタイプなのかも知れない »