« 雨ざらし | トップページ | アメリカへの不快 »

キセノン+マーシャル晴れ姿

W_reflector
 思わぬ大雨ネタが先に立ってしまいましたが、この写真を撮影したのが本来のお話でした。 オークションで落札したのが昨年五月、洗浄したきりで実装したのが三月、愛用のデジカメが壊れたのが絡んだとはいえ、長いスパンの話がやっと完結です。
 
 いや、ホントに数十分前まではこんなに良い天気だったのです。
 
 他車を幻惑しないMIATA(NA)のキセノンはこの組み合わせしか考えられません。
 とはいえ、実際にはW202のボッシュ製純正キセノンに比べると完全なレンズカットとは言えず、光軸を下げ気味に調整。 するとハイビームも同時に下がってしまい、こちらは下向き過ぎとなって、本来ならハイビーム反射板の個別調整がしたいところ。
 
 が、この辺りじゃハイビームにすることはまれだし、何より夜間にMIATAに乗ることがあまりないという本末転倒さ。 いえ、これは夜になったら飲んだくれている最近の生活パターンが悪いのですけれども...
 昔は、この時間からふらりとアメグラよろしくミナミを流したり、箕面にチャレンジしてたりしてたんですけどねぇ。 あのころは缶ビール一本でへべれけになるほど酒との親和性が薄かったです。
 
 でもヘッドライトフェチとしてはこれ以上のモディファイはないわけで、非常に満足しております。
 皮肉なのはライトオフ時の黒い佇まいがリトラクタブル故に誰の目にも見えないということでしょうか...
W_reflector_miata

|

« 雨ざらし | トップページ | アメリカへの不快 »

」カテゴリの記事

コメント

刷り込み... そういえばナローのポルシェ911のラリーバージョンだったかでシビエのW反射を装着していたのもあったような。
あっちはハイビームの反射板が完全な円形でしたね。
あとキャレロも出していましたっけ。 こちらはアルファロメオ御用達でした。

今乗っているW202のヘッドライトもれっきとしたW反射で、プロジェクター+キセノンになる前の段階では、やはり一つの理想構造だったのだと思います。

投稿: あやおば | 2010年6月 5日 (土) 23時07分

やっぱりW反射は格好良いですね。
若い頃のスリコミがあるかないかにもよるかな。
まあ、分かる人にだけ「おっ、やるね!」と思われれば怪おば的には満足かと思いますが。

投稿: DS | 2010年6月 5日 (土) 10時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雨ざらし | トップページ | アメリカへの不快 »