« 昼下がりの串カツとビール | トップページ | Fukkin'! »

サドンデス人生

 昨日の毎日の夕刊の一面に「失業で自殺65%増」って見出しが躍ってました。
 65%増って1.5倍以上って事でしょ?
 さらに読み進むと20代・30代は過去最高を更新、30代に至っては9割増っていいますから、殆ど倍。

 50代60代ならともかく、20代30代っていわゆるやり直しがいくらでもきく世代であるはずなのに、まるで中高年がリストラにあったがごとく、それぽっきりで自殺ってのはいかがなものでしょうか。
 もちろん新聞の解説にもありましたが、その大きな原因がセーフティーネットの不備。

 学校出て、取り敢えず就職できてラッキーと思っていたら、その会社は実はブラック。
 ブラックでないにしても、鬼のようなノルマ、新入社員が入ってこないのでずっと新米待遇。 同級生が就職できず、ずっとバイトで過ごしているのを見てなんとが我慢してたけど、体を壊した or 壊しそうになってやむなく退職したら二度と就職先は見つからない。

 役所に行って相談しても「若いですね。働いて下さい。保証はできません」。
 涙目になってハローワークに行っても求人無し。 ソーシャルたらい回し。
 取り敢えず住むところはあるあるから、と思ってたら親もリストラ食らってローンを払えず、家無き子。

 死ぬしかないかぁ... 俺。

 こんな社会構造では若者が起業なんて絶対無理。
 にもかかわらず恥ずかしげもなく「起業塾」なんてのをやる社会。 ファンドの力を借りれば上場益目当てでバンバンケツを叩かれ、儲かるネタは大資本企業に持って行かれ、そして失敗したら自殺という自己責任。
 そりゃ国が滅びるはずです。

|

« 昼下がりの串カツとビール | トップページ | Fukkin'! »

社会問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 昼下がりの串カツとビール | トップページ | Fukkin'! »