« 捨てた、捨てた、捨てた | トップページ | 捨てるということ »

巣ごもりの時代

 ここしばらくの週末は娘の部屋作りを中心とした家具移動や大掃除が続いていたので、昨日今日は久しぶりにのんびりしました。
 とは言っても間の日には資源ゴミを出す日があったり、全く整理や模様替えに興味がない同居人を無視する形で新しい家事の流れを考えたりして、結構大変でした。

 ま〜、結構儲かるはずだった仕事が自らのエラーで逆に赤字確定だったりするので、そのストレスから逃れるために何か理由をつけて体を動かし、夜は夜で酒飲んでたという気もしますが...

 で、こういう生活をしていると、いつのまにかホームセンターや電器屋、百均などに細々したものを買いに行くことが増えます。

 何はさておいても移動した家具類の耐震補強だけはすぐにしましたが、いつのまにか商品の種類がかなり減少しているのに驚きました。 時代は東南海、いえいえ目の前を上町断層が走っているというのに。
 とかなんとか思いつつ棚を回っていると、いろいろとまた別のアイデアが浮かんできます。

 しかし次に驚いたのは百円ショップ。 小物であればホームセンター顔負けの商品があったりして、それが百円(105円)ってのは当たり前だけど凄い。 
 言葉で説明するのは難しいんだけど、何というか、本来の使い道ではなく、風呂場用品を台所とか、台所用品をタンスの中の整理アイテムにして、という応用ネタの時に特に百均商品の魅力を感じます。
 もちろんプラスチックの品質の悪さは定評があるので、屋外使用するものは避けていますけど。

 この不況の時代、私の仕事も休日スタンバイが一つ減りまして、幸いなことにその減額は一割ほどなんですが、それでも精神的にはじわりと重くなります。 休日スタンバイが無くなったと言うことは、休日の日中は心置きなく遠くへ行けるのですが、経済的にはとてもそんな気になれず、またこの仕事のお陰で同居人とどこへも行かずに済んでいたので、この件は家族に誰にも言ってません。

 てなことで勢い家の中で過ごすことが多くなり、今回の娘の部屋作りにしても、今後暫くこの狭きマンションを少しでも快適に過ごしたいと思ったからです。
 まぁ、せこい趣味だなぁ、と自分でも思いつつ、でも今まで床や机の上に転がっていた小物や雑物がすっとどこかに収まるのを見ると、ささやかに気持ちが良いです。

Cable_on_wall
(机の上はケーブルだらけ。 その内USBケーブルと携帯充電ケーブルはこうしてフックに)

|

« 捨てた、捨てた、捨てた | トップページ | 捨てるということ »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 捨てた、捨てた、捨てた | トップページ | 捨てるということ »