« 捨てるということ | トップページ | ずっとそこにあった »

スレーブライト

 先日のまさかの息子の部屋大掃除で出てきたのがタミヤのスプレーブース。
 思えば息子が中学生の頃、突然ガンプラに目覚め、スプレーブースやコンプレッサー&ピースコンなどを買いそろえたのを唖然と見つめていた私。
 が、残念なことに二体ほどガンプラを組み上げたあとはそれっきり。 ジャスティス作らんかい...(ボソ)
 
 結果「これオークションに出しといて」と言われ、写真撮影開始。
 ところが常套手段の天井からのバウンスではブースの奥が撮影できません。
 
 新進気鋭(?)の我がDMC G1は手持ちのバウンスストロボを装着すると、内蔵ストロボが使用できなくなる寸法関係。
 実は一ヶ月ほど前にそれに備えたスレーブライトを購入済みで、いよいよ実戦投入というわけです。
Hakuba_strobo2 
 既にテストは終えていたので、バウンスストロボとのシンクロなど、技術的な部分は問題なく、取り敢えず横方向からの光を増備することには成功しました。 ただ光のミックス状態はもう少し研究した方が良いかな、という感じ。 光源が結構左にオフセットしているので、当然とは言え陰が右に多めに出るのも要注意ですねぇ。
 
 見た目は結構ヘビー級というか倶知安仕様の9600といった風情(多くの方には意味不明の比喩かな...と)。
Hakuba_strobo1

|

« 捨てるということ | トップページ | ずっとそこにあった »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 捨てるということ | トップページ | ずっとそこにあった »