« モリサワフォント山盛(2) | トップページ | 花見ど真ん中 »

いしいひさいち書の難

 先日fallingstars.co.krで綺麗な曲を見つけた(といっても10年前の曲だった)ので、いつものようにまずはiTunesで検索し、幸いラインナップにあったのでそのアルバムをamazonで検索>購入しました。
 ついでに例のレコメンドに現れたいしいひさいちの双葉社文庫を三冊購入。もちろん古本。
 
 彼の本は総集編というか再録が多く、そのお陰で新刊が出てもよくわからないという難点があります。
 多くの店ではコミックにビニールカバーが巻かれており、店員に断らないと内容がわからない。 現在休載中とはいえ、ののちゃん以外にも週刊誌などに定期掲載されていたために、それがまとめて単行本になっているはずなのに、よくわからないというのは非常に困りもの。
 
 案の定、昨日配達された三冊は全てドーナツブックスの再掲載で、むしろ見事なほど一作も新作は入っていませんでした。
 「未曾有(ミゾーユ)だよプロ野球」なんていかにも今風のタイトルが付いていると、つい新作?と期待してしまった私がバカでした。
 むかついたので三冊とも次回資源ゴミに出してやります。 仮にブックオフで1円で売れてもうち捨ててやります。 断裁処分ぢゃ〜
 
 ところが昨年出た「チャンチャンバラエティ」は全て新作でしたから、ホントややこしい。
 
 マニアならネットなりなんなりできっちり調べ上げろ、と言われそうですが、そこまでしないと新作がわからないのっていかがなものかと。 今回は古本だったから良かったものの、新品だったらキレてましたぜ。
 
 
 ところでデザインの話。
 昨日の作例はあまりに幼稚だったので、さらにオブジェクトを増やすべく下記まで進みました。 まだ右の空白部分も同様にして埋めなくてはならないという...
 こういうのって手数勝負。
Textwork320

|

« モリサワフォント山盛(2) | トップページ | 花見ど真ん中 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

読んだことないんですが「主に泣いてます」は、どうですか?

投稿: t2 | 2011年3月 3日 (木) 04時44分

ふうらい姉妹ですか。 なかなか面白いネタをありがとうございます。
柴犬の鼻の辺りのぷにぷに「のみ」のプレゼントってのがなかなか良いのではないかと...

投稿: あやおば | 2011年2月23日 (水) 04時08分

これ、ひっかかりません?
私は、琴線に響きポチしてまいました!

投稿: t2 | 2011年2月20日 (日) 07時42分

おわぁ、こんばんは。

(c)萩原朔太郎

投稿: あやおば | 2011年1月21日 (金) 01時43分

こんばんわ

投稿: t2 | 2011年1月19日 (水) 22時05分

 私は某大受験の折、早めに着いたために寄った喫茶店で手にした「タブチ君」が始まりでした。
 あまりに面白くて二日の受験の後先にその店に寄って一冊読み通しましたが、受験は失敗。

 何せ売り場というかコーナーが無いのが苦労のタネです。
 思えばジュンク堂本店がお気に入りの書店になったのは、一階のコミック売り場に彼のコーナーに結構広いスペースを割いていたからでした。
 しかし、今ではそれも縮小され、あれより小型の書店は言うまでもなく、新刊に気付くのが大変です。

投稿: あやおば | 2010年4月 5日 (月) 22時22分

トヨツのあられ
お腹がスイタ
ひもじいよう!

これに心を打たれたのは、ん十年前です
あんなマイナーな駅をネタにするなんて!!
(プガジャだったかしら?)

で、もうあとこれしか買わないと思って買
い始めたDOUGHNUTS BOOKSは、あと
数冊でマンガ売り場行かなくなってコンプ
リートしないまま...

なかなかマンガ売り場は遠いし入りにくいし
いしいさんのは売ってませんね?!

投稿: t2 | 2010年4月 5日 (月) 20時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« モリサワフォント山盛(2) | トップページ | 花見ど真ん中 »