« NATとIPマスカレード | トップページ | お豆の実力 »

三菱東京UFJのオンライン商品二種

 つい先日、三菱東京UFJ(以下UFJ)の法人向けオンラインサービス、BizSTAIONを解約しました。
 理由はあまりに使いにくいから。
 
 一方で個人口座向けとしてUFJはDIRECTというオンラインサービスも用意しており、こちらはすでに手放せない生活ツールとなっています。
 
 いや、この法人向けBizSTAION、従業員が複数いて仕入れや売り上げなど様々な銀行業務が必須な、つまりは会社に確固たる経理担当者がいるような規模の企業なら非常に高機能でかつセキュアであることは間違いありません。
 が、私の会社のような、仕事の都合で仕方なく「法人なり」を余儀なくされたような規模、つまり経理部はもちろん、経理も経営者が個人零細企業の頃と全く同じようにポツポツやるようなレベルではオーバークオリティ。
 
 費用にしても個人向けDIRECTは無料で、MacやWindowsなどOSを問わないし、恐らくブラウザも選びません。 残高をうまくコントロールすればコンビニATMの手数料も無料になるとか、視線が預金者寄り。
 一方の法人向けBizSTAIONは基本料金月2,100円取られて、さらに振込手数料も個人レベルの1.5倍も取られます。 加えてWindowsのI.E.限定、保証書のインストールを余儀なくされ、パスワードが業務対応者と管理者で別々のものが要求され、さらに定期的にその更新を求められ、電子証明書は年一回更新が必要とか、とにかく「面倒くさい」。
 複雑さに加えて、数回パスワード入力を間違えると即ロック。 その度に郵送で解除申請を行わなくてはなりません。 銀行の責任回避のいやらしさがありありと伝わってきます。
 
 私にとっての銀行オンラインサービスのメリットは極論すれば月末ATMの長蛇の列に並ばなくても良い、それに尽きます。 それだけのために無駄な出費と使いにくい銀行の自己満足インターフェースを使わざるを得ないストレスに疑問を持つようになりました。
 
 そんなことをUFJ窓口で相談したところ、総合振込という古くからある制度を紹介されました。
 基本的に月末から営業日二日前までに振込依頼用紙を持ち込めばちゃんと処理されると言うこと、振込手数料はBizSTAIONよりさらに高いが、毎月の定額費用は不要であることを知りました。 また振込依頼用紙も、一度手書きで依頼すれば翌月までには同様の口座情報がプリントされた用紙が郵送されてくると言うことで、私のケースではこれで十分と判断しました。
 
 先月末にちゃんと依頼した振込が処理されているのを確認してこうして記事を書いているわけですが、うちのようないわゆる零細法人企業にとってBizSTAIONは過剰な商品であり、しかして法人である以上、非常に便利なDIRECTは使えません。
 そういう点では零細法人企業向けにDIRECTを基本としたBizSTAION Lightのような商品が開発されることを切に願います。

|

« NATとIPマスカレード | トップページ | お豆の実力 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

 朝一に並ばれるというのがその社長の良心でしょう。
 私が月末の長蛇を嫌うのは、待つのが嫌なことはもちろん、自分が複数の振込をしてまた列を長くしてしまう後ろめたさもありましたから。
 確かに月末でも朝一なら(確か振込は8:30ぐらいからATMでできたのかな)まだましですもんね。

 逆に先日、いつもなら客もまばらな信金も月末で短いながらも列ができていました。
 その中で延々と振込を繰り返すおっさんが一人。 四台のATMのうち、一台は整備中、そしてそのおっさんと、操作のわからなくなった爺さん婆さんで全てのマシンがふさがりました。
 やがて整備中の一台が稼働状態になったのに、フロアの嘱託らしい老係員は上記爺さんの手続きにかかりきり。 窓口から稼働OKの指示が出てるのに、その嘱託職員は意味が理解できずに一切列は進まない状態に。
 
 さすがに列は長蛇になり、私が思わず列の後ろから「整備中」の札を勝手に外して列の頭の人に「これ使えますよ」と突破口を開きましたが、その間も上記おっさんはまだまだひたすら振り込み中。
 でも防犯用鏡を通して見るそのおっさんの顔が赤らみつつ引きつってて、その鬼気迫る気配に誰も文句は言えませんでした。 年度末だもんね〜

投稿: あやおば | 2010年3月 4日 (木) 00時58分

こんばんわ

うちの社長は、毎月月末の朝一、ATMに並んで
社員十数人の給与を手作業で振り込んでます
(やはり法人サービスの文句言うてました)

1月末にMUFGへお金を下ろしに行って、
並んでいてATMが空いて使おうとすると、
直前に使ってたジャージのおっさんの後ろ姿に
なんか記憶があるような気がして...

「ぁ、社長だ!!」と思い出し、若干吹き出しながら
入れたてのお金を下ろさしてもらいましたhappy01

DIRECTもUFJの頃はツボを押さえたシステムでしたが、
BTMとの統合時に劣化してしまって残念です

システム統合は、語り種になるくらい大変な作業で
それをまたよくやり終えたと感心しますが、宝くじ
販売の再開より先にすることがいっぱいあるやろ!!
という感じです

あと大企業のシステムは、セキュリティのセンスが
やはり惡いですね?!

投稿: t2 | 2010年3月 2日 (火) 05時13分

 あ、確かに以前暫くバイトしていた会社がそうでした。
 あれは地方銀行で、受信したFAXを銀行側で自動読み取り処理をするとかの流れだったような。

 UFJの場合、振込明細とは別にそれらの合計金額を記入した申請書的なものが必要で、それに捺印が要りますから、その点でFAXはどうなんでしょうかねぇ。
 まぁ、マンションの前が銀行なんでそこまで横着したら罰が当たりそうな気もしますが...

投稿: あやおば | 2010年3月 2日 (火) 01時18分

私の場合、総合振り込みの依頼書は、FAXで送信してます。
(UFJでもOKかどうかは未確認ですが)

投稿: DS | 2010年3月 2日 (火) 01時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« NATとIPマスカレード | トップページ | お豆の実力 »